『警庁鑑識班 15』



中山 淳彦 * 西村 和彦
岩崎 鉄男 * 角野 卓造
内田芙美子 * 浅田美代子
河本 建夫 * 美木 良介
三輪 良乃 * 毬谷 友子
河本 民江 * 長谷川待子
内田 理奈 * 矢田  響
安西 尚彦 * 久富 惟晴
三輪 綾子 * 近衛れい子
大宮管理官 * 清水 章吾
緑 川 主 任 * 本城丸 裕
津 田 課 員 * 小林 すすむ
花 井 課 員 * 松永 久仁彦
菊 池 警 部 * 三浦 浩一
沢 村 技 官 * 本田博太郎
矢吹 幸代 * 根岸 季衣


企   画 * 酒井 浩至
脚   本 * 坂田 義和
     * 下村  優
監   督 * 下村  優
チーフプロデューサー * 増田 一穂
プロデューサー * 佐光 千尋
    * 木川 康利
    * 粕川今日子
音   楽 * 川村 栄二





 郊外のスーパーで幼児の誘拐事件が発生、中山(西村和彦)ら鑑識班も現場で活動を始めた。誘拐されたのは訪問看護師・内田芙美子(浅田美代子)の1歳の子供・理奈(矢田響)。夫を2年前に亡くした芙美子は、仕事を通じて仲良くなった河本民江(長谷川待子)と買物をしていていてこの事件に巻きこまれたのだ。

 まもなく、身代金を要求する電話が、民江の息子で芙美子にプロポーズしている会社員の河本建夫(美木良介)に直接掛かってきた。捜査陣は、身代金を要求した人物が便乗犯だと突きとめるが、肝心の理奈の行方が分からない。静岡県下田の海岸で理奈の靴と衣服が見つかったとの連絡を受けた捜査陣は最悪の事態を考えた。
 だが、理奈は誘拐されたスーパーの近くで無事発見され、芙美子や建夫らの顔にようやく笑顔が戻った。目撃証言によると、理奈を解放したのは初老の男。下田の海岸で女の靴跡を見つけていた中山らは、複数犯による犯行と見た。
 理奈の衣服などを調べた中山らは、残留指紋から、河本の上司・安西(久富惟晴)を犯人の一人と特定。その安西の供述から、愛人でホステスの三輪良乃(毬谷友子)が誘拐犯だと突きとめた。安西は、密会用のマンションにいた子供が誘拐された理奈だと知り、こっそり解放しようとしたらしい。靴跡などからも良乃を犯人と断定した捜査陣は、直ちに逮捕状を取り、その行方を追った。

 ところが、その良乃は、下田の海岸でなんと溺死体で見つかった。付近を調べた捜査陣は、崖の上に揃えて置かれた靴を発見し、良乃が罪の重さに耐えかね投身自殺を図ったとにらむ。だが、中山は良乃の靴の中にあった小さなガラス片に興味を抱いた。
 良乃が理奈を誘拐した動機は、その母・綾子(近衛れい子)の話から明らかになった。良乃は、2年前、夫が殺されたショックで流産していたのだが、犯人はその後、刑務所内で病死してしまった芙美子の夫だったのだ。

 そんな中、良乃の解剖結果を知った捜査陣は、色めき立った。肺の中から検出されたのは淡水。つまり良乃はどこか別の場所で殺されて、下田の海まで運ばれたのだ。  中山らは、肺の中の水から検出されたプランクトンを調べる一方、良乃の靴から発見されたガラス片の分析に全力を挙げて――。