『身辺警護(8)』

<出演>
   <スタッフ>
望月 四郎 勝野  洋 企  画 酒井 浩至
坂崎 洋介 竜  雷太 脚  本 峯尾 基三
坂崎 雅代 酒井和歌子 監  督 山本  厚
坂崎 宏美 中山  忍 チーフプロデューサー 増田 一穂
小野沢康明 荻島 真一 プロデューサー 服部比佐夫
小野沢達也 津田 英佑 宮城 二郎
倉持 智之 倉田てつを
渡部 淳一 永倉 大輔
渡部 淳次 なべやかん    
桂木 健介 渡辺 裕之    
西村 直也 尾美としのり    
松井 弓子 畠山 明子    
田所 浩一 大林 丈史    
本城 孝史 萩原 流行    


<あらすじ>
 一人娘の結婚で幸せいっぱいの検事・坂崎洋介(竜雷太)が何者かに狙撃されて負傷。望月(勝野洋)のチームは、この坂崎の一家をガードすることになった。坂崎は、妻でクッキングスクールの講師をしている雅代(酒井和歌子)、出版社勤務の娘・宏美(中山忍)の3人。宏美は近々、仕事仲間のカメラマンと挙式の予定だった。  坂崎家への攻撃は、さらに小包型時限爆弾の投函、雅代に対する狙撃と続いた。桂木(渡辺裕之)は雅代を守ろうとして被弾。桂木の命に別条はなかったが、望月らの緊張はさらに高まった。

 まもなく、爆弾の遺留品から渡部淳次(なべやかん)という男が捜査線上に浮上した。渡部は窃盗と2件の強盗殺人で懲役17年の判決を受け、先頃、医療刑務所で病死した渡部淳一(永倉大輔)の実弟。坂崎はこの裁判で検事席に座っていた。緊急手配で身柄を確保された渡部は、爆弾の製造と投函、さらに2件の銃撃を自供。
 ところが、家宅捜査、狙撃時のアリバイなどから、渡部の犯行が爆弾の製造だけで、狙撃に関しては無関係と判明。渡部の話から、渡部の兄・淳一が2件のうちの1件の殺人を冤罪と主張し、無念の思いを胸に死亡していたことが分かった。

 渡部の兄が冤罪だと言い張ったのは4年前、小野沢達也(津田英佑)という盛岡在住の医師が殺害された事件。資料によると、渡部の兄が窃盗目的で侵入した部屋に達也が帰宅、2人の激しい揉み合いの末、達也が頭を打って死亡していた。
 この一件に今回の事件の原因が隠されているとにらんだ望月は、すぐさま盛岡に向かい、被害者の側から再捜査を開始した。

 事件当時、大学病院に勤務していた達也は、医大教授の娘と結納を交わし、結婚の日取りまで決まっていた。仲間に対し、達也はこれで将来が約束された、と話していたらしい。
 だが、聞き込みを進めるうち、達也が結婚の約束までしていた恋人から教授の娘に乗り換えていたことが判明。その恋人が、なんと坂崎の娘・宏美だったことが分かった。望月の追及に、坂崎は娘との関係には触れず、達也殺しは渡部の兄の犯行だと言い張る。
 そんな中、達也の父・小野沢康明(荻島真一)がなぜか3回も獄中の渡部の兄と面会、さらに達也の事件の再捜査を何度も警察に訴えていたことが明らかになった。家宅捜査で、切断したライフルの銃身を発見した望月は、狙撃犯が小野沢だと断定。そして、達也殺しの現場を見た望月は、渡部の兄の犯行に見せかけた別の真犯人がいると気付いた。