Click Here!
Click Here!


身辺警護4 

<出演>
  <スタッフ>
望月 四郎 勝野  洋 脚  本 西村 孝史
三島真知子 千堂あきほ 監  督 木下  亮
沢井 正彦 名高 達男 チーフプロデューサー 佐藤  敦
桂木 健介 渡辺 裕之 プロデューサー 服部比佐夫
西村 直也 尾美としのり   宮城 二郎
松井 弓子 畠山 明子 音  楽 川村 栄二
田所捜査一課長 大林 丈史 企  画 酒井 浩至
桑田 哲夫 奈村 駿平    
桑田 信也 永野 典勝    
桑田 芳江 長内美那子    
橋口 良一 久保 新二    
吉川 公平 秋野 太作    
小峰 ユカ 藤本 佳七    


<あらすじ>
 マスコミなどで活躍する社会派のジャーナリスト・沢井正彦が時限爆弾と鉄パイプによる襲撃を連続して受けた。警察は沢井をマルタイにすることを決定、身辺警護のプロ、望月らのグループが出動した。

 過去にさまざまな社会ネタを扱ってきた沢井は、最近、東京の多摩にある産業廃棄物処理場のダイオキシン問題を告発。現在、周辺の農家が損害賠償訴訟に踏み切り、沢井も証言台に立つことになっている。

 沢井が何度か脅迫を受けていたと知った望月は、暴力団ともつながりのある廃棄物処理業者・橋口土建社長・橋口良一(久保新二)をマーク。まもなく、橋口の息のかかった元暴力団員が裁判所で沢井を狙ったのがきっかけになり、橋口は鉄パイプによる襲撃を認めた。

 ところが、これで一件落着と思いきや、またしても沢井宅で爆弾事件が発生。望月は沢井に恨みを持つ人物の調査を始めた。沢井は派手に正義感をアピールし原稿を書きまくっていたことから敵も多い。沢井が商務省と太いパイプを持っていることを思い出した望月は、その商務省職員の痴漢行為を告発した事件に着目した。

 問題の人物は桑田信也(永野典勝)というキャリアで、自分の無実を訴えたものの認められず母親と大学生の弟を残して自殺していたのだ。

 そんな折、警察に、桑田の弟・哲夫(奈村駿平)が爆弾を作っている、との匿名の通報があった。望月らは直ちに、桑田家の家宅捜索を行い爆弾製造マニュアルなどを押収。だが、詳しく調べた結果、哲夫はまだ爆弾製造の主要薬品『硝酸カリ』を入手しておらず犯行は不可能。もちろん、桑田の母親・芳江(長内美那子)に爆弾を作る知識はない。

 だが、望月は、哲夫が持っていた情報から、都内で唯一、新宿の薬局が除草剤に硝酸カリを売っていることを確認。この薬局店員の話から、思わぬ人物が浮かび上がった。

 信也には三島真知子(千堂あきほ)というバイオリニストの婚約者がいた。真知子は病院で演奏のボランティアもしており、警護班員の弓子(畠山明子)も大ファンの1人。この真知子がなんと硝酸カリを買っていたのだ。