ルパン三世 カリオストロの城

ルパン三世 カリオストロの城

きっとあなたの心も盗まれる!ルパン×宮崎駿のロマンティックな冒険活劇

クールなアクションと洒脱なコメディ 宮崎駿の魅力が詰まった不朽の名作

ルパン三世 カリオストロの城 「金曜ロードショー25周年記念月間」第二弾に登場するのは、劇場版「ルパン三世」第二弾でもある「ルパン三世 カリオストロの城」。宮崎駿が手がけた初の劇場版長編作品にして、彼の魅力がすべて詰まった不朽の名作だ。

物語の舞台となるのは、ヨーロッパの小国・カリオストロ公国。世界中で流通する偽札を追ってカリオストロを訪れたルパンと次元は、謎の男たちに追われる美少女・クラリスと出会う。亡き大公の娘である彼女は、国の実権を狙う伯爵と政略結婚をさせられそうになっていた。その結婚を阻止するため、ルパンはクラリスが閉じ込められた塔を目指すが…。待ち受けるのは、情け容赦ない伯爵と不死身の刺客たち、脱出不可能な地下牢。そしてルパンを追って銭形警部も公国に到着。これで役者は揃った! クラリスを助け出し、偽札の真実を暴くため、ルパンたちと伯爵一味の総力戦が幕を開ける!

1971年のテレビシリーズ放送開始以来、大人も子供も楽しめるアクション・コメディとして不動の地位を築いていた「ルパン三世」。その「ルパン」の世界観を活かしながら、宮崎駿が持ち味を存分に発揮している。タッグを組んだのは、「太陽の王子 ホルスの大冒険」「パンダコパンダ」からの宮崎の師匠で、テレビ版「ルパン」の生みの親でもあるアニメーター、大塚康生。スピルバーグも絶賛したと言われるオープニングのカーチェイスに、ルパンが城を縦横無尽に駆け巡るクラリス奪還劇など。重力に縛られずとことん画を動かす演出は、スピーディーでダイナミック。コミカルな動きを誇張したアニメーションの醍醐味で、全編押しまくる!

ルパン三世 カリオストロの城 他にも、後の宮崎アニメに共通する魅力が、既に“全部乗せ”状態。中世の面影を残すヨーロッパの町並みや、緑豊かな山々などの美しい背景。ユニークな城の造形や透明感あふれる水中都市。オートジャイロに車、時計台の歯車などのメカニックの描写。可憐で芯の強いヒロイン。パスタや骨付き肉など美味しそうな食事。「風の谷のナウシカ」から「崖の上のポニョ」まで。名作の名場面を彷彿とさせるシーンの連続に、宮崎マニアならずとも思わずニンマリ。

今回、裏方でのサポートに回る次元や五右ェ門に代わってルパンと行動をともにするのは、宿敵・銭形警部。伯爵の罠にかかり地下の牢獄に落とされた銭形は、ルパンと力を合わせてそこから脱出! 凸凹だが息のあったコンビネーションは、良質なバディ・ムービーを観ているように軽妙洒脱。そして公国の地下にある偽札工場の存在を明るみに出そうとするも、各国の利権を守ろうとするお偉いさん方に動きを封じられて意気消沈。ルパンを追う以外に悩みのなさそうな(?)銭形が、組織の一員として苦悩する姿が新鮮だ。

声優は、山田康雄をはじめテレビシリーズでお馴染みの面々。ヒロインのクラリスは、その後「風の谷のナウシカ」「となりのトトロ」など宮崎作品の常連となる島本須美が、カリオストロ伯爵は「新・刑事コロンボ」などの声優としても活躍する俳優の石田太郎が担当している。

公開から30年以上を経ても、決して色あせない魅力に満ちた物語。アクションの連続にドキドキして、男たちの粋なやり取りにニヤリとして、淡いロマンスにちょっとキュンとして。映画ってホントにいいモンだな、と思わせてくれる文句なしの名作だ。

古城に隠された秘密と美しい少女を守るためルパン一味&銭形警部が水中を駆け空を飛ぶ!

ルパン三世 カリオストロの城 いつものようにカジノから現金を強奪したルパン(山田康雄)と次元(小林清志)。これで億万長者と喜んだのも束の間、ルパンはその金がすべて「ゴート札」と呼ばれる偽札であることを見破る。二人は「ゴート札」の謎を追って、“偽札界のブラックホール”と称されるヨーロッパの小国・カリオストロ公国を訪れることに。

風光明媚な自然以外に特に産業もないカリオストロ公国は、世界中の紙幣を偽造して国を維持していると噂されてきた。城に向かう田舎道を行くルパンと次元の目に飛び込んできたのは、ウエディングドレス姿で車を暴走させる美しい少女・クラリス(島本須美)。激しいカーチェイスの末、ルパンは彼女を追う黒ずくめの男たちを撃退するも、別ルートから現れた追っ手に彼女をさらわれてしまった。

ルパンの手に残されたのは、ヤギの紋章が彫られている古い銀の指輪。それは、カリオストロ公国の王家にあたる大公家に代々伝わるものだった。そう、クラリスこそ大公家の最後の跡取り娘。大公亡き後、摂政として国の実権を握るカリオストロ伯爵(石田太郎)は、名実ともに国の最高権力者となるためにクラリスとの政略結婚を画策していた。彼女を妻にすれば、大公家と彼女の持つ“銀の指輪”の両方が手に入る。その指輪と伯爵家に伝わる“金の指輪”が揃った時、400年に渡って眠り続けていた国の“財宝”が明かされるのだ。五右ェ門(井上真樹夫)を呼び寄せたルパンは、クラリスの結婚を阻止するべく堀に囲まれた難攻不落の城・カリオストロ城に忍び込むことに。

ルパン三世 カリオストロの城 時を同じくして、ゴート札を狙う不二子(増山江威子)も、召使いに変装して城に潜入していた。不二子からクラリスが幽閉されている場所を聞き出したルパンは、早速行動を開始。一方、ルパンの脅迫状が届いたという報せを受けた銭形警部(納谷悟朗)も城に到着。ルパンの追跡に乗り出すが、奈落の地下室に閉じ込められてしまう。クラリスのもとに向かったルパンも、カリオストロ伯爵と刺客たちによって包囲されてしまった。必ず助ける、という約束をクラリスに残し、ルパンは地下に落ちていった。

そこは生きて帰った者はいないという暗黒の牢獄。必死で出口を探し回っていた銭形とルパンは、今回ばかりは一時休戦。伯爵の影で暗躍する執事・ジョドー(永井一郎)の裏をついて、まんまと地下牢を脱出する。逃走する二人の前に現れたのは、巨大な造幣工場。世界中に流通するゴート札は、やはりカリオストロで作られていたのだ! 2人は偽札に火を放ち、その混乱に乗じてクラリスのもとへ。しかし伯爵とジョドーの執拗な追撃の末、ルパンは瀕死の重傷を負い、クラリスと彼女の指輪は伯爵の手に渡ってしまった!

一命を取り留めたルパンの口から、若かりし頃のルパンとカリオストロ公国、そしてクラリスとの意外な過去が語られる。一方、カリオストロ公国の紙幣偽造を暴くため国際会議の場に乗り込んだ銭形は、国の利権を守ろうとする各国の代表に言いくるめられ、事件から手を引くよう命令されてしまう。

遂にクラリスと伯爵の婚礼の日がやってきた。式場に潜りこんだルパンは、クラリスの幸せを守るために伯爵との直接対決に挑む! ジョドー率いる暗殺軍団を一手に引き受ける次元と五右ェ門。銭形と不二子も、タッグを組んで偽造紙幣の真相を暴こうとしていた。ルパンはクラリスを救い出し、伯爵の手からカリオストロ公国を守ることができるのか? 最後の戦いが幕を開けた!

ルパン三世 カリオストロの城

キャスト

<ルパン三世>
山田康雄
<峰不二子>
増山江威子
<次元大介>
小林清志
<石川五右ェ門>
井上真樹夫
<銭形警部>
納谷悟朗
<カリオストロ伯爵>
石田太郎
<クラリス>
島本須美

スタッフ

<原作>
モンキー・パンチ
(「週刊漫画アクション」)
<監督>
宮崎駿
<製作>
藤岡豊
<脚本>
宮崎駿、山崎晴哉
<作画監督>
大塚康生
<音楽>
大野雄二
<撮影>
高橋宏固
<美術>
小林七郎
<編集>
鶴渕允寿
<録音>
加藤敏