女検事霞夕子(12)
捨てられた天使

<出演>
  <スタッフ>
霞  夕子 鷲尾いさ子 原作 夏木 静子
加川 哲郎 天宮  良 脚  本 坂上かつえ
久保 文子 杉田かおる 監  督 猪崎 宣昭
松本 妙子 清水ひとみ プロデューサー 佐光 千尋
斉藤  匠 酒井 敏也 安倍 夏彦
田中 刑事 高橋 克実 川村 庄子
球磨功三郎 斉藤 洋介 音  楽 福井  峻
霞  瑞江 朝岡 雪路 企  画 長富 忠裕
霞  友行 村田 雄浩


<あらすじ>

 横浜市内のアパートで、久保文子(杉田かおる)という34歳のホステスの他殺死体が発見された。妊娠3ヵ月だった文子は、道路で転んだということで、5日前に流産したばかり。警察は、1年程前姿を消したが、再び舞い戻ったらしいギャンブル好きの"ヒモ"斉藤匡(酒井敏也)を重要参考人として拘束し、取り調べを進めた。

 だが、斉藤は、文子の部屋に金をせびりに行ったことは認めたものの犯行を否認、流産した子供の父親こそ犯人だと供述した。

 そんな中、事件を担当した地検検事の霞夕子(鷲尾いさ子)は、文子の数少ない客だった電気メーカーのエリート社員・加川哲郎(天宮良)に注目した。

 文子と親しかった仕事仲間・松本妙子(清水ひとみ)は、文子が月に2、3回来店する加川の話を心から嬉しそうに聞いていた、という。

 警察の調査によると、加川は専務の娘と結婚しており、将来は重役の椅子が約束されている。事件当日、加川は朝からゴルフで、アリバイを証言する人物は多数いた。

 まもなく、捜査陣の追及を受けた斉藤が文子の人柄を示すような事実を告白した。斉藤は文子が妊娠したと知り、その相手を強請ろうと、名前を明かすよう迫った。文子が拒否したことから、斉藤が文子を殴り、これが原因で流産。だが、優しい文子は医師に "1人で転んだ"と殴られたことすらしゃべらなかったのだ。

 斉藤の証言に嘘がないと見た夕子は、再度、加川の周辺調査を開始した。釧路の貧しい漁師の伜だった加川は、頭の良さを唯一の武器に有名大学を卒業し、現在の会社に入社している。人生の幸福の全てを手に入れた男が、場末のバーを転々とする文子と結びついた、とはとても思えなかった。

 ところが、事件の前日、加川が出入りの業者を自ら強引にゴルフに誘っていたことが判明。また、近所の人間の話から、文子の部屋に、真面目そうな男と文子のツーショット写真があったことが分かった。

 現場の遺体が妙に曲がっていたことを思い出した夕子は、加川に誘い出された文子が箱根で殺されたと推理。その後、遺体が加川の車のトランクに入れられたため曲がった、とにらんだ。

 箱根のゴルフ場近くにある会社の保養所裏で文子の毛髪を発見した夕子は、犯行を否認する加川への尋問を始めて─。