警部補 佃次郎(15)
『結婚しない



佃  次郎 * 西郷 輝彦
新倉 伸夫 * 田村  亮
新倉 佐和子 * 藤  真利子
三沢 吉美 * 筒井 真理子
三沢 七美 * 渋谷 琴乃
土屋 真知子 * 銀 粉 蝶
土屋 啓吾 * 矢島 健一
香山 英男 * 徳井  優
早 田 刑 事 * 六平 直政
石堂捜査一課長 * ベ ン ガ ル
前沢警部補 * 大河内 浩
松 野 刑 事 * 芦田 由夏
黒 田 刑 事 * 松澤 一之


企   画 * 酒井 浩至
原   作 * 夏樹 静子
脚   本 * 佐藤  茂
監   督 * 広瀬  襄
チーフプロデューサー * 増田 一穂
プロデューサー * 前田 伸一郎
    * 桑原 秀郎
    * 小橋 智子
    * 篠原  茂
音   楽 * 丸谷 晴彦





 首都高の高架下で女の絞殺死体が発見された。紺のスーツ、赤い柄のスカーフ姿の被害者は、免許証などから、トヤマ紡績富山支社の営業ウーマン・三沢吉美(筒井真理子)と判明。死体は、かつての上司で、現在東京本社に単身赴任中の新倉伸夫(田村亮)によって確認された。

 吉美は、両親が死亡したため、現在、富山で妹の七美(渋谷琴乃)と2人暮らし。東京には、姉妹の叔母夫婦、土屋真知子(銀粉蝶)と大学教授の土屋啓吾(矢島健一)が住んでいる。佃ら捜査陣はこれら親族から事情を聴くと同じに、関係者への聞き込みを開始した。
 捜査陣が注目したのは、飛行機で羽田に到着した後の吉美の足取り。麻雀に行っていた新倉のアリバイは証明されたが、吉美と特別親しかった土屋のアリバイははっきりしない。

 一方、1人富山に飛んで捜査を行った佃は、吉美の交際相手と噂されていた工場係長・香山(徳井優)、七美の話などから、吉美の飛行機に乗るまでの丸一日の行動が全く不明だと気付いた。佃は他に新倉の妻・佐和子(藤真利子)などに会うが、吉美が最近流産していた事実しか掴むことができない。そんな中、佃は、結婚もせずに仕事に賭ける吉美が、東京本社の部長に抜擢された新倉の“引き”を待っていたフシがあると知った。
 東京では、吉美に多額の借金をしていた土屋への疑惑が高まった。軽井沢にいたとアリバイを主張していた土屋は、それが崩れたことから苦渋の表情を見せる。だが、土屋が教え子との不倫を隠していたことが判明し、逆にアリバイが証明されたことから、吉美殺しの容疑者がいなくなってしまった。

 ところが、富山でさらに聞き込みをした佃は、タクシーの運転手から思わぬ情報を入手した。その運転手は吉美が乗った最終便の登場手続きが始まる時間帯に、紺のスーツ、赤い柄のスカーフの女を空港まで運んだのだが、女は吉美がしていなかったはずの腕時計をしていたというのだ。
 運転手が女を乗せた場所が新倉家の近くだと知った佃は、問題の最終便に吉美の名前で乗った女が佐和子ではないかと推理。直ちに吉美の航空券からの指紋の採取と照合を指示して――。