旭山動物園物語〜ペンギンが空をとぶ〜

旭山動物園物語〜ペンギンが空をとぶ〜

ペンギンが、白クマが、大迫力で目の前に迫る!大ブームとなった旭山動物園の、本当にあった奇跡の物語

リアルな動物たちの生態を自然に近い状態で撮影!観ているだけで動物園気分を満喫できる贅沢すぎる2時間

旭山動物園物語〜ペンギンが空をとぶ〜 ド迫力で水槽に飛び込んでくる白クマ。空中を悠々とお散歩するオランウータン。雪玉で遊ぶゾウ。そしてヨチヨチと可愛らしい行進を見せたかと思えば、高速で頭上を飛び回るペンギン…!

動物たちの生活ぶりを自然界にいる状態に近い形で展示する「行動展示」が話題を呼び、いまや日本だけでなく海外からも観光客が訪れる北海道旭川市の旭山動物園。幾度も閉園の危機にさらされながら、動物園のスタッフたちはどうやって夢のような展示を実現するに至ったのか? その過程を新人飼育係の視点から描き出した、奇跡の実話だ。

物語の核を担うのは、人づきあいが苦手な新人飼育係と、彼の成長を温かい目で見守る懐の深い園長。個性豊かな飼育係たちに教育され、時に反発しながら、人間として成長していく新人飼育係。経験値にとらわれない彼の発想が、ベテラン飼育係にも刺激を与えていく。閑散とした動物園が紆余曲折を経て生まれ変わるまでの過程を、一人の若者の成長譚とリンクさせた脚本が秀逸だ。

監督は「寝ずの番」「次郎長三国志」で高い評価を受けたマキノ雅彦。ご存じ、俳優の津川雅彦による映画監督第3作目だ。アクの強いキャラクターによる群像劇を撮るのが得意な監督が本領発揮。行動展示そのものをドキュメンタリータッチで描くのではなく、監督が焦点を当てたのは行動展示実現のために奔走する動物園のスタッフたちの右往左往ぶり。個性的な飼育係たち、そして動物たちを丁寧に、ユーモア感たっぷりに描写することで、夢を追い求める男たちのアツい物語を、ほっこりとした絶妙な後味を残す作品に仕上げている。

旭山動物園物語〜ペンギンが空をとぶ〜 飼育係を演じた俳優陣も実に豪華。園長役の西田敏行はじめ、柄本明、岸部一徳、長門裕之、六平直政、笹野高史、平泉成…。一人だけでも十分存在感のあるキャスト陣が大集合。動物相手の撮影は彼らのキャリアをもってしても思いがけない落とし穴が多々あったそうだが、それすら楽しんでいる様子が作品から伝わってくる。また、そんな役者陣を相手に堂々渡り合う、中村靖日(「運命じゃない人」)と前田愛(「バトル・ロワイアル」)の演技が、一服の清涼剤的なアクセントに。

そして何よりも素晴らしいのは、実力派の俳優陣に負けない動物たちの生き生きとした演技。CGを使えば理想的な動物の動きや表情を作るのは簡単だが、今作では基本的にCGは封印。それどころか動物プロダクションのプロの動物も使わず、「動物園にいる動物」の撮影にこだわったのだそう。そのため旭山動物園はもちろんのこと、全国の動物園で撮影を敢行。スタッフは繊細な動物を刺激しないために細心の注意を払い、2年間に渡って動物たちに密着した。その甲斐あって、ゾウの雪合戦のシーンや、2頭のチンパンジーの触れ合いのシーンなど…監督もビックリの自然な演技が奇跡的に実現している。

ただ観ているだけで、動物園に実際に行った気分になれる映像が満載。自由に動き回る動物たちの姿と、その動物に振り回される男たちの姿は、癒し効果満点だ。旭山動物園に行ったことのある人はもちろん、まだ未体験の人も、そして、このゴールデンウィーク、どこにも旅行に行けない! というアナタも。今日は旭山動物園の動物たちに会いに行ってみませんか?

動物たちへの熱い思いが瀕死の動物園を変えた!笑いと涙たっぷりに描かれる奇跡の実話

旭山動物園物語〜ペンギンが空をとぶ〜 昆虫が大好きで人とつきあうのが苦手な青年、吉田(中村靖日)が、北海道旭川市の旭山動物園で飼育係を担当することに。彼を待っていたのは、人情味あふれる園長の滝沢(西田敏行)をはじめとするクセの強い飼育係たち。動物と常に同じ目線で対峙している韮崎(長門裕之)、朴訥とした性格の三谷(六平直政)、ゴリラのことになると周りが見えなくなる柳原(岸部一徳)、無口で絵が得意な臼井(柄本明)、口は悪いが園のことを誰よりも考えている砥部(塩見三省)。そしてムードメーカー的な存在の早苗(堀内敬子)。ベテラン飼育係たちの動物への愛情はときに過剰なほどで、吉田は圧倒されるばかりだ。

しかし、特に珍しい動物がいるわけでもない園の経営は厳しく、檻などの施設はオンボロ。園長は修繕費用を市に要求し続けてきたが、市が出した結論は簡単に集客につながるジェットコースターの建設だった。結果、一時的に来場者は増えたものの、動物園自体には活気が戻らない。せっかく動物園に来てもお目当ての動物が活発に動いているとは限らないというのが、その大きな理由のひとつだった。

ある日、真琴(前田愛)ら動物園廃止を訴える動物愛護団体が動物園に乗り込んできた。動物を自然に放て、という彼らの言い分に、園長は動物を、そして生態系を守るために本当に必要なのは何かを熱く語りかける。その言葉に触れ改めて動物たちに興味を持った真琴は、スタッフとして園で働くことに。

旭山動物園物語〜ペンギンが空をとぶ〜 飼育係に恋をしたゴリラの突然の衰弱や、チンパンジーの妊娠騒動。そして思いもよらない事故…。様々な事件や、日々の飼育活動を通して、動物の面白さを発見していく吉田と真琴。園長は動物園を活気づけようと、飼育係の解説付きのガイドツアーや夜行性の動物の夜間展示などを試み、奔走する日々だ。ある日吉田は、それぞれの飼育係の苦労や工夫にヒントを得たユニークな動物の展示法を提案。それは、「ペンギンが空をとぶ」という奇想天外な思いつきだった。飼育係の面々はありえないと一蹴するが、園長は吉田を支持。ベテランの飼育係たちにも自由な発想で動物を展示する方法を話し合う場を設け、話を聞いた臼井がそれを絵に描いていった。自分たちの長年の夢を話し合い、盛り上がる一同。その時点では、すべてが「夢」のはずだった…。

そんな中、雄ゴリラがエキノコックスに感染していることが判明。職員や他の動物たちは陰性だったが、その事実を聞いた世間は大騒ぎ。廃園に追い込まれそうになる中、園長はその注目を逆手にとって、本格的に園の存続運動を実施する。その甲斐あって廃園は逃れるが、予算の少ない状況が変わったわけではなかった。

状況を打破しようと、旭川市の新市長に就任した平賀(萬田久子)のもとを訪れた園長。彼は動物園の新たな起爆剤となる「ペンギンが空をとぶ」展示の可能性をプレゼンする。好奇心旺盛な平賀が予算度外視のそのアイディアに興味を持ったことから事態は急展開。試行錯誤の中、動物本来の行動をなるべく自然な形で見せる「行動展示」の実現に向け、賽は投げられた!

日本中の動物園・水族館に影響を与えたユニークな動物の展示法はいかにして生まれたのか…。動物愛にあふれた飼育係たちが奮闘する姿をユーモアを交えて描きだした「奇跡の実話」。生き生きとした動物たちの姿にたっぷり笑って、癒されて。そして、夢をあきらめないことの大切さを教えられるはずだ。

旭山動物園物語〜ペンギンが空をとぶ〜

キャスト

<滝沢寛治>
西田敏行
<吉田強>
中村靖日
<小川真琴>
前田愛
<池内早苗>
堀内敬子
<磯貝三郎>
笹野高史
<三田村篤哉>
梶原善
<動物愛護団体のリーダー>
吹越満
<平賀鳩子>
萬田久子

<韮崎啓介>
長門裕之
<上杉甚兵衛>
平泉成
<三谷照男>
六平直政
<砥部源太>
塩見三省
<柳原清之輔>
岸部一徳
<臼井逸郎>
柄本明

スタッフ

<監督>
マキノ雅彦
<原案>
小菅正夫「<旭山動物園>革命―夢を実現した復活プロジェクト」(角川書店刊)
<脚本>
輿水泰弘
<音楽>
宇崎竜童、中西長谷雄
<主題歌>
『夢になりたい』 谷村新司
<撮影監督>
加藤雄大(J.S.C.)
<動物撮影>
今津秀邦
<美術>
小澤秀高
<照明>
山川英明
<録音>
阿部茂
<編集>
田中愼二
<スクリプター>
岩井茂美
<監督補>
石川久