となりのトトロ
ジブリチャンネル

となりのトトロ

子供たちも、かつて子供だった大人たちも。みんな一緒に楽しめる宮崎駿監督の大傑作ファンタジー

トトロにネコバス、まっくろくろすけ!最高のワクワクとドキドキが詰まった夏の贈り物

となりのトトロ 「借りぐらしのアリエッティ」公開記念、ジブリ月間のラストを飾るのは、「となりのトトロ」。誰もが懐かしさを覚える自然にあふれた野山を、2人の少女が駆け巡り、飛び回る!! 夏の空気を胸いっぱいに吸い込みたくなる、宮崎駿監督の大傑作ファンタジーの登場だ。

都会からそんなに遠くない田舎町に引っ越してきたサツキとメイ。お化けやしきみたいに古い家には、“なにか”が棲んでいる気配がいっぱい。サツキたちの家の裏にある神社の大木をすみかにしているトトロ。人の住んでいない家をススやホコリだらけにしてしまうススワタリ(まっくろくろすけ)。大きな目と大きな口、そして何本もある足で空間を自由自在に走りまわる巨大なネコバス。サツキとメイは次々に奇妙ないきものと出会い、ステキな冒険に飛び出すことに!

宮崎監督のいたずら書きから生まれたというトトロをはじめ、登場するいきものたちがとにかく魅力的! 単純に「カワイイ」というよりも、ちょっとブキミでおかしみ溢れるキャラクターは、数あるジブリのキャラの中でも断トツの人気。「こんなに魅力あるキャラクターを1本の映画で終わらせるのはもったいない!」と、「めいとこねこバス」という短編が制作されたり(「三鷹の森 ジブリ美術館」(予約制)で7月31日まで上映中)、「千と千尋の神隠し」にススワタリが出演したりと、他の作品にもキャラクターが派生。また、海外にも「トトロ」のファンは多く、ピクサーの新作「トイ・ストーリー3」では、スタッフの熱いラブコールが実ってトトロがゲスト出演を果たしている。

となりのトトロ そんなブキミかわいいキャラクターによる子供向けのファンタジーのようでありながら、何度観ても新鮮に笑って泣けるのは、物語が少女たちの繊細な気持ちの揺れ動きにしっかりと寄り添っているから。入院中の母に代わり、炊事洗濯なんでもこなすしっかり者のサツキ。ちょっぴりワガママで小動物のように自由奔放なメイ。物語の前半では、トトロとの出会いに胸をときめかせる少女たちの姿がイキイキとした明るいタッチで描かれる。そして終盤、おかあさんの具合が悪くなったという電報が届き、2人の不安や怒り、悲しみが一気に表面化。特にメイの前では緊張を張り巡らせていたサツキの気持ちが、となりのおばあちゃんの前で緩む瞬間。その泣き顔は、観ている側の胸が痛くなるほどのリアリティに満ちている。

また、物語のもうひとつの主役は、森の木々や、夏の青い空、田畑を渡る風などの“自然”。トトロが住んでいる大きな木の存在感や、迷子になったメイが道端で泣いている夕暮れの描写は、ただそれだけで泣けてくるほどの美しさ。時に激しく、時に穏やかに、全編に渡って描かれる涼やかな風の表現も素晴らしい! そして、サツキが初めてトトロに遭遇する雨の夜のシーン。深く濃やかな色合いで描かれている風景は、アニメーションというよりは一枚の絵画のようだ。

わざと水たまりに足を踏み入れて、その音を楽しんだ散歩道。雨や風の音が怖かった夜。質素なオカズでも、それがお弁当箱に入っているだけでワクワクした朝。今、サツキやメイと同世代の少年少女はもちろん、かつてサツキやメイだった大人たちも、共感できる風景に満ちた名作。何度も観ていても、心持ちが少し違うだけでグッとくるポイントが変わるから、また新しい自分に出会えてしまうかも。心のツボを押されまくって、観終わった頃には気分スッキリ。夏休みが永遠みたいに思えた「あの日」の気分に戻れる、魔法みたいな作品だ。

大きな森の大きな木に住み、風に乗って空を飛ぶ お化けのトトロと2人の少女の冒険が始まる!

となりのトトロ ある晴れた5月の日。小学生のサツキ(日高のり子)と妹のメイ(坂本千夏)は、自然に囲まれた村にある家に引っ越してきた。入院中のおかあさん(島本須美)の病院に近い、空気のきれいな場所に住むことになったのだ。

考古学者のおとうさん(糸井重里)が見つけてきたのは、今にも壊れそうなほど古い家。サツキとメイはお化けやしきみたいだと大喜びだ。長い間閉めっぱなしだった勝手口の戸を開けたサツキとメイは、小さくて真っ黒ないきものがゾワゾワと逃げていくのを発見。そしてメイは、二階の部屋でその“まっくろくろすけ”を捕まえる! 大急ぎでサツキに教えに行くが、いつの間にか“まっくろくろすけ”はメイの手からいなくなってしまっていた。引っ越しの手伝いに来ていたとなりのおばあちゃん(北林谷栄)によると、それはススワタリという善良なお化け。留守の家に忍び込んで、家中をススとホコリだらけにしてしまうのだという。その夜、サツキたちの家のススワタリは、風に乗ってどこかに引っ越して行った。

新しい学校へ通うことになったサツキ。家で研究をしているおとうさんと一緒にお留守番をしていたメイは、庭で奇妙ないきものを2匹発見。メイに見つかったことに気付いたいきものたちは大急ぎで逃げ出すが、メイは持ち前の集中力と執念深さで追跡! たどり着いたのは、大きなくすの木の根元。そこに開いていた穴に転がり落ちたメイが着地したのは、フカフカした巨大なお化けのお腹の上。お化けの鳴き声を聞いて「トトロ」と名付けたメイは、トトロ(高木均)のお腹の上で眠ってしまう。

となりのトトロ その頃、学校から帰ってきたサツキはメイを探しに茂みの中へ。すると、けもの道で眠っているメイを発見。トトロと一緒に寝ていたはずなのに…。落ち込むメイから話を聞いたおとうさんは、運が良ければまた会えるとメイをなだめる。メイの話を少し疑いながらも、自分もトトロに会いたいと思うサツキだった。

ある雨の日、サツキとメイはおとうさんを迎えにバス停へ。バスの到着が遅れてあたりはだんだん暗くなり、待ち疲れたメイは眠ってしまう。メイをおんぶしてバスを待つサツキの視界に、巨大ないきものの足が…! その正体は、葉っぱの傘を頭に乗せたトトロ。トトロが濡れて可哀そうだと、サツキはおとうさんの傘を貸してあげる。そこへ、大きな目で不気味に笑う巨大なネコのバスが走ってきた。トトロは、葉っぱでくるんだ小さな包みをサツキとメイに渡すと、おとうさんの傘を持ったまま、ネコバスに乗って行ってしまった。

トトロからもらった包みに入っていたのは、たくさんの木の実。2人は庭にその木の実を植えるが、なかなか芽が出ない。ある夜、太鼓の音にサツキが目を覚ますと、木の実を植えた場所でトトロたちが踊っている! 急いでメイを起こして、庭に飛び出すサツキ。すると、その踊りに合わせて木の実から小さな芽が生え、やがて大きな1本の木に…。そして、トトロと一緒に、サツキとメイは風に乗って空へと飛び立ち、彼らと心を通わせるのだった。

そして夏がやってきた。おかあさんの一時退院の日も近付き、ワクワク気分のサツキとメイのもとに一通の電報が。おかあさんの体調が悪くなり、退院が延びたのだという。ショックを受けたサツキとメイは、ケンカをしたまま泣き寝入り。様子を見に来たとなりのおばあちゃんに、サツキは不安な気持ちを爆発させる。そんなサツキの姿を見たメイは、大人が歩いても3時間はかかる病院に向かって、一人、走り出す。

メイがいなくなった、と村は大騒ぎに。サツキは病院への道を追いかけるが、メイは見つからない。どうしたらいいのかわからなくなったサツキは、トトロの森へ。サツキの必死のお願いを聞いたトトロは、大声でネコバスを呼び寄せた!

サツキを乗せたネコバスの行き先表示は「メイ」。夕暮れの田んぼを渡る風に乗って、サツキとネコバスはメイを探しに行くことに…!

となりのトトロ

キャスト

<サツキ>
日高のり子
<メイ>
坂本千夏
<とうさん>
糸井重里
<かあさん>
島本須美
<ばあちゃん>
北林谷栄
<トトロ>
高木均
<カンタの母>
丸山裕子
<先生>
鷲尾真知子
<本家のばあちゃん>
鈴木れい子
<カンタの父>
広瀬正志
<カンタ>
雨笠利幸
<草刈り男>
千葉繁

スタッフ

<製作>
徳間康快
<企画>
山下辰巳、尾形英夫
<作画>
佐藤好春
<美術>
男鹿和雄
<音楽>
久石譲
<歌>
「さんぽ」
作詞/中川李枝子
「となりのトトロ」
作詞/宮崎駿
作・編曲/久石譲
歌唱/井上あずみ
<仕上>
保田道世
<撮影>
白井久男
<編集>
瀬山武司
<録音演出>
斯波重治
<プロデューサー>
原徹
<原作・脚本・監督>
宮崎駿