地方記者立花陽介 19
『箱根小田原信局』



立花 陽介 * 水谷  豊
立花 久美 * 森口 瑤子
根岸 隆一 * 片桐 竜次
日比野 里美 * 美保  純
日比野 静江 * 有馬 稲子
日比野 晴義 * 加門  良
日比野 孝 * 広田 真吾
江間 英彦 * 永島 敏行
五代 敏男 * 名古屋 章
城山 孝蔵 * 立川 三貴
浦井 杏子 * 有沢 妃呂子
芳本 啓介 * 河西 健司


企   画 * 酒井 浩至
脚   本 * 坂田 義和
監   督 * 吉川 一義
チーフプロデューサー * 増田 一穂
プロデューサー * 杉山 邦彦
      * 赤司 学文
      * 石川 好弘





 箱根に関する記事を書くことになった立花(水谷豊)が、老舗旅館・日比野屋の女将・日比野里美(美保純)と仲良くなった。日比野屋は、主人の日比野晴義(加門良)が2年前に死亡したため、大女将の静江(有馬稲子)と未亡人となった嫁の里美が切り盛りしている。だが、旅館周辺には再開発の波が押し寄せ、立花も城山(立川三貴)という不動産業社を目撃していた。この城山が、芦ノ湖畔で、転落変死体となって見つかった。死体を垣間見た立花は、右の手のひらに傷があることに気付くが、担当の刑事・江間(永島敏行)は立花の質問に取り合わない。“殺し”と断定した捜査陣は、事件の日に、一緒に日比野屋に来ていたスナック従業員・浦井杏子(有沢妃呂子)に注目するが、確たる証拠は見当らなかった。

 そんな中、立花は里美の捜査を江間に求めた。実は、立花は事件直前、里美と城山が旅館から出て行くのを目撃していた。立花は、いろいろと世話になり、また、その息子・孝(広田真吾)の心臓病の手術を来月に控えた里美の無実を何としても信じたかったのだ。
 城山は、小田原を中心にかなり悪辣な手口で事業を広げてきた男で、日比野屋は格好のターゲットになっていた。静江を始め旅館従業員の里美に対する評価は高く、里美が一生懸命看護する孝も実は亡夫・日比野の先妻の子供であった。

 まもなく、杏子の撲殺死体が小田原市内自宅で発見された。捜査陣は、現場で日比野がプレゼントしたブローチを発見、それに付着していた血液が城山のものと一致したことから、里美の逮捕に踏み切った。
取り調べに対し、里美は城山を丘の上から突き落としたことは認めたものの、杏子殺しは否認。杏子が妊娠していたと知った立花は、2つの事件の裏に何か複雑な事情が隠されているとにらんだ。

 そこで立花が興味を抱いたのは、5年前にあった里美の自殺未遂。当時、お客として日比野屋に泊まっていた里美は、これがきっかけで日比野と結婚した。調査によると、5年前、里美は孝という子供を連れたまま、酒乱で暴力を振るう夫から逃げ回っていた。だが、その夫は酔った勢いで踏み切りに入り、電車に轢れて即死。孝という子供もその年に死亡していた。
 当時、里美に夫殺しの容疑が掛けられていたと知った立花は、関係者から取材。その結果、立花は子の捜査に思わぬ人物が絡んでいたと知って――。