小京都ミステリー(21)
『周防岩国殺人事件』

<出演>
  <スタッフ>
柏木 尚子 片平なぎさ 脚  本 佐藤  茂
山本 克也 船越英一郎 監  督 野村  孝
竜崎 秀次 若林  豪 プロデューサー 野末 和夫
小谷 晴美 神保 美喜 前田伸一郎
小谷  駿 飯塚 恭平 千原 博司
露木磨理絵 大寶 智子 音  楽 丸谷 晴彦
露木 純一 佐伯 太輔 企  画 長富 忠裕
露木 八郎 小沢  象


<あらすじ>

 山口県の小京都・岩国を取材していたライターの柏木尚子(片平なぎさ)は、たまたま巫女をしている露木麻理絵(大寶智子)と知り合ったことから、殺人事件に遭遇した。殺されたのは、麻理絵の父親で金融業を営んでいる露木八郎(小沢象)。現場となったバー『エリー』は、露木の所有であった。

 まもなく、麻理絵の弟・純一(佐伯太輔)が露木から多額の借金をしていた金子という男を犯人と勘違いして襲い、騒ぎが大きくなった。

 相棒のカメラマン・山本克也(船越英一郎)と捜査を始めた尚子は、以前『エリー』で女が自殺したとの噂を聞き込み、やがて殺された露木の裏の顔に気付いた。露木は、暴力団などから集めたブラックマネーを高利で一般に貸していたのだ。自殺した女はどうやら露木の罠にかかった犠牲者らしい。

 そんな中、尚子は、『エリー』の前に花束を置いて立ち去った1人の女に着目、克也が撮った顔写真をもとに行方を探した。尚子らは、取材中、錦帯橋で知り合った竜崎(若林豪)がその女と立ち話しているのを目撃し、事情を聞くが、竜崎はなぜか口が重い。

 しかし、苦労の結果、女が小谷晴美(神保美喜)という医師の未亡人と判明。さらに、麻理絵が警察に掛けたタレコミ電話がきっかけで、思わぬ事実が明らかになった。

 夫の死後、露木に数千万円の借金を作った晴美は、その借金を理由に肉体関係を結ばされていたようなのだ。麻理絵の話によると、露木は最期の何日間は電話で怒鳴りっぱなし。麻理絵は、犯人が晴美意外にいないと思っていた、と告白する。

 事件の輪郭が見えてくる中、尚子らは、竜崎が見せた不自然な態度を思い出した。以前、岩国市の隣の柳井市内で、竜崎は晴美の息子らしき男の子と遊んでいた。尚子らは、晴美と竜崎の関係が明らかになれば真犯人も分かると考えた。

 しばらくして、純一が晴美の息子・駿(飯塚恭平)を人質にとり、晴美に罪を白状するよう迫った。泣きながら犯行を否認する晴美。駆けつけた尚子と麻理絵が説得、克也が純一にとびかかりナイフを取り上げて事なきをえた。

 尚子らを交え、晴美から露木の裏の顔を告げられた麻理絵と純一は、愕然。そして、晴美の口ぶりから、かつて晴美の夫に世話になった竜崎こそ真犯人だと気付いた─。