転勤判事3

<出演>
  <スタッフ>
二宮 純子 渡辺えり子 脚  本 井上由美子
二宮ふたば 渡辺美佐子 監  督 増田 天平
寺久保 悟 斎藤 晴彦 プロデューサー 伊藤 祥二
森下 健太 尾美としのり 赤司 学文
小松 由紀 大寶 智子 石川 好弘
小松 久司 長谷川哲夫 法律監修 高山 俊吉
音  楽 大谷 和夫
企  画 長富 忠裕


<あらすじ>

 最上川が程近い山形地裁に赴任したばかりの判事・二宮純子(渡辺えり子)が、病院の院長を狙った殺人未遂事件を担当した。起訴状によると、事件は内科医・中川保夫(清水晴彦)が自ら勤務する総合病院の院長・小松久司(長谷川哲夫)の自宅を訪ね、口論の末、その頭部をゴルフクラブで殴りつけた、というもの。中川は、罪状認否で犯行を否認、小松家を訪ねた際、すでに小松が倒れていた、と証言した。

 事件を警察に通報したのは、小松の一人娘・由紀(大寳智子)。中川は、クラブの柄をタオルで拭っていたが、その姿を由紀に見られ、逃走したらしい。小松は、自ら経営する病院に移送されたが、意識不明の重体のようであった。

 純子は、被告席での中川の堂々とした様子から、事件に何かひっかかりを感じた。事件の翌日は、由紀と、市内にあるソバ屋『榊屋』の従業員・植田誠一(角田英介)の結婚式の日。中川は、元々由紀の花婿の第一候補だっただけに、縁談を断わられ、かなり腹を立てていたらしい。

 植田は、子供の頃、父親を亡くし、母一人子一人で育った人物。昨年、この母親が病気で小松の病院に入院したが、死亡してしまったとのこと。事件後、由紀と植田の結婚はとりやめになっていた。

 純子は、現場でのスリッパの片付け方、メロンの切り方などから、事件前後に別の何物かがいたとにらむが、まだその謎は解けない。

 そんな折、小松が十分証言できる状態にあると判明。純子は、裁判長・寺久保(斎藤晴彦)、判事・森下(尾美としのり)、弁護士、検事ら立ち会いの下、小松の尋問を病室で行った。小松は、中川が間違いなく自分に殴りかかってきた、と証言。しかし、小松と由紀のスリッパ立ての証言内容に相異点を見つけた純子は、小松ら、そして被告の中川も何かを隠している、とにらんだ。

 しばらくして、ふたば(渡辺美佐子)から、植田が自殺未遂を図った、との連絡が入った。騒ぎは大事にならなかったが、植田に接触した純子は、裁判官の職務を逸脱した行動をとったとして、寺久保に大目玉。しかし、植田が重大な事実を握っていると確信した純子は、関係者を参加させての現場検証を提案した。

 やがて、小松、由紀、植田、中川が立ち会って行われた現場検証で、純子は事件を解明して─。