警視庁鑑識班8

<出演>
  <スタッフ>
中山 淳彦 西村 和彦 脚  本 扇澤 延男
岩崎 鉄男 角野 卓造 監  督 下村  優
出村 雄三 岸部 一徳 チーフプロデューサー 佐藤  敦
吉国 潤子 金 久美子 プロデューサー 佐光 千尋
菅野 隆一 新井 康弘   木川 康利
松橋 民夫 小宮 孝泰 音  楽 川村 栄二
松橋 孝一 今野 雅人 企  画 酒井 浩至
長瀬 幸英 金子 貴俊    
長瀬 知美 西岡ちあき    
内海  透 奥本 東五    
大宮 秀則 清水 章吾    
緑川 良二 本城丸 裕    
津田  亘 小林すすむ    
花井 博之 松永久仁彦    
菊池 慎一 三浦 浩一    
青柳 浩平 北山 雅康    
沢村 技官 本田博太郎    
石田 技官 石井 洋祐    


<あらすじ>
 都内の公園で後頭部を鈍器状のもので撲られた男の他殺死体が見つかった。殺されたのは東洋タイムスの社会部記者・菅野隆一。一課の刑事らと共に現場に到着した中山、岩崎(角野卓造)ら鑑識課の面々は、周辺の遺留品を回収し調査。まもなく菅野の所持していた煙草のパッケージから思わぬ指紋を検出した。

 指紋の主とは、14年前、大阪で発生した強盗殺人事件の犯人・吉国潤子。資料によると、潤子は次々と名前を変えて逃走。事件はあと半年で時効を迎えるのだ。

 大阪の事件とは、当時OLだった潤子が妬みから同僚の長瀬知美(西岡ちあき)を殺害し金品を奪ったというもの。警視庁からの連絡で到着した大阪府警の刑事・出村はさっそく捜査に参加、潤子の人物像を説明した。中山は、自分の父親が出村とコンビを組み、この潤子を追跡中に病死していたことから、いつになく気負い込む。

 捜査陣は、菅野の部屋にあった写真の人物が整形手術を重ねた現在の潤子と断定。聞き込みの結果、仕出し弁当屋に3年前から内縁の妻として入り込んでいた潤子の追跡を開始した。弁当屋の主人・松橋(小宮孝泰)や関係者の話によると、潤子の評判は良く、悪い話は全く聞かれない。ただ潤子は菅野が殺された翌日に姿をくらましていた。

 まもなく、目撃証言から菅野が事件の3ヶ月も前から潤子をマークしていたことが分かった。捜査陣の一部は、菅野に強請られた潤子が追いつめられ逆に殺したと推理。14年前に殺された知美の遺児で現在風俗店で働いている長瀬幸英(金子貴俊)を訪ねた中山は、潤子への怨みがまだ消えていないと知り、怒りを隠せない。

 だが、出村は不幸な生い立ちが原因で罪を犯してしまった潤子が、やっと掴んだ今の幸せを手放すはずがないと断言。中山らの予断や偏見を戒める。

 そんな中、なんと潤子が自首し菅野殺しを自供した。自供は現場近くの自動販売機で買った煙草を菅野に渡し、その隙に鉄パイプで撲ったと供述する。しかし、その裏を取った捜査陣は、自供が嘘だと断定、潤子が誰かをかばっているとみた。

 松橋の話から推理すると、事件を出村と同じように追ってきた菅野は、潤子を時効まで見逃そうとしていたらしい。

 潤子が大阪の事件の後、罪滅ぼしのため匿名で長瀬に送金していたと知った出村は、その長瀬の周辺に真犯人がいると察知。潤子が長瀬を真犯人だと思い、その罪を被ったのではないか、とにらんだ。