弁護士 朝日岳之助(16)
『緊急発砲』

<出演>
   <スタッフ>
朝日岳之助 小林 桂樹 企  画 酒井 浩至
花木 理恵 黒田 福美 原  作 姉小路  祐
朝日 周平 林  泰文 『緊急発砲』より
井口 耕作 綿引 勝彦 脚   本 峯尾 基三
中野 和明 大鶴 義丹 監   督 田中  登
藤谷 靖子 永島 暎子 チーフプロデューサー 増田 一穂
三輪 孝史 松田 洋治 プロデューサー 服部比佐夫
藤谷 伸也 鈴木武次郎 平松 弘至
井口 恭子 七森 美江 音   楽 糸川 玲子
利根裁判長 山上 賢治
兵藤圭太郎 榎木 孝明


<あらすじ>
 朝日(小林桂樹)が、事務所を開いて独立した花木(黒田福美)の依頼で、警官が窃盗犯を射殺した事件の付審判を担当することになった。
 この事件は、中野和明(大鶴義丹)という警官が車上狙いの窃盗現行犯を発見、三輪(松田洋治)という通行人を人質に取った犯人に威嚇発砲したところ、犯人が被弾して死亡した、というもの。中野が警察の判断で不起訴処分になったため、犯人・藤原伸也(鈴木武次郎)の母・靖子(永島暎子)が、処分は不当と、市民法律相談で花木に相談したのだ。

 警官など公務員が対象となる付審判は、公正を期すため、検事役を同じ公務員の検事が担当することができない。今回その特別検事になった朝日は、甥の周平(林泰文)らの協力で、さっそく公判の準備に入った。だが、警察や、警察に口止めされているらしい三輪のガードは固く、朝日らの調査はあまり進まない。
 公判は、最初から、朝日と、警察が依頼した辣腕弁護士・兵藤圭太郎(榎木孝明)の激しい攻めぎ合いとなった。朝日は、藤谷の着衣にあった血痕、発射された弾丸の発見場所などで、攻勢をかけるが、兵藤はこの全てに反論して形勢は五分と五分。  そんな中、朝日は、中野の元婚約者で、上司・地域部長・井口(綿引勝彦)の娘・井口恭子(七森美江)が、2年前、ひったくり犯に刺殺され、事件が未解決であることを突きとめた。公判で井口を質す朝日に対し、事実関係を中野らから知らされていなかったらしい兵藤は、戸惑いながらも人権問題だと激しく非難する。だが、朝日は、このことで恭子殺しと今回の緊急発砲が関係していると確信。花木と周平に2年前の事件の徹底調査を命じた。

 まもなく、2年前、恭子が刺された直後、匿名の119番通報が判明。住所などの位置関係から、その人物が三輪の可能性が出てきた。そして、藤谷が恭子の祥月命日に欠かさず墓参していた と知った朝日は、藤谷が恭子殺しの犯人だったとにらんだ。  この調査内容は、靖子と、中野ら警察サイドに大きな動揺を与えた。特に朝日と同じように調査を進めていた兵藤は、事件の真相と守秘義務の板挟みになりジレンマに陥る。  やがて、朝日は、人質になった時の着衣から、三輪の事件への関与を確認。復讐に燃える中野が、三輪の罪悪感を利用して、藤谷を計画的に殺害していたことを突きとめた――。