警視庁鑑識班7

<出演>
  <スタッフ>
中山 淳彦 西村 和彦 脚  本 坂田 義和
岩崎 鉄男 角野 卓造 下村  優
柏木 功 阿藤  海 監  督 下村  優
柏木 陽子 山本 麻生 チーフプロデューサー 重松  修
福原 敏夫 中島 久之 プロデューサー 佐光 千尋
福原 瑞江 木村 理恵 木川 康利
足立枝理子 板谷祐三子 音  楽 川村 栄二
大宮 秀則 清水 章吾 企  画 長富 忠裕
緑川 良二 本城丸 裕    
津田  亘 小林すすむ    
花井 博之 松永久仁彦    
菊池 慎一 三浦 浩一    
青柳 浩平 北山 雅康    
沢村 技官 本田博太郎    
後藤 技官 萩原  紀    
岸野 友子 澤村ゆかり    
矢吹 幸代 根岸 季衣    


<あらすじ>
東京港区の高級ブティックで、拳銃を使った強盗殺人事件が発生した。殺されたのは店の社長・福原敏夫(中島久之)。直ちに出動した岩崎・中山ら警視庁鑑識課の面々は、現場の事務室周辺を調査。ドアのノブから被害者の血痕指紋を採取すると共に、被害者の体内及び庭から犯人が発射したとみられる2個の弾丸を発見した。

 ところが、弾丸のライフルマークを調べた捜査陣に衝撃が走った。なんと事件で使用された拳銃は、3日程前、新宿北署の暴力団担当刑事・柏木(阿藤海)から強奪されたものだったのだ。強奪犯に襲われた際、ケガをして入院中だった柏木は、責任を感じたらしく辞職願を残して失踪。その柏木と警察学校の同期だった岩崎は、親友の汚名を注ぐべく、懸命に調査を進めた。

 近所の人の話によると銃声は全部で3回。岩崎らは残りの1個の弾丸を探すが発見することが出来ない。血痕指紋の血液型が福原のものとは違っていたことから、犯人がケガをし、血を流している可能性があった。

 まもなく、柏木を襲ったチンピラが逮捕され、柏木の拳銃が身元不明の第三者に転売されていた、と判明した。単独捜査を進めていた柏木は、裏事情を手掛りに、強奪された拳銃が転売されたルートを確認。拳銃の受け渡し現場となっているホテルの従業員の証言から、今回の事件に女が関わっていると知った。

 そんな中、福原の妻・瑞江(木村理恵)や、従業員の話などから、福原が足立枝理子(板谷祐三子)というデザイナーと付き合っていたことが分かった。現場の血痕指紋と同じ血液型の枝理子は現在、行方不明。枝理子が福原に離婚を迫っていたと知った捜査陣は、枝理子の指名手配に踏み切った。

 ところが、その枝理子の投身自殺したと思われる形跡が、伊豆半島の海を臨む断崖でみつかった。現場には枝理子の靴と柏木の拳銃が丁寧に並べられている。崖下の海は流れが激しく遺体が上がらないことがあるらしい。

 だが、岩崎は、拳銃に枝理子の指紋がなかったことから、この自殺が偽装ではないかとにらんだ。福原が殺された際、聞こえた銃声は3回。中山は、残りの1個の弾丸が枝理子の体内にあると考えた。つまり、事件当時、現場にいたのは、福原、枝理子と犯人の3人。この3人目の人物が瑞江だと推理した岩崎、中山らは、再度現場検証を開始。事件の日の夜、瑞江が身につけていたペンダントから思わぬ証拠を検出した。