検事 霞夕子(19)
『犬を飼う



霞  夕子 * 鷲尾 いさ子
星合 則子 * 藤 真利子
星合 勘一 * 中本  賢
村井 静江 * 沖  直未
村井 康弘 * 菊池 隆則
田辺 善三 * 山田 辰夫
田辺 美奈 * 米澤 もも
星合 麗美 * 安慶名 ゆかり
安東 啓介 * 吉村 作治
小比木 荘平 * 古尾谷 雅人
球磨 功三郎 * 斉藤 洋介
立花 正義 * 藤田 宗久
霞  友行 * 村田 雄浩
霞  端江 * 朝丘 雪路


企   画 * 酒井 浩至
原   作 * 夏樹 静子
脚   本 * 坂田 義和
監   督 * 猪崎 宣昭
チーフプロデューサー * 増田 一穂
プロデューサー * 佐光 千尋
    * 川村 庄子





 鶴見川の河川敷で男の他殺死体が見つかった。被害者は村井康弘(菊池隆則)という商社マン。新聞に掲載されたこの村井の顔写真を見た夕子(鷲尾いさ子)は、4年前、居酒屋で発生したある殺人事件のことを思い出した。
 この事件は、田辺美奈という女子大生が星合勘一(中本賢)という男に撲殺されたというもの。その半年程前、電車内で美奈を狙った痴漢騒ぎがあり、美奈の証言などで無実を主張していた星合の有罪が決まった、という伏線があった。夕子は、美奈殺しの取り調べを担当したのだが、その時、情状酌量を求めたのが以前会社の同僚だった村井だったのだ。

 刑事の小比木(古尾谷雅人)が捜査を始める中、夕子は村井殺しが星合の事件に関係しているとにらみ、一人捜査に乗り出した。
 まもなく、懲役10年の刑に服していた星合が2ヶ月前、獄中で病死していたことが判明。星合の未亡人・則子(藤真利子)を訪ねた夕子は、痴漢騒ぎのあと星合家で起きた悲惨な出来事を知った。星合は法律的には5万円の罰金だったが会社をクビになり、イジメを受けた中学生の一人娘・麗美(安慶名ゆかり)は自殺していたのだ。  現在、則子はラブという愛犬と暮らす身。今でも星合が痴漢をしていなかったと言う則子は、美奈殺しが亡くなった麗美の敵討ちだと言い切る。則子の孤独を思う夕子は、返す言葉が見つからなかった。

 そんな折、村井が殺された美奈の父親・田辺善三(山田辰夫)と何やら口論していたことが分かった。田辺は妻が病死したため美奈と2人暮らしだったが、美奈が大学に入ると別居。最近は仕事にあぶれ荒れた生活をしていた。夕子は小比木とアリバイのない田辺を追及するが、事件に関する証言を得られない。

 やがて、痴漢騒ぎの再捜査を行った夕子は、その目撃者が実際に痴漢行為を見ていなかった、と知った。そうなると、星合は、美奈一人の証言で痴漢にされたことになる。美奈は、大学時代の友人の話によると、当時、バイトしながら自活していた。ボーイフレンドも何人かおり、中には中年の男もいたという。
 美奈には、星合を陥れても何のメリットもない。もし、それがあるとすると、誰かに金で依頼された可能性がある。美奈が付き合っていた男が村井だとにらんだ夕子は、その妻・静江(沖直未)から事情聴取。その結果、美奈の日記から、不倫関係を知った田辺が村井を脅していた、と気付くが――。