『取調室 19』



水木 正太郎 * いかりや長介
八坂 多美子 * 未來 貴子
長谷部 マヤ * いしの ようこ
八坂 新太郎 * 宅麻  伸
八坂 光彦 * 高橋 一生
坂口 喜久江 * 沖  直未
西山捜査一課長 * 田中  健
荒巻行雄警部補 * 渡辺  哲
八重垣正人刑事 * 斉藤 陽一郎
河津本部長 * 大林 丈史
水木 加代子 * 藤田 弓子
水木 直子 * 有森 也実


企   画 * 酒井 浩至
原   作 * 笹沢 左保
脚   本 * いずみ 玲
監   督 * 鷹森 立一
チーフプロデューサー * 増田 一穂
プロデューサー * 前田 伸一郎
    * 大森 一夫
音   楽 * 大谷 和夫





唐津市の高級住宅街で、水産加工会社『八坂水産』の女社長・八坂多美子(未來貴子)が殺害された。現場の状況から強盗犯による殺人と見た捜査陣は、犯人のものと思しき足跡を元に、前歴者の洗い出しに入った。
多美子は、入婿で専務の八坂新太郎(宅麻伸)と佐賀市内のマンションに住む一人息子・光彦(高橋一生)の三人家族。現場に駆けつけた新太郎は、商談中に多美子から電話を受けて以来会っていない、とそれとなくアリバイを主張した。だが、八坂に長谷部マヤ(いしのようこ)という愛人がいると知った水木(いかりや長介)は、その周辺を調査。新太郎が電話の転送機能を使ってアリバイ工作をした事実を掴んだ捜査陣は、証拠隠滅を図る可能性が強いと見て、新太郎の逮捕に踏み切った。

取り調べを担当した水木は、新太郎にアリバイ工作が解明された事実を告げ、持ち去った宝石類の隠し場所を追及した。だが、犯行を完全否認する新太郎の取り調べは一進一退。
水木は、目撃情報、多美子の体内から検出された睡眠薬のことなどで追及するが、新太郎は、のらりくらりとはぐらかすばかり。水木は、それまで大変な子煩悩だった新太郎が一年程前から急に光彦によそよそしくなったとの情報を入手するが、それが何を意味するのか分からなかった。

そんな中、新太郎の逮捕の後、多美子の銀行カードが使用されたとの情報が飛び込んできた。事件が強盗殺人なら新太郎の逮捕は誤認ということになり、捜査陣の大失態ということになる。防犯カメラによると、ATMから金を引き出したのは、サングラスなどで完全に正体を隠した男。だが、焦る刑事たちの中にあって、水木は、新太郎がこの話を聞いて一瞬驚いた表情を見せ、その後、激しく動揺したことに興味を抱いた。

まもなく、マヤの妊娠が発覚。マヤの話から、新太郎が、「今度こそ俺の子供が生まれる」と喜んでいたことが明らかになった。光彦の出生の秘密が事件に絡んでいるとにらんだ水木は、その鍵が、新太郎が急によそよそしくなった一年前にあったとみる。
さっそく、社長室秘書の業務記録を調べた水木は、当時、久美子を訪ねた坂口喜久江(沖直未)という中年女性に注目。この喜久江を訪ねた結果、光彦が新太郎の子供ではなく、当時、多美子と不倫をしていた喜久江の夫の子供であることが分かった。光彦が自分の子供だと信じて疑わなかった新太郎は、喜久江が現れたことで、その出生の秘密を知ったらしい。
さらに、水木は、多美子のカードの一件が、自分の出生、そして、事件の真相を知りながらなおも新太郎を助けようとした光彦の悲しい工作だと知って――。