『検事霧島三郎4』

<出演>

霧島 三郎 北大路欣也
霧島 恭子 黒田 福美
脇坂 武雄 勝野  洋
佐伯可奈子 藤吉久美子
津島 芳夫 廣田 行生
小山 玲子 麻生真宮小
佐伯 雄介 世古 陽丸
桑原 刑事 河原 さぶ
三上 浩平 西山 浩司
吉村 宏美 白島 靖代
利根検事部長外山 高士

<スタッフ>

原  作  高木 彬光
    (『検事・霧島三郎』より
      光文社刊)

脚  本  峰尾 基三
監  督  鈴木  元
プロデューサー田辺 昌一
      加藤 教夫
企  画  長富 忠裕



<あらすじ>

 マンションの一室で都議会議員・佐伯雄介(世古陽丸)の他殺死体が発見された。死体は、顔が熱帯魚の水槽に漬かった状態になっており、死因は溺死。室内が荒されていたことから、警察は、力の強い男が無理矢理佐伯の頭部を水槽に押し込み、殺害したとみた。

 佐伯は中央政界への転身を狙っていた人物だが、先頃の選挙で立候補を断念。最近、その立候補辞退の裏にヤミ献金疑惑がある、との告発記事が出ていた。

 警察は、水槽の中から採取したボタンから、被害者と対立していたといわれる秘書・津島(廣田行生)を重要参考人として拘束。しかし事件を担当した検事・霧島三郎は、なぜ殺害に水槽を使ったか、という点で引っかかり、逮捕に踏み切れない。まもなく、津島がワープロで打たれた遺書を残し、服毒自殺死体で発見されたことから、霧島は、警察サイドの猛抗議を受けることになった。

 遺書の内容は、佐伯の殺害、ヤミ献金の着服、情報のリークなどで、死をもって罪を償いたいと結んでいる。佐伯の告発記事を書いたフリージャーナリストで、霧島の学生時代の後輩の脇坂武雄(勝野洋)は、津島から情報提供を受けたと証言。佐伯の妻・可奈子(藤吉久美子)も、津島が情報を漏らしたに違いないとの見解を示した。