街の医者 神山治(7)
『歪だ看護』(仮)



神山 治郎 * 高橋 英樹
柳井 英恵 * 奈良岡朋子
大橋 辰子 * 岡本  麗
安藤 響子 * 小林 綾子
井上 由華 * 日下部 新
島森 佑子 * 大谷 直子
斎藤 志津 * 岩崎加根子
斎藤 英一 * 雨宮  良
斎藤 佳代 * 未來 貴子
斎藤 健一 * 杉浦 冬真
島森 一恵 * 丹阿弥谷津子
坂田 四郎 * ひかる一平
宇佐美刑事 * 重松  収
大野 刑事 * 高橋 幸生


企   画 * 酒井 浩至
原   案 * 宮川 一郎
脚   本 * 難波江由紀子
監   督 * 岡屋 龍一
チーフプロデューサー * 梅原  幹
プロデューサー * 服部比佐夫
    * 高橋 直治
    * 桑原 秀郎
    * 島田  薫
音   楽 * 丸谷 晴彦





 神山(高橋英樹)が、ひょんなことから中央病院に入院中の斎藤志津(岩崎加根子)という問題患者を、ヘルパーを付けるという条件で引き受けることになった。1年前、夫を亡くした志津は、斎藤英一(雨宮良)、佳代(未來貴子)という息子夫婦と三人暮らし。ワガママな志津は、肝硬変にもかかわらず、看護師たちの言うことを全く聞かないらしいのだ。

 まもなく、志津は、人材派遣会社から来た島森佑子(大谷直子)という見るからに優秀そうなヘルパーに伴われて柳井診療所に転院してきた。検査データを見た神山は、志津への早急な薬の投与が必要と判断。佑子が巧みに志津の心を掴んでいるのと見た神山は、治療の開始が早いと思った。

 ところが、治療を始めようとした矢先、辰子(岡本麗)が志津に打とうとした注射薬が間違っていると佑子が指摘し、これを志津が知って大騒ぎになった。佑子は、神山が辰子に指示したのとは違う注射薬の空アンプルを示し、薬剤室で発見したという。医療事故寸前のミスを犯した形の辰子は、自分はちゃんと確認したと神山や英恵(奈良岡朋子)に説明し、涙をこらえる。

 この一件以来、志津は自分を助けてくれた佑子を前にも増して頼るようになった。診療所内は、以前、診断書の改ざんを頼んで神山に断わられた坂田(ひかる一平)という男が、無断で中に入り込んでいたという目撃証言もあり、ピリピリした空気が漂う。

 そんな中、佑子の動きに疑問を抱いた神山は、人材派遣会社を訪ねて関係者の話を聞いた。その結果、佑子が死んだと公言していた母親・一恵(丹阿弥谷津子)が実は生きていることが分かった。一恵は、20年近くリウマチで寝たきりの生活をしており、最近は痴呆の症状も出ているらしい。神山は、母親の面倒を看ない理由を佑子に質すが、佑子は志津を見捨てられない、というばかり。そして、一恵のことは決して志津には話さないで欲しいと神山にクギを刺した。

 往診用の自転車のブレーキが何者かに壊され、神山がケガをしたのはそれから程なくのこと。坂田の姿を見掛けた響子(小林綾子)は、アンプルすり替えの件も含めて、警察に連絡する。

 しばらくして、辰子が志津に打とうとした注射器の中身が、検査の結果、神山が指示した通りの薬品だったことが判明。佑子が薬剤室で拾ったという空アンプルの出所が分からなくなった。状況を分析した神山は、全てが志津の金を狙う佑子が仕組んだ策略と推理する。だが、神山の質問に対し、佑子は反発して診療所での仕事を拒否。これを知った志津は、無理矢理退院して佑子の家に行ってしまった。

 まもなく、神山は、英一からの連絡で、志津が2000万円を佑子に渡す内容の死因贈与契約書を書いていると知った。そして、問題の志津の容態がついに急変して―。