火曜サスペンス劇場



庁鑑識班(19)

キャスト

中山 淳彦 * 西村 和彦
岩崎 鉄男 * 角野 卓造
大宮 秀則 * 清水 章吾
赤塚 良平 * ベンガル
津田  亘 * 小林すすむ
花井 博之 * 松永久仁彦
菊地 慎一 * 三浦 浩一
小倉 泰之 * 伊東 貴明
沢村技官 * 本田博太郎
石田技官 * 石井 洋祐
矢島検視官 * 伏見 哲夫
恩田 睦美 * 清水あすか
岸野 友子 * 沢村ゆかり
矢吹 幸代 * 根岸 季衣
田原 誠一 * 林  隆三
田原 聡美 * 吉村  涼
峰岸 淑子 * 岩本 千春
峰岸 武史 * 田中 碧海
檜山  享 * 前田  淳
江崎 宏樹 * 大口 広司
大森 幸生 * 吉満 涼太
磯辺 房枝 * 服部美也子
一条 愛子 * 高木  梓
スタッフ

企   画 * 酒井 浩至
脚   本 * 下村  優
監   督 * 下村  優
プロデューサー * 佐光 千尋
    * 高橋 秀明
    * 木川 康利
音   楽 * 川村 栄二

ストーリー

東京・八王子の山林で男の他殺死体が見つかった。現場の状況から、犯人は死体をどこかから運んで遺棄したらしく身元は不明。中山(西村和彦)、岩崎(角野卓造)ら鑑識班は、血痕と汗が付着した遺留品のハンカチの血液検査を行う一方、採取した被害者の靴底の土砂の分析を始めた。中に含まれていた花粉がミツガシワという水性植物だったことから、殺害現場は池の近辺らしい。

そんな中、中山らは、少し前、鑑識班警察犬係から所轄の西八王子署刑事課に異動した田原誠一(林隆三)と再会した。実は、1年前、練馬で発生した強盗殺人事件の現場で、警察犬・アルトスを使って捜査していた田原は、犯人と思しき人物が乗る車を発見し、迷わずアルトスのリードを放した。ところが、犯人の車は、アルトスとたまたま道を横切ろうとしていた少年をはねて逃走。少年は、両足大腿部骨折の重傷、アルトスも背骨を損傷していたのだ。

被害者が大森幸生(吉満涼太)というフリーの雑誌記者と判明して程なく、田原が中山に思わぬことを漏らした。現在、田原が自宅で飼っているアルトスが、八王子の現場で使用した手袋に反応を示した。つまり、大森殺しと1年前の強盗殺人事件の犯人が同一人物だというのだ。何としても汚名をそそぎたい田原は、定年が近づいていることもあり、反論する中山の話にまるで耳を貸さなかった。

大森が最近書いた記事は、タレント・一条愛子(高木梓)のゴシップ、公務員の買春疑惑、檜山享(前田淳)という店主を扱ったラーメン戦争の3本。聞き込みで、歌舞伎町で闇金の事務所を開いている江崎(大口広司)という男が浮上。大森の部屋で採取された指紋から、アリバイのない江崎への容疑が高まる。だが、田原は、臭いを嗅いだアルトスが無反応だったため、田原は事件とは関係ないと見た。そして、その予想通り、江崎のアリバイが証明された。

まもなく、大森の靴底の土砂が石神井公園のものと同じ、との検査結果が出た。中山らは、池を中心に調べたところ、大森のものと見られる血痕を発見。さらにその場所の近くに、車椅子のタイヤ痕を見つけた。タイヤ痕から車椅子のメーカーを当たった中山は、5人の該当者の中に峰岸武史(田中碧海)という名前があるのに気付き、ア然。この峰岸武史は、1年前の事件の際、逃げる犯人にはねられた少年だったのだ。

勢い付く田原は、すぐさまアルトスをそばに置いて武史の聴取を始めた。その結果、車椅子の武史が公園を散歩中、「君をはねた犯人を懲らしめる」と言って来た大森を、別の男が追っていたことが明らかになった。
 さっそく公園周辺を調べた中山らは、アルトスが反応した土砂の中から微量の小麦粉を検出して―。