魔法にかけられて

魔法にかけられて

おとぎの国のお姫様が大都会NYにやってきた!!現代を生きる女性のための新しいプリンセス・ストーリー

ディズニーが“ディズニー・プリンセス”に魔法をかける!コミカルでハートフルなラブ・ファンタジー

魔法にかけられて 「白雪姫」「シンデレラ」「眠れる森の美女」に、「リトル・マーメイド」「美女と野獣」…。「むかしむかし(Once upon a time)」で始まって、必ず「幸せに暮らしました(Happy ever after)」で終わるディズニーのプリンセス・ストーリーは、女の子の永遠の憧れ。でも、そんなおとぎの国のプリンセスが、現実世界に現れたら…!? これまでタブーだったはずの“パロディ”に、本家本元のディズニーが真っ正面から挑んだ痛快娯楽作! ディズニーマニアもアンチ・ディズニー派も一気に虜にした、コメディ炸裂のラブストーリーだ。

夢に見た王子様と結婚しようとした矢先、意地悪な女王の魔法で現代のNYに送られてしまったプリンセス・ジゼル。自分の常識が通用しない土地に戸惑う彼女は、偶然出会ったバツイチ子持ちの離婚弁護士、ロバートの家に居候することに。夢見ることを知らないロバートの生き方を理解するうち“初めての恋”を体験するジゼル。しかしジゼルの運命のお相手・エドワード王子と、ジゼルの命を狙う女王もNYに現れた!! 果たしてジゼルは女王の魔法を解き、本当の“運命の王子様”を見つけ出すことができるのか?

自分の気持ちを表現したくなったら所構わず歌い出し、ドブネズミやゴキブリとも心を通わせる。他人を疑うことも、怒りという感情も知らない。現実で生きていくには真っすぐすぎる真正のプリンセス、ジゼル。そんな彼女の純粋さが、本当の愛や優しさを忘れてしまった人々に“魔法”をかけていく。一方、王子様との結婚という呪縛が解けたジゼルに訪れるのは…。夢見がちなジゼルと、超現実主義者のロバートが恋に落ちていく姿は、「ローマの休日」をも思わせる、ロマンティックな恋の魔法に満ちあふれている。

魔法にかけられて そんなストレートな恋物語を彩るのは、本家ディズニーだからこそできる怒涛のパロディ攻撃。ロバートの家を“森のお友達”ならぬ“都会の動物たち”の手を借りて掃除していくシーンは、グロテスクながらも「白雪姫」や「シンデレラ」へのオマージュが満載だし、セントラル・パークでの大規模なミュージカルシーンは、「メリー・ポピンズ」のようにダイナミックで美しい。他にも、絵本が開くお馴染みのオープニングから、毒リンゴやガラスの靴、12時を告げる時計の鐘の音、そしてプリンセスを救う運命の人とのキスなどなど。ディズニーのおとぎ話の「お約束」が次々登場。また、レストランの店名が「わんわん物語」の名曲と同じ「ベラ・ノッテ」だったりと小ネタも満載で、何度観ても新しい発見にワクワクさせられるはず。

純真無垢なジゼルを演じるのは、「ジュリー&ジュリア」で等身大の演技が絶賛されたエイミー・アダムス。真っすぐな瞳と透き通った歌声で観る者を魅了する。ジゼルと恋に落ちる離婚弁護士のロバートには「グレイズ・アナトミー」で女性人気も高いパトリック・デンプシー。おバカでおナルでチャーミングなエドワード王子には「ヘアスプレー」でも美声を聴かせたジェームズ・マースデン。そして、「デッドマン・ウォーキング」のオスカー女優、スーザン・サランドンが、悪い女王に扮し圧倒的な存在感を見せつける!

一回会っただけの“運命の王子様”と結婚して、本当にいつまでも幸せに暮らせるの? 誰もが一度は胸に抱いたことのある疑問に、ディズニーが出した一つの“こたえ”とは…。永遠の少女たちに送る、魔法の力を信じたくなるラブ・ファンタジーだ。

ピュアなプリンセスと現実主義者の離婚弁護士 2人の出会いは偶然? それとも運命…!?

魔法にかけられて むかしむかし。アンダレーシアという魔法の国の森の奥深く、美しい少女が住んでいました。

彼女の名前はジゼル(エイミー・アダムス)。運命の王子様との出会いを夢見る女の子だ。ある日、遂に彼女はエドワード王子(ジェームズ・マースデン)と運命の出会いを果たし結婚を約束。しかし、王子の継母・ナリッサ女王(スーザン・サランドン)は、王位を守るため力ずくで結婚を阻止。魔法で老婆に姿を変え、ジゼルを井戸に突き落としてしまう。

井戸の底が通じていたのは、NYはタイムズ・スクエアの交差点のど真ん中。ウェディング・ドレス姿でさまようジゼルに、街行く人は冷たい視線を浴びせる。途方に暮れたジゼルに救いの手を差し伸べたのは、弁護士のロバート(パトリック・デンプシー)と彼の娘のモーガン(レイチェル・コヴィー)。仕方なく自宅にジゼルを連れて帰ったロバートは、モーガンの説得に負け、彼女を家に泊めることに。

翌日。ジゼルをアンダレーシアに連れ帰るため、エドワード王子と相棒のシマリス・ピップもNYに到着。早速ジゼルの目撃者を捜し始めたエドワード王子は、初めて見たバスを怪物と間違えて戦いを挑み、街を混乱に陥れていた。ピップもネズミと間違われ、害獣扱いだ。その様子を見たナリッサ女王は、腹心のナサニエル(ティモシー・スポール)をNYに派遣。エドワード王子より先にジゼルを見つけ出し、毒リンゴで殺してしまうようナサニエルに命じる。

魔法にかけられて その頃、ロバートの家で目覚めたジゼルは、いつものように動物たち=ハトやドブネズミ、ゴキブリの助けを借りて部屋を掃除していた。そこにロバートの恋人、ナンシー(イディナ・メンゼル)が訪ねてくる。ジゼルをロバートの浮気相手だと勘違いしたナンシーは激怒。仕方なくロバートは、彼女を仕事場に連れていく。自らもバツイチのロバートは、離婚調停を専門に扱う弁護士だった。しかし、ジゼルは何の悪気もなく、ロバートの仕事も邪魔してしまう。

自由奔放すぎるジゼルに耐えかねて、一度は彼女を見捨てることにしたロバートだが、結局は彼女の面倒を見るはめに。運命の相手との幸せな結婚を疑ったことのないジゼルと、様々な恋の終わりを見続け、結婚に失敗したロバートの恋愛観は正反対。言い争いになる2人だが、ジゼルの助言を受けてロバートはナンシーとの仲直りに成功。舞踏会に行く約束を取り付ける。少しずつお互いを理解し合う中で、ジゼルはこれまでに体験したことのない複雑な気持ちをロバートに抱くように…。

一方、ナサニエルの数々の罠も空振りに終わり、無事にジゼルのもとにたどり着いたエドワード王子。ジゼルの提案で、2人は生まれて初めてのデートに出かける。しかしデートの最中も、ジゼルの心に生まれた違和感はなくならないまま。そんな思いを振り払うべく、ジゼルはエドワードを舞踏会に誘う。

その頃。ナサニエルの体たらくに業を煮やしたナリッサ女王が、NYに現れる。彼女の狙いはもちろんジゼル。NYの常識など無視した強烈な魔法の力を駆使して、女王はジゼルに近づいていく!

果たしてジゼルは女王の魔の手から逃れることができるのか? そして、彼女と“真実の愛のキス”を交わす運命の相手とはいったい…? 舞踏会の夜、思いがけない運命がジゼルを待ち受ける!

魔法にかけられて

キャスト

<ジゼル>
エイミー・アダムス(木村聡子)
<ロバート・フィリップ>
パトリック・デンプシー(根本泰彦)
<エドワード王子>
ジェームズ・マースデン(畠中洋)
<ナサニエル>
ティモシー・スポール(石住昭彦)
<ナリッサ女王>
スーザン・サランドン(萩尾みどり)
<ナンシー・トレメイン>
イディナ・メンゼル(林真里花)
<モーガン・フィリップ>
レイチェル・コヴィー(小野花梨)
<ナレーション>
ジュリー・アンドリュース(松坂慶子)

スタッフ

<監督>
ケヴィン・リマ
<脚本>
ビル・ケリー
<製作>
バリー・ジョセフソン and バリー・ソネンフェルド
<製作総指揮>
クリス・チェイス
サニル・パーカシュ
エズラ・スワードロウ
<撮影監督>
ドン・バージェス, ASC
<製作デザイン>
スチュアート・ワーツェル
<編集>
スティーヴン・A・ロッター
グレゴリー・パーラー
<衣装デザイン>
モナ・メイ
<作詞作曲>
アラン・メンケン and スティーヴン・シュワルツ
<音楽>
アラン・メンケン
<音楽監修>
ドーン・ソラー