ハリー・ポッターと賢者の石

ハリー・ポッターと賢者の石

最終作「死の秘宝」公開まで待てない!ハリポタシリーズ第1作で、いざ、魔法の旅へ

最新VFX技術で夢にまでみた魔法がホンモノに!原作ファンも大満足のドキドキの冒険が満載!!

ハリー・ポッターと賢者の石 「金曜ロードショー25周年記念月間」最後を飾るのは、世界中で大ヒットした「ハリー・ポッター」シリーズ第1作「賢者の石」。魔法を使うワクワク感と冒険のドキドキ感満載の、上質なファンタジー超大作だ。

幼いころに両親を亡くし、孤児として叔父・叔母の家庭で成長したハリーのもとに、ある日、魔法学校から入学届が届く。実はハリーは、伝説の魔法使いの子どもだったのだ。両親も学んだという魔法学校へと旅立つハリー。人生初めての親友との出会い。不思議で愉快な授業。クィディッチという魔法を使ったスポーツ。ハリーにとって魔法学校での生活は、楽しいことの連続だった。しかし、魔法界では奇妙な出来事が起こり始めていた。ハリーの両親を殺害した闇の魔法使い、ヴォルデモートが復活を企んでいるらしい。ハリーは、不老不死の力を持つ「賢者の石」をヴォルデモートの手から守ろうと決意するが…。

ハリー役のダニエル・ラドクリフをはじめ、ハーマイオニー役のエマ・ワトソン、ロン役のルパート・グリントら、子役たちが初々しくてとってもキュート。彼らの成長に連れて物語はダークな部分が多くなっていったが、この「賢者の石」はファンタジーの導入にふさわしく、子どもらしい遊び心が満載だ。オープニングの空飛ぶバイク、魔法道具を売っているダイアゴン横町、クラス分けをする「組み分け帽子」。魔法のチェスや透明マント。薬草や飛行術、数々の呪文などを学ぶ授業のシーンもキラキラとした仕掛けに満ちあふれている。数ある名場面の中でも、原作ファンが待ちわびた“クィディッチ”の試合のシーンの浮遊感といったら! 自分にも魔法が使えるような錯覚に陥るほど、リアルでエキサイティングだ。

ハリー・ポッターと賢者の石 子役たちを取り巻く教師役には、イギリスやアイルランドを代表する俳優陣が集結。ダンブルドア校長役にはサーの称号を持つリチャード・ハリス、マクゴナガル役にはデイムの称号を持つマギー・スミス。ほか、アラン・リックマンやイアン・ハート、ジョン・クリーズにロビー・コルトレーンなどなど。シェイクスピア劇も軽くこなす名優たちが、声を揃えて子ども(あるいは孫や親戚)が喜ぶから、とイギリスを挙げてのお祭り映画への出演を楽しんでいる。

原作はこのシリーズを機にセレブの仲間入りをした、英国の女流作家J・K・ローリング。監督は「ホーム・アローン」など子役を使ったファンタジー・アドベンチャーが得意なクリス・コロンバス。ハリーが足を踏み入れる場所ごとに新たな仕掛けが現れるロールプレイング・ゲームのような展開の原作を、最新のVFX技術を駆使して丁寧に映像化。本のページをめくるような心地よいテンポはそのままに、セリフによる説明を可能な限り廃した情報量の多い映像で、ハリポタ上級者から初心者まで満足させる展開を見せてくれる。

「賢者の石」の公開から、早いもので丸9年。シリーズ最終作となる「ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 1」が、いよいよ11月19日から公開される(「Part 2」は来年夏公開予定)。この放送をきっかけに、過去のシリーズを全部見直して、ハリー最後の死闘に備えてみてはいかが? 今宵、あなたも、魔法の旅へ出かけよう!

闇の魔法使いから「賢者の石」を守れ!ハリーと仲間たちの冒険の旅が始まる

ハリー・ポッターと賢者の石 幼いころに両親を事故で亡くした孤児のハリー(ダニエル・ラドクリフ)。叔父のバーノン(リチャード・グリフィス)と叔母のペチュニア(フィオナ・ショー)、従兄のダドリー(ハリー・メリング)と一緒に暮らしているが、与えられた部屋は階段の下。洋服はいつもボロボロ。そんなハリーの元に、ある日手紙が届く。バーノンはハリーに手紙を読ませまいと一家で隠れ家に逃げ込むが、遂に巨大な男・ハグリッド(ロビー・コルトレーン)が現れる。ハグリッドが持ってきたのは、ホグワーツ魔法魔術学校の入学許可証だった。

ハグリッドから明かされたのは、思いもよらない事実だった。ハリーの両親は魔法界を代表する偉大な魔法使いだったこと。彼らが闇の魔法使い・ヴォルデモートに殺されたこと。そしてその時、額に傷をつけられただけでハリーは生き延びたこと。自らの出自を知ったハリーは、ホグワーツ入学を決意。ハグリッドの助けで入学準備を整え、学校へ向かう汽車に乗り込んだ。

道中出会ったのは、貧しいが心優しい兄弟に囲まれた魔法使い一家のロン(ルパート・グリント)と、ガリベンで気の強いハーマイオニー(エマ・ワトソン)。ダンブルドア校長(リチャード・ハリス)らに迎えられる中、3人はマクゴナガル(マギー・スミス)が寮長を務めるグリフィンドール寮に組み分けされる。

変身の術や薬草の扱い方、ホウキで空を飛ぶ方法。魔法の基礎から徹底的に勉強することになる生徒たち。授業中に猛スピードで空を飛ぶハリーの姿を見たマクゴナガルは、彼を“クィディッチ”の選手に推薦することに。

ハリー・ポッターと賢者の石 ハロウィンの夜。突然トロールが学校に現れ、ハーマイオニーが襲われる。ハリーとロンが運よくトロールを倒すが、何者かが招き入れなければトロールが学校に現れるわけがない。ハリーは、不審な行動が多いスネイプ(アラン・リックマン)が怪しいのではないかと疑う。

そしてクィディッチの試合の日がやってきた。試合中、何かに操られたような動きを始めるハリーのホウキ。試合を見つめていたスネイプの口が呪文を唱えるように動いているのに気付いたハーマイオニーは、魔法で先生のコートに点火! ホウキの魔法は解け、ハリーの活躍でグリフィンドールは勝利を収める。

クリスマス休暇中も学校に残ることになったハリーの元に、差出人不明のプレゼントが届く。それはハリーの父親のものと思われる透明マント。そのマントを着て図書室の閲覧禁止のコーナーに潜り込んだハリーは、スネイプとクィレル(イアン・ハート)が言い争っているのを目撃。見つかりそうになったハリーは、間一髪、使われていない教室に逃げ込む。そこには、覗いた人間の希望を映し出す「みぞの鏡」が。両親の姿見たさに鏡の前に通うハリーを、ダンブルドアは優しく諭す。

新学期。夜間に寮から出た罰としてハグリッドが管理している“禁じられた森”に入ることになったハリーは、森の中で謎の影に襲われる。その影こそヴォルデモート。彼は、ダンブルドアが学校に隠した「賢者の石」を狙っているのだという。その石を使えば、ヴォルデモートは再び肉体を手に入れることができるのだ。

石を守る3つの頭を持つ犬、ガーディアンを眠らせる方法をハグリッドから聞いたハリーたちは、地下室へ。そこで彼らを待ち受ける意外な人物とは…。ハリーは、賢者の石をヴォルデモートの手から守ることができるのか? そして1年の学校生活の終わりにハリーを待っているのは…?

ハリー・ポッターと賢者の石

キャスト

<ハリー・ポッター>
ダニエル・ラドクリフ
<ロン・ウィーズリー>
ルパート・グリント
<ハーマイオニー・グレンジャー>
エマ・ワトソン
<ほとんど首なしニック>
ジョン・クリーズ
<ルビウス・ハグリッド>
ロビー・コルトレーン
<フリットウィック先生>
ウォーウィック・デイビス
<バーノン・ダーズリー>
リチャード・グリフィス
<ダンブルドア校長>
リチャード・ハリス
<クィレル先生>
イアン・ハート
<オリバンダー老人>
ジョン・ハート
<スネイプ先生>
アラン・リックマン
<ペチュニア・ダーズリー>
フォオナ・ショー
<マクゴナガル先生>
マギー・スミス
<ウィーズリー夫人>
ジュリー・ウォルターズ
<フーチ先生>
ゾーイ・ワナメイカー
<ドラコ・マルフォイ>
トム・フェルトン
<ダドリー・ダーズリー>
ハリー・メリング
<ミスター・フィルチ>
デイビッド・ブラッドリー

スタッフ

<監督/製作総指揮>
クリス・コロンバス
<製作>
デイビッド・ヘイマン
<製作総指揮>
マーク・ラドクリフ、
マイケル・バーナサン
ダンカン・ヘンダーソン
<脚本>
スティーブ・クローブス
<編集>
リチャード・フランシス=ブルース
<音楽>
ジョン・ウィリアムズ
<撮影>
ジョン・シール
<美術>
スチュアート・クレイグ
<衣装>
ジュディアーナ・マコーフスキー
<チーフ・アニマル・トレーナー>
ゲイリー・ゲイロー
<視覚効果監修>
ロブ・レガート