女監察医 室生亜季子(23)
『不審死体』

<出演>
  <スタッフ>
室生亜季子 浜 木綿子 脚  本 宮川 一郎
浜田 警部 左 とん平 監  督 鷹森 立一
川口 刑事 大場  順 プロデューサー 桑原 秀郎
桐野まりえ 柴田 理恵 伊藤 彰将
柿沼 検事 梅津 亮介 音  楽 大谷 和夫
田中 良子 左  時枝 企  画 長富 忠裕
田中のりこ 北条えみ子
吉野 妙子 水木  薫
吉野 茂 山本 紀彦
八木 涼一 宮川一朗太
桜井 医師 鈴木 一功
岡 事務官 井上  浩
秋山美智子 有沢妃呂子


<あらすじ>

 川越市内で変死事件が発生。遺体を見た監察医・室生亜季子(浜木綿子)は、他殺の可能性があるとみて、司法解剖の令状を要請した。

 死亡したのは、突発性心筋症という重い心臓病だった吉野茂(山本紀彦)。妻の妙子(水木薫)が、朝、寝室で死亡している吉野を発見していた。

 解剖の結果、吉野の鎖骨部付近にわずかながら内出血を確認。酔って寝込んだ吉野が首を絞められ殺された確率が極めて高い。

 噂によると、吉野と妙子の夫婦仲は最悪で、妙子が絵画教室の仲間・八木(宮川一朗太)と不倫関係にあったとの話も伝わっている。警察は、妙子に任意出頭を求め、取り調べを開始した。

 そんな中、絵画教室の仲間という弁護士・田中良子(左時枝)が妙子に付き添いはじめた。取り調べに立ち会った田中は妙子が犯行を自供したにもかかわらず、自供が検事の誘導だ、と無効を主張。死因に関しても再鑑定を要求してきたのだ。

 死亡した吉野の評判は非常に悪かった。同級生の話によると、吉野は異常性愛者で、高校卒業後、新宿で風俗の店を経営。また、ギャンブル狂で、妙子の実家の財産をほとんどくいつぶしたようであった。

 しばらくして提出された別の法医学教室の鑑定結果は、亜季子の所見とは180度異なっていた。この鑑定書では、吉野の死因は、"心臓病による急死"で、鎖骨部付近の出血に関しては。妙子の証言をそのまま取り入れ、マッサージによる出血としていた。

 田中の請求が通って妙子は釈放。新聞には、亜季子の鑑定に対する疑問符と、"誤認逮捕"という活字が踊った。

 だが、田中と直接話した亜季子は、田中自身が吉野に恨みを持っていると察知。それ故に、妙子を執拗にかばう、とみた。

 浜田警部らが吉野と田中の徹底調査を始める中、たまたま田中の実家近くを通りがかった亜季子は、思わぬ情報を入手した。

 田中には、のりこという娘がいたのだが、この娘が高校3年だった2年前にグレて家出をし、5日程たってボロボロになって帰ってきた。"逃げてきた"というのりこには、それ以外に口をきかず、3日後にビルの屋上から飛び下り自殺をしていたのだ。

 亜季子は、のりこが麻薬などを使って吉野に廃人同様されたと推理、これを知った田中が復讐をしたとにらんだ。