当番弁護士5

<出演>
  <スタッフ>
梶原 藤子 坂口 良子 原  案 小杉 健治
園井 道夫 小野寺 昭 脚  本 石松 愛弘
松本 幸子 いしのようこ 監  督 三好 雄大
松本 正明 宮川一朗太 プロデューサー 酒井 浩至
野崎 正一 尾美としのり 磯田 啓二
平野美津子 諸江みなこ 大西 悦子
梶原 陽子 松下  恵 音  楽 大谷 和夫
深沢 美佳 舟木  幸 糸川 玲子
楠見 警部 辻  萬長 企  画 長富 忠裕
児玉 弘之 堀内 正美


<あらすじ>

 都内のマンションで婦女暴行事件が発生。弁護士の梶原藤子(坂口良子)は、犯人として逮捕された松本正明(宮川一朗太)の妹で、信用金庫に勤務する幸子(いしのようこ)に弁護を依頼された。事件の被害者は、幸子の同僚の平野美津子(諸江みなこ)。示談を拒否した美津子は、恥を忍んで法廷で争うという。

 公判では、松本が"合意の上での関係"を主張したものの、検察は、松本が取り調べで犯行を自供、美津子の体に抵抗してできたと見られる傷があった─などと次々と反論。有罪の判決で結審してしまった。

 この結果、大会社重役の一人娘との間で進んでいた松本の縁談はつぶれ、幸子も信金を退社。異母兄弟ながらも親が死亡したため、2人だけで生きてきた、という幸子はあきらめの表情を見せた。

 ところが、程なく、美津子が何物かに殺されてしまった。警察は、事件の少し前、美津子が女性と言い争っていたとの目撃証言から、幸子の取り調べを開始。藤子は、当番弁護士の制度に基き、幸子の弁護活動に乗り出した。

 無実を主張する幸子の足取りを追った藤子は、下半身が不自由な野崎(尾美としのり)というアリバイ証人を発見。これにより幸子は釈放された。

 警察は、まもなく、被害者の美津子が信金の金を3000万ほど横領していた事実を確認。美津子を操っていた愛人の児玉(堀内正美)を逮捕した。警察は、児玉が美津子を殺したとみて追求。だが、事件当時パチンコ屋にいたという児玉のアリバイも証明され、捜査は振り出しに戻ってしまった。

 そんな中、それまで無実を訴えていた拘置所内の松本が、突然控訴を取り下げる、と言い出した。藤子は、松本が野崎の名前を聞いた時、狼狽の表情を見せたことを思い出して、2人の周辺を調査。やがて、思わぬ事実を掴んだ。

 幸子と野崎は、以前恋人同士だったが、松本に結婚を強く反対されて心中未遂。その直後、野崎は交通事故に遇い、下半身が不自由になっていたのだ。

 藤子は、美津子殺しの真犯人が幸子で、野崎に嘘のアリバイを証言させたと推理。婦女暴行事件に関しても、横領の秘密をたてに美津子を脅していた幸子が、兄の松本を陥れたのではないか、とにらんだ。

 まもなく、松本と幸子に、全く血のつながりがなかったと知った藤子は、ある可能性を考えて─。