女監察医 室生亜季子(11)
『指紋』

<出演>

室生亜希子 浜 木綿子
浜田 警部 左 とん平
小林 宏子 姿  晴香
(鈴木 百合)
竹井 陽子 東  千晃
土屋めぐみ 立花 里佐
秋山美智子 有沢妃呂子
吉岡 政治 金井  茂

<スタッフ>

脚  本  宮川 一郎
監  督  鷹森 立一
プロデューサー桑原 秀郎
      伊藤 彰将
企  画  長富 忠裕



<あらすじ>

 川越市の近郊で女性を狙った通り魔殺人が連続して発生。警察は、包丁でメッタ刺しにするその手口から異常者による犯行とみて捜査に乗り出した。

 そんな折、大忙しの浜田警部(左とん平)の元に、臨月間近の娘・美智子(有沢妃呂子)が戻り、実家で出産すると言い出した。困り果てた浜田は亜季子(浜木綿子)に相談。美智子は予定日まで亜季子の病院で働き、出産時は小林宏子という助産婦に頼むことになった。宏子を紹介したのは、亜季子の患者で、バーを経営している竹井陽子(東千晃)。宏子は陽子のアパートの隣室に住んでいた。

 第3の通り魔事件の被害者は、この陽子と宏子だった。アパートに侵入した犯人は、陽子を刺殺し、一緒にいた宏子に軽傷を負わせて逃亡したのだ。宏子と、宏子の友人の土屋めぐみ(立花理佐)の証言によると、犯人は背の高い男。

 だが、宏子を見舞った亜季子は、左手首の内側に、自殺を図った時にみられるためらい傷を発見。事件に裏があるとにらんだ。

 宏子の出身は広島県西条市。陽子の部屋で、ビリビリに破かれた西条市役所発信のファックス用紙を見つけた亜季子らは、市役所に問い合わせ、陽子が宏子の写真をファックスで送信させていたことを掴んだ。

 市役所の職員の話では、宏子は助産婦の資格を取得後、アル中になり、横浜でホームレスになっているとか。亜季子は、ホームレスの助産婦になりすましていることを知った陽子が宏子を強請り、事件が起きたと推理。

 そんな折、覚醒剤中毒男が、陽子殺しを除く犯行を自供。亜季子の推理が、信ぴょう性を増してきた。

 まもなく、宏子の方言から、出身が山形県の庄内地方らしいと判明。山形県警に問い合わせた結果、看護婦の鈴木百合という女が浮かんだ。百合には、かつて夫を刺して焼死させた疑いがかかったことがあった。

 百合の指紋を取り寄せ、宏子のものと照合するが、一致せず、亜季子らはがく然。

 だが、よくよく指紋を調べた亜季子は、宏子が別の指先の皮膚を切り取り、移植している、と気付いた─。