辺警護(9)』



望月 四郎 * 勝野  洋
立花 直美 * 涼風 真世
西村 直也 * 尾美 としのり
松井 弓子 * 畠山 明子
田所 浩一 * 大林 丈史
木島 美那子 * 沢田 亜矢子
木島 昌也 * 本田 博太郎
木島 恵子 * 小田部 麻美
脇坂 孝史 * 岸端 正浩
内藤 昭男 * 大西 耕治
野口 幸子 * 愛川 裕子
高田 澄江 * 小林 かおり


企   画 * 酒井 浩至
脚   本 * 峯尾 基三
監   督 * 山本  厚
チーフプロデューサー * 増田 一穂
プロデューサー * 服部 比佐夫
    * 宮城 二郎
音   楽 * 川村 栄二





 東京・青山の美容サロン前で狙撃事件が発生。望月(勝野洋)らはそのターゲットになったとみられる美容サロンオーナー・木島美那子(沢田亜矢子)のガードを開始した。美那子は、ある傷害致死事件の被告になっていたが、検察の告訴取消で自由の身になったばかり。望月は、美那子の元運転手で事件の被害者・脇坂孝史の関係者が犯人との疑いを強めた。

 望月のチームには新たに立花直美(涼風真世)という女性刑事が加わった。直美は美那子を逮捕・送検した張本人。どうしても美那子の無実が納得できない直美は、こっそり事件の再捜査をする腹づもりらしい。
 脇坂の事件とは、クビを宣告された脇坂が美那子に襲いかかり、揉み合いになって逆に死亡したというもの。物的証拠、状況証拠、自供と全て揃い、美那子の有罪は確実視された。ところが、神奈川県警の警官が、事件当時、別の場所にいる美那子を確認していたことが明らかになったのだ。

 美那子の一人娘・恵子が危険回避のためアメリカ留学を決める中、第2の狙撃事件が発生した。捜査の結果、犯人が脇坂の兄弟分でガンマニアの内藤昭男の可能性が急浮上。この内藤の情報から、美那子と脇坂が共に長野県の諏訪出身だということが分かった。聞き込みによると、事件の前日、美那子と一緒に働く妹の幸子は、脇坂に「人間の屑!」と叫んでいる。望月らは、美那子と脇坂の隠されたつながりを解明しようとするが関係者の口は固かった。
 やがて、美那子が20年程前、諏訪でレイプの被害に遭っていたことが判明。そのレイプ犯が脇坂なら、美那子の動機は十分過ぎることが分かった。脇坂を殺すためだけなら、嘱託殺人の線もある。だが、それにしても美那子がなぜ犯行を自供したのかは依然として不明であった。
 第3の狙撃は、サロン諏訪店のオープニングパーティーの会場で起きた。バイクで逃走した犯人はフルフェイスのヘルメット姿。弾丸捜査、バイクのタイヤ痕などから、内藤の犯行は間違いなかった。だが、乗り捨てられたバイクから検出された内藤の血痕、発砲現場の状況などから、望月は犯人が別人の可能性があると推理。その人物が、第2の狙撃の後、サロンの銀行口座から3000万円を引き下ろした美那子の夫・昌也ではないかとにらんだ。

 内藤が殺されている可能性が濃厚になる中、望月は、美那子と昌也がそれまでしてかばう脇坂殺しの犯人に気付いて――。