検事 霧島三郎7

<出演>
  <スタッフ>
霧島 三郎 北大路欣也 原  作 高木 彬光
霧島 恭子 黒田 福美 (「検事・霧島三郎」光文社刊))
藤崎 知美 相本久美子 脚  本 峯尾 基三
藤崎 誠司 萩原 流行 監  督 鈴木  元
宮垣 俊介 モロ 師岡 チーフプロデューサー 佐藤  敦
宮垣美津子 福家 美峰 プロデューサー 田辺 昌一
岡部 正弘 松永久仁彦 加藤 教夫
佐伯 良作 藤堂 新二 音  楽 糸川 玲子
村井弁護士 藤澤 慎介 企  画 酒井 浩至
三上事務官 西山 浩司    
桑原 警部 河原 さぶ    
吉岡地検刑事部長 勝部 演之    


<あらすじ>
 奥多摩の渓谷で転落変死体事件が発生。現場で死亡した男を見た霧島は愕然となった。男は不正入試絡みの横領罪で起訴され、先日保釈されたばかりの被告人・宮垣俊介。霧島は、証拠隠滅、逃走のおそれがないとして、宮垣サイドから出された保釈申請に許可を出していた。余罪が関係しているとすれば、霧島は責任を取らざるを得なくなるのだ。

 検視の結果、死因は渓流での溺死。宮垣の両手の指に擦過痕があるとの報告を受けた霧島は、殺人の疑いがあるとみて捜査を指示した。

 東都医大の事務員をしていた宮垣には、予備校の理事で受験ブローカーの佐伯(藤堂新二)が接近していた。だが、佐伯には事件当時のアリバイがある。

 そんな中、宮垣の保釈後の足取りを追った捜査陣は思わぬ人物にたどりついた。東都医大助教授で脳外科医・藤崎誠司の妻・知美が、宮垣とホテルで会っていたのだ。宮垣の保釈金を出したのは藤崎本人。霧島は、知美と自分の妻・恭子(黒田福美)が親友同士であったが、この藤崎夫婦が事件に深く関わっているとにらみ、さらに捜査を強化した。

 恭子の話によると、知美の父親は昨年死亡した東都医大の理事長。知美は6年前、銀行副頭取の息子・岡部正弘(松永久仁彦)と結婚したが、岡部がクモ膜下出血で急死したことから、藤崎と再婚していた。

 まもなく、宮垣の意外な経歴が明らかになった。宮垣は以前、調査会社で不倫の調査などをしていたが、6年前、藤崎の口利きで東都医大事務局に転職していた。霧島は、宮垣が法律書で『未必の故意』について調べていたと知り、これが事件解決の鍵になる、とにらんだ。

 岡部の急死について、知美は、“自宅に帰ると岡部が苦しそうに倒れ込んでいたので119番通報した”と証言。昏睡状態で東都医大に担ぎ込まれた岡部は藤崎の治療を受けたが手後れで死亡していた。

 だが、宮垣の家を調べた捜査陣は、瀕死の岡部を抱きかかえる藤崎と知美が、藤崎の家から岡部の家に移動する連続写真のフィルムを発見。藤崎と知美が不倫の事実を隠すと共に、病院への移送を遅らせることで、結果的に岡部を殺したのではないか、とにらんだ。宮垣はこの事実を知り、藤崎夫婦を強請っていたようなのだ。

 宮垣殺しの犯人が藤崎夫婦と確信した霧島は、2人のアリバイを崩し始めて――。