風の谷のナウシカ
ジブリチャンネル

風の谷のナウシカ

地球壊滅後の近未来。ひとりの少女が人間と自然の未来を救うため命をかけていた。

永遠に色褪せることのない日本映画史に燦然と輝く名作!!

風の谷のナウシカ 1984年、それまでのアニメーション映画の概念を大きく覆したのが『風の谷のナウシカ』だった。ギリシヤ神話に登場するスケリア島の王女ナウシカーと、日本の平安時代にまとめられた短篇物語集『堤中納言物語』の虫愛づる姫君にインスパイアされて誕生した宮崎駿監督の唯一無二の傑作は、民と自然を愛するひとりの少女ナウシカを通して、大地を汚染し続ける人間に対し警報を鳴らしたのだ。しかしその警告が発せられてから26年経った今、地球の状況は悪化し、温暖化問題はより深刻な問題となってわたしたちの前に立ちはだかっている。おそらく『風の谷のナウシカ』は多くの人たちにとって、初めて目にする物語ではないだろう。一度ならず、二度、三度、いやそれ以上観ている方も大勢いると思う。だけどこんな時代だからこそ、今改めてナウシカの声に耳を傾けるべきなのではないだろうか。

風の谷のナウシカ 自然を象徴する王蟲(オウム)、核兵器をイメージさせる巨神兵。そしてその巨神兵を使って自然を支配しようと企む人間の愚かさを浮き彫りにした衝撃作が、デビューから四半世紀経った今なお鮮明に輝き続けているのは、宮崎駿監督が生み出した壮大なプロットの力が大きいことは言うまでもないが、美しい自然、王蟲の動きなどを完璧にスクリーンに映し出したスタジオジブリの技術もおおいに影響している。日本屈指のアニメーターたちが宮崎監督の世界を現実のものとするため、持てる限りの技術のすべてを出したわけだが、そのなかに若き日の庵野秀明氏(『エヴァンゲリオン』シリーズ)の姿があったことを知る人も多いだろう。宮崎監督の大ファンだったという庵野氏はオーディションを経てスタッフの一員になったそうで、それまで誰も目にしたことのなかった巨神兵という新たな造形に命を宿らせた、後の映画史に残る名シーンを担当している。未完成の巨神兵がドロドロと溶けながら立ちあがろうとする迫力のシーンは、そういう意味でもぜひ注目してほしい。
また、よりコアな宮崎監督ファンの方々は、1984年の劇場公開時『風の谷のナウシカ』と同時上映された、『名探偵ホームズ』の第5話『青い紅玉』と、第9話『海底の財宝』をチェックするといいだろう。誰もが知る名探偵シャーロック・ホームズの物語を原作にしたアニメなのだが(主役のホームズが犬!)、作品の随所に“宮崎監督らしさ”がうかがえてかなり楽しめるはずだ。
観るたびごとに新たな発見、新たな思いが湧きあがる『風の谷のナウシカ』。今夜はどんな新発見があなたの心を躍らせるのだろう。心の窓を開放して、じっくりと楽しんでほしい。
「名作は何度観ても決して飽きることがない」、今夜その言葉を実感できるだろう。

「火は一日で森を灰にするが、水と風は100年かけて森を育てるんじゃ」。

風の谷のナウシカ 自然を征服し繁栄を極めていた人類だったが、「火の7日間」とよばれる世界戦争で産業文明は崩壊した。
それから1000年の後、大地は「腐海(ふかい)」とよばれる有毒の瘴気(しょうき)を発する巨大な王蟲(オーム)たちの住む森に覆われていた。人類は蟲たちと敵対しながら、わずかに残った土地に王国を建設して暮らしており、海からの風により瘴気から守られている小国・風の谷もそのひとつだった。風の谷の族長ジルの娘ナウシカは、鳥のように愛機メーヴェにまたがり、人々が忌み嫌う巨大な蟲・王蟲たちとも心をかよわせることのできる不思議な力を持っていた。
強風吹き荒れるある夜、風の谷に巨大な輸送機が墜落した。その輸送機には工房都市国家ペジテの市民が捕虜として乗せられていた。ナウシカは墜落現場からペジテの少女ラステルを救出しようとしたが、彼女は「積荷を燃やすように」とナウシカに頼むとそのまま息を引き取ってしまった。ラステルが最後に口にした言葉“積荷”とは、「火の7日間」で世界を焼き尽くしたという最終兵器・巨神兵を指していた。化石になったはずの巨神兵がペジテから掘り出されたことを知った西方の一大勢力国家・トルメキア王国がこれを奪い取り、自国へ輸送中に風の谷に墜落したのだった。
墜落を知ったトルメキアの皇女クシャナは風の谷に大編隊を送り込み、ジルを殺害した。父の亡骸を前にこの上ない怒り燃えるナウシカ。しかし、腐海の謎を解くべく半生を費やして旅を続ける、腐海一の剣の使い手ユパ・ミラルダの「落ちつけ、ナウシカ。今戦えば谷の者は皆殺しになるだろう」という言葉に従い、ナウシカは自ら人質となって谷の人々を救う決心をする。ナウシカは谷を離れる前に、城内にある自身の部屋の隠れ階段を降り、地下深くに隠されたとある場所へ向かった。そこは、地上では想像もつかない澄んだ水と植物の楽園だった。そう、ナウシカは腐海の謎に迫りつつあったのだ。
人質となったナウシカを乗せたトルメキア船は飛行中、双子の妹をトルメキアにさらわれ復讐に燃えるペジテのアスベルのガン・シップに襲撃され、船ごと瘴気に包まれた腐海へと墜落してしまう。ナウシカはとっさに船に積まれていたガン・シップに飛び乗り、憎むべき敵・クシャナを救出して腐海の湖に着水した……すると突然、水面から巨大な王蟲たちが姿をあらわした。蟲たちから、アスベルが生きて腐海を彷徨っていることを知らされたナウシカは、驚愕のあまり呆然自失するクシャナをその場に残し、アスベル救出に向かった。絶妙のタイミングで腐海を彷徨い、巨大ヘビに呑みこまれそうになっていたアスベルを救ったナウシカは、そこで偶然にも腐海の秘密を知ることとなる――。
ペジテに戻ったナウシカとアスベルは、ペジテ市長からトルメキア群を壊滅させるため、蟲に風の谷を襲わせる計画があることを知らされる。自分の谷を襲わせるわけにはいかず、さらに腐海の底で蟲の役目を知った二人はこの計画に猛反対したため、ナウシカはそのまま食糧庫に閉じ込められてしまう。絶体絶命のピンチに陥ったナウシカだったが、アスベルの母に助けられ、アスベルとともに風の谷へと急いだ。

しかし、ペジテ軍はすでに行動を開始していた。ペジテ軍は瀕死の王蟲の子を飛行機に吊るして王蟲を挑発。怒りのために目を真紅に輝かせた何千・何万の王蟲の大群がこの飛行機を目がけてばく進していた。その機が行きつく先は風の谷だった。

一方、トルメキア群とクシャナは風の谷で攻撃態勢に入っていた。しかし、迫りくる王蟲の群れに危機感を抱いたクシャナは、巨神兵を使って王蟲たちを一掃する決断を下していた。すべてを解決するには王蟲の怒りを静めるしかない。

「王蟲の子を殺したら暴走は止まらないわ。群れに帰すの。私やってみる!!」
ナウシカはひとり命をかけて、王蟲たちの怒りを静めようとするのだった……。

風の谷のナウシカ

キャスト

<ナウシカ>
島本須美
<ユパ>
納谷悟朗
<アスベル>
松田洋治
<ミト>
永井一郎
<クシャナ>
榊原良子
<クロトワ>
家弓家正
<ジル>
辻村真人
<大ババ>
京田尚子
<ゴル>
宮内幸平
<ギックリ>
八奈見乗児
<ニガ>
矢田稔
<ラステル>
冨永みーな

ほか

スタッフ

<原作・脚本・監督>
宮崎駿
<プロデューサー>
高畑勲
<作画監督>
小松原一男
<美術監督>
中村光毅
<音楽>
久石譲
<音響監督>
斯波重治
<原画>
金田伊功、丹内司、
なかむらたかし、庵野秀明 ほか
<撮影>
白神孝始、首藤行朝、
清水泰宏、杉浦守
<制作>
トップクラフト
<製作>
徳間康快、近藤道生