転勤判事

<出演>
  <スタッフ>
二宮 純子 渡辺えり子 脚  本 井上由美子
五十嵐節子 倉野 章子 監  督 森崎  東
五十嵐隆弘 池田 貴尉 プロデューサー 伊藤 祥二
五十嵐祐介 小日向文也 赤司 学文
太田 信也 小堀 裕資 石川 好弘
二宮ふたば 渡辺美佐子 法律監修 高山 俊吉
天徳  武 石橋 蓮司 音  楽 福井  峻
森下 健太 尾美としのり 企  画 長富 忠裕
脇田  一 土屋 良太


<あらすじ>

 甲府地裁の刑事部判事・二宮純子(渡辺えり子)は、東京から転任早々、少年を狙った殺人事件を担当した。

 この事件は、五十嵐隆弘(池田貴尉)という中学3年生が全身に暴行を加えられ川に突き落とされたもので、翌日、警察に出頭した隆弘の母・節子が犯人として逮捕、起訴されていた。

 節子の弁護人は、前代未聞、夫で弁護士の五十嵐裕介(小日向文也)。公判の争点は、節子の隆弘に対する殺意であった。罪状認否で、節子は殺人未遂を認めたが、裕介は証拠がないとして傷害罪を主張したのだ。

 公判の合間、現場を見に行った純子は、隆弘が仲間の中学生にイジメられているのを目撃、事件に裏があるのではないか、とにらんだ。現場の河底から、何者かの指紋が付いた隆弘の腕時計が発見されていたが、その指紋の主が誰かは不明。純子は、隆弘への証人尋問でその謎を解明しようとした。

 ところが、証言台に立ち純子の質問を受けた隆弘は、途中入ったトイレの窓から抜けだし、姿を消してしまった。廷吏、事務官らが必死で捜索する中、純子は現場近くで隆弘を発見して保護。その際、隆弘の"お母さんは突き落とさない"とのつぶやきを耳にした。

 そんな中、事件当日、隆弘が巻上げられた腕時計を取り返すため、太田(小堀裕資)というイジメのリーダーを現場に呼び出していたことが判明。太田が事件の翌日から失踪していることが分かった。

 純子は、刑事部長の天徳(石橋蓮司)に、被告人と被害者を立ち合わせての現場検証を提言。まもなく、関係者が現場の河原に集まった。

 隆弘の証言は、純子の追及にたちまち詰まった。節子は、自分より体重がある隆弘を川に突き落とそうにも、動かすことすらできずに泣き出す。これを見た隆弘は、"俺は突き落とされたんじゃない"と言うやいなや、川に飛び込んだ。

 隆弘を助けようと必死の形相で川に飛び込む純子、拘置所員ら。やがて救助され、冷静さを取り戻した隆弘は、真相を語り始めた。

 大切な腕時計を巻上げられた隆弘は、裕介にカツを入れられ、太田を現場に呼び出した。だが、太田の力は強く、隆弘は殴られる一方。だが、そこに節子が現われたのを機に、隆弘は太田に反撃、顔を川の中に押しつけ"殺した"。自分の罪に気付いた隆弘は、自ら川の中に身を投げた─。

 そして、隆弘の話を聞き終えた節子は、そのあとを続けて、思わぬ告白を始めた。