天使にラブ・ソングを・・・

天使にラブ・ソングを・・・

殺人現場の目撃者が身を隠したのは修道院。掟やぶりのハートフルコメディが心のビートを鳴らす!

神様までも圧倒しそうなウーピーのあふれる才能を楽しみたい!

天使にラブ・ソングを・・・ デロリスはいつの日か有名になりたいと願う、しがないクラブ・シンガー。そんな彼女にとんでもない災難が降りかかる。ある日、とある殺人現場を目撃してしまったがために、ギャングから命を狙われる羽目に! そこで、裁判の日まで身柄を潜めることになったのだが、警察が選んだ隠れ場所とは……なんと修道院だったのだ!!

1992年の公開時は全米で大ヒットを記録し、ウーピー・ゴールドバーグの人気を不動の物にしたミュージック・コメディが『天使にラブ・ソングを』だ。ウーピー・ゴールドバーグと言えば、映画デビュー作となった1985年のスティーブン・スピルバーグ監督による『カラーパープル』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、90年の『ゴースト/ニューヨークの幻』ではアカデミー賞助演女優賞を獲得している実力派女優。それに加え、スタンダップ・コメディエンヌとしてアドリブとコメディの実力をも磨き、歌まで歌えるというマルチプレイヤーなのだ。

天使にラブ・ソングを・・・ 『天使にラブ・ソングを』は、そんな彼女のシリアス&コメディ&シンガーとしての才能のすべてを凝縮した、最高に贅沢な一作。当然、彼女の演技というのがみどころにはなってくるのだが、もうひとつの最大みどころはと言うと、タイトルにもなっている“ソング”、歌である。お世辞にも決して上手とは言えない聖歌隊がウーピー演じるデロリスと出会い、歌うことの喜びを知り心底楽しそうに歌い始めるシーンでは、観ているほうも一緒に歌い・踊りたい衝動に駆られるほど気持ちが弾み、心が躍動する。音楽の持つパワーというのを改めて教えてくれる、永遠に色あせることのない名作だ。1987年に初めて本作の映画化の話が持ち上がった際には、ベット・ミドラーがデロリス役を演じることになっていたというが、もしも彼女が演じていたら本作で歌われるゴスペルミュージックはまた別の物になっていただろう。

2009年6月にはウーピーをプロデューサーに迎え、ロンドンで舞台版が上演されて好評を博しているが、この舞台版を観たビヨンセは、自分を主演にリメイクを熱望するほど感動したという。17年ぶりに息を吹き返し、ビヨンセのハートまで掴んだ『天使にラブ・ソングを』だが、今夜は明るくてチャーミング、クールでファンキー。そんな人間的魅力あふれたシスター・デロリスがあなたの魂を揺さぶること間違いない!!

シスターたちのハーモニーを聞けば自然と体が動き出す。さあ、嫌なことは忘れて、今宵は思いっきりハッピーに楽しもうじゃないか!

敬虔な修道院がロック・スポットに!?体が動き、心は揺れて、魂が踊る“ソウルミュージック聖歌隊”物語

天使にラブ・ソングを・・・ ネバダ州リノのカジノで歌うしがないクラブ・シンガー、デロリス・ヴァン・カルティエ(ウーピー・ゴールドバーグ)。核は二流だけど、いつの日かビッグになりたいと願う、前向きで明るい歌姫だ。ところがある日、デロリスは自分の愛人で地元のボスでもあるヴィンス(ハーベイ・カイテル)が組織の裏切り者を殺害する現場を目撃してしまう。

見てはいけないものを見てしまったデロリス。そのデロリスの口を封じようと、ヴィンスは殺し屋を放った。命からがら警察へと駆け込んだデロリスを、サザー・警部(ビル・ナン)は重要証人として扱い、裁判が始まるまで彼女をサンフランシスコの修道院にかくまうことにした。

修道院でデロリスを待っていたのは、厳格で院のお局として恐れられている修道院長(マギー・スミス)監視下による厳しい生活だった。その厳しさは、祈りと奉仕の場であるはずの修道院をまるで矯正施設に変えていた。

天使にラブ・ソングを・・・ 臨時避難場所としてやって来たデロリスにとってこれは計算外。そこで、デロリスは持ち前の気の強さと明るさ、そして前向きな性格を発揮し、これまで院長に抑えつけられてきた若い甘僧、シスター・パトリック(キャシー・ナジミー)やシスター・ロバーツ(ウェンディ・マッケナ)たちと友情を拡大。ベテランのラザラス尼(メアリー・ウィックス)から聖歌隊のリーダーを引き継ぎ、ノリの良さと楽観的な性格を活かして一躍人気シスターの座をゲットする。

しかも、デロリスが聖歌隊のリーダーになってからというもの、修道院で流れる音楽や歌われる歌もこれまでとは一変。歌のレパートリーにデロリスお得意のソウルやロックナンバーを加え始めたのだ。そんなデロリスに引っ張られ、院では歌声が絶えることがなく、“歌う尼さんソウル・コーラス”の評判はたちまち全世界に広がった。そしてついにその噂はローマ法王の耳にまで届く――。

しかしその頃、ヴィンスの放った殺し屋たちの執拗な手がデロリスに迫りつつあった。

天使にラブ・ソングを・・・

キャスト

<デロリス(シスター・クラレンス)>
ウーピー・ゴールドバーグ(中村晃子)
<修道院長>
マギー・スミス(藤波京子)
<ヴィンス>
ハーベイ・カイテル(堀勝之祐)
<シスター・パトリック>
キャシー・ナジミー(さとうあい)
<シスター・ロバート>
ウェンディ・マッケナ(矢島晶子)
<シスター・ラザラス>
メアリー・ウイックス(河村久子)
<サザー警部>
ビル・ナン (玄田哲章)
<ジョーイ>
ロバート・ミランダ(西村知道)
<ウィリー>
リチャード・ポートナウ(千田光男)

スタッフ

<監督>
エミール・アルドリーノ
<製作総指揮>
スコット・ルーディン
<製作>
テリ・シュヴァルツ
<脚本>
ジョゼフ・ハワード
<撮影>
アダム・グリーンバーグ
<音楽>
マーク・シャイマン
<美術>
ジャクソン・デゴビア
<衣装>
モリー・マギンニス
<編集>
リチャード・ハルセイ