待っている妻

<出演>
  <スタッフ>
水谷真奈美 森口 瑤子 原  作 日下 圭介
水谷 浅子 増田 恵子 (『六年ぶりの夫』より)
柏木 信也 田中  実 脚  本 中原 悦子
水谷 孝彦 宮崎 達也 監  督 山本  厚
新宅 吾郎 速水  亮 プロデューサー 野末 和夫
戸田 恵理 一柳 みる 服部比佐夫
宮城 二郎
企  画 長富 忠裕


<あらすじ>

 東京の旅行代理店に勤める水谷真奈美(森口瑤子)は、たまたま"福島で白骨死体発見"との新聞記事を見つけ、大いに関心を抱いた。実は、真奈美の兄で精密機器会社の部長をしていた水谷孝彦(宮崎達也)が7年前失踪していた。真奈美は、その白骨死体が水谷で、殺されたのではないかとにらんだのだ。

 水谷が失踪時に使用し、その後、見つかった車の走行距離、そして車内で発見された木の実から、白骨死体が水谷の可能性は十分、水谷の妻でずっと家を守っている浅子は、水谷が戸田恵理(一柳みる)という女と失踪、10日程たって、"必ず君のもとに帰る"との電話をしたという。

 警察の発表によると、死因は頭部の強打で、事故死か他殺かは不明。警察を訪ねた真奈美は自分の推理を披露するが、死体の身許すらまだ確認されておらず、相手にされない。真奈美は、死体が握り締めていたピアスの片割れらしきものを見せてもらうが、心当たりはなかった。

 恵理こそ事件解決の鍵を握っているとみた真奈美は、弁護士事務所で調査員をやっている友人・柏木信也(田中実)の協力で捜索を開始。だが、苦心の末に探し当てた恵理は、事件とは全く関係がない。歯の鑑定結果から、真奈美の予想通り、白骨死体が水谷だと判明した。

 そんな中、柏木からの連絡で、浅子が家庭裁判所に、水谷の失踪宣告の申立をしていると分かった。申立が掲載された官報によると、あと6ヵ月で水谷は死亡したと見なされて除籍となり、浅子は財産の3分の2を自分の物とすることができるのだ。

 真奈美は、夫を待つ妻を演じていた浅子こそ真犯人だと察知、その証拠探しに入った。真奈美が目を着けたのは、水谷がいない間、その家をたびたび訪れていた浅子の仕事仲間・新宅吾郎(速水亮)。だが、新宅は浅子に好意を抱いていたものの、事件とは無関係。

 この新宅の紹介で、水谷の友人の銀行マン・早川と会った真奈美は、思わぬ情報を入手した。早川は、以前、浅子と恵理に同じピアスをプレゼントしたのだが、そのピアスが、水谷の白骨死体が握りしめていたものだったのだ。

 真奈美はすぐさま浅子に会いに確かめるが、浅子は一組のピアスを持っている。だが、恵理に会い、ピアスを見せてもらった真奈美は、それが入っていたケースに思わぬものを見つけて─。