オペラ座の怪人 金曜ロードショー特別版

オペラ座の怪人 金曜ロードショー特別版

世界中で大ヒットした“怪人”的ミュージカルが劇団四季の完全吹き替えによる「特別版」で登場

劇場の楽しさと映画の醍醐味がたっぷり!贅沢すぎる至福のひと時をご堪能あれ

オペラ座の怪人 金曜ロードショー特別版 世界中で記録的大ヒットを達成し、日本でも劇団四季が1988年の初演以来ロングランヒットを飛ばしているミュージカル「オペラ座の怪人」。生みの親であるアンドリュー・ロイド=ウェバーが制作段階から手掛けた映画版も、公開と共に大ヒット。今回は金曜ロードショーと劇団四季が強力タッグを組み日本語版を制作。オールキャスト劇団四季で贈る、金曜ロードショー特別版で放送!

19世紀のパリ。オペラ座では、華やかな舞台の裏で謎の怪人・ファントムによる奇怪な事件が相次いでいた。ある日、主演女優の降板を受け、ファントムから音楽の手ほどきを受けた美少女・クリスティーヌが代役を務めることに。時を同じくしてクリスティーヌは幼馴染みのラウルと再会し、運命的に恋に落ちる。しかし、クリスティーヌに対して複雑な愛情を抱くファントムが、それを見過ごすはずはなかった。次第にエスカレートするファントムの行動。クリスティーヌの思いは、ファントムとラウルとの間で揺れ動く。そしてファントムが脚本を手掛けたオペラの初演の夜、遂に事件が起こる!!

オペラ座の怪人 金曜ロードショー特別版 ロンドンのウエストエンドから「キャッツ」や「エビータ」など数々の傑作ミュージカルを送りだしてきたアンドリュー・ロイド=ウェバーが、製作・作曲・脚本を担当。この映画版は、住んでいる場所や金銭的な理由で劇場に足を運べないファンにも作品を楽しんでほしい、と企画されたもの。今回の「特別版」では、同様に劇場に行けないファンも多い劇団四季のキャストがこの日のために演じあげた。セリフの大部分が歌曲で構成される本作。特に、ファントムとクリスティーヌ、ラウルが別々の旋律を同時に歌うクライマックスなど、字幕だけでは歌詞の世界観が理解しきれず残念な思いをしたファンも多かったはず。だからこそ、日本語詩で作品を楽しめる機会は本当に貴重。オペラとロック的な要素が混在する楽曲を完璧に吹き替えるのは至難の業だが、劇団四季のキャストが歌うとなれば、もう贅沢以外の何物でもない!

音楽以外の面でも、映像だからこそ可能になった細やかな描写と、舞台が持つダイナミックさが見事に融合。モノクロの映像が、物語の核となるシャンデリアの登場と共に鮮やかな色彩を帯びていくオープニングから、仮面舞踏会や劇中劇のオペラなど華々しいシーンを様々な角度から見せるカメラワークまで、映画ならではの仕掛けも満載。その一方で、階段やスモークを使ったいかにも“舞台”らしいセットや、暗幕を使ってシーンをつないでいくような“劇場感”が味わえる演出も技アリだ。

悲しみを仮面に隠した怪人・ファントムを演じるのは「300<スリーハンドレッド>」などのイケメン、ジェラルド・バトラー。無垢なヒロイン・クリスティーヌには、本作を機にブレイクしたエミー・ロッサム。また、オフ・ブロードウェイで高い評価を受ける実力派、パトリック・ウィルソンがファントムの恋敵、ラウルを圧倒的な歌唱力で好演している。

自宅にいながらにして、ロンドン・ウエストエンド、ニューヨーク・ブロードウェイの舞台の華やかさと、映画の醍醐味、そして劇団四季の美しい歌声が味わえる、またとないチャンス。夢のようなひと時が、あなたを待っている。

華やかなオペラ座の闇に潜む“怪人”の正体は… 哀しく、儚く、美しい。ある愛の物語

オペラ座の怪人 金曜ロードショー特別版 1919年。廃墟となったパリ・オペラ座でオークションが開催された。出品されているのは、絢爛たる時代の思い出の品々。訳ありそうな老紳士と老婦人が、それぞれの思いを胸にその行方を見守っている。そして、今となっては伝説の“ある事件”に関わったとされる豪華なシャンデリアが、会場に現れた…。

19世紀、パリ・オペラ座。クリスティーヌ(エミー・ロッサム)は両親を亡くした後、正体不明の“音楽の天使”によってオペラを基礎から教えられてきた若きプリマだ。折しも、劇場ではオペラ「ハンニバル」のリハーサル中。主演は、才能はあるがワガママなプリマドンナ、カルロッタ(ミニー・ドライヴァー)。諸事情により引退を決意した支配人に連れられて、後任のフィルマン(シアラン・ハインズ)とアンドレ(サイモン・カロウ)、そして新しいパトロンである子爵のラウル(パトリック・ウィルソン)が劇場を訪れていた。そんな中、突然背景幕が舞台に落下、腹を立てたカルロッタは主役を降板してしまう。そこに、これまでも数々の事件を起こしてきたと言われている“怪人”ファントム(ジェラルド・バトラー)からの手紙が届く。そこには新しい支配人を歓迎する言葉とともに、脅迫めいた内容が綴られていた。

カルロッタに代わりクリスティーヌが主演を務めたその夜の公演は大成功。舞台を観たラウルは、彼女が昔一緒に遊んだ幼馴染みだったことを知り、彼女をディナーに誘う。ときめくクリスティーヌの耳に、いつもの“音楽の天使”の声が…。初めて自分の前に姿を現した“音楽の天使”=ファントムに導かれ、クリスティーヌは地下の洞窟に足を踏み入れた。

オペラ座の怪人 金曜ロードショー特別版 彼女が連れていかれたのは、ファントムの隠れ家。ファントムは、クリスティーヌを自分の音楽を体現する特別な存在として理想化していた。彼は彼女に音楽の才能を授ける代わりに、そこで一緒に暮らすよう提案。ファントムの一途な思いに打たれながらも恐怖を覚えたクリスティーヌは、彼の顔を覆っていたマスクをはぎ取ってしまう。

無事にオペラ座に戻ることができたクリスティーヌ。しかし、ファントムの行動は徐々にエスカレートし、次のオペラでクリスティーヌを主演に据えるよう要求する。それを知ったカルロッタは激怒。結局、カルロッタ主演でオペラ「イル・ムート」を上演することに。

「イル・ムート」は初演を迎えるが、要求を無視され怒ったファントムの暗躍により、舞台は大混乱。ファントムの行動を追っていた舞台係が、殺される事態にまで発展する。恐怖のあまり自分を見失いそうになるクリスティーヌを、ラウルは優しくなだめ、2人は愛を確かめ合う。

大晦日。オペラ座では仮面舞踏会が開催され、密かに婚約したクリスティーヌとラウルも一緒に参加していた。しかし、舞踏会がクライマックスを迎える中、ファントムが登場。彼は自作のオペラ「ドンファンの勝利」を次の演目にするよう命じ、クリスティーヌが自分のものであると高らかに宣言して立ち去った。ファントムを追って地下に迷い込んだラウルは、クリスティーヌの育ての母、マダム・ジリー(ミランダ・リチャードソン)に引き止められる。そして、彼女の口から知られざるファントムの過去が明かされるのだった。

ファントムの要求通り、「ドンファンの勝利」は公演に向けて動き始めた。ファントムとラウルの間で揺れ動くクリスティーヌに、決断の時が迫ってくる。クリスティーヌを手に入れるために計画を巡らせるファントムと、彼女を守ろうと戦うラウルの愛の行方は…。様々な思惑をはらみながら、遂に初演の夜がやってきた!

オペラ座の怪人 金曜ロードショー特別版

キャスト

<ファントム>
ジェラルド・バトラー(高井治)
<クリスティーヌ>
エミー・ロッサム(沼尾みゆき)
<ラウル>
パトリック・ウィルソン(佐野正幸)
<マダム・ジリー>
ミランダ・リチャードソン(横山幸江)
<カルロッタ>
ミニー・ドライヴァー
(歌:種子島美樹/台詞:中野今日子)
<フィルマン>
シアラン・ハインズ(青木朗)
<アンドレ>
サイモン・カロウ(林和男)
<メグ・ジリー>
ジェニファー・エリソン(五所真理子)

スタッフ

<原作>
ガストン・ルルー「オペラ座の怪人」
<製作・作曲・脚本>
アンドリュー・ロイド=ウェバー
<監督・脚本>
ジョエル・シュマッカー
<脚本>
アンドリュー・ロイド=ウェバー
ジョエル・シュマッカー
<製作総指揮>
ポール・ヒッチコック
オースティン・ショウ
<美術>
アンソニー・プラット
<共同製作>
エリ・リッチバーグ
<撮影>
ジョン・マシソン
<キャスティング・ディレクター>
デビッド・グリンドロッドC.D.G.
<音楽共同製作>
ナイジェル・ライト
<音楽スーパーバイザー・指揮>
サイモン・リー
<振付>
ピーター・ダーリング
<衣装>
アレキサンドラ・バーン
<編集>
テリー・ロウリングA.C.E.
<ヘア・メイク>
ジェニー・シャーコア