ごくせん THE MOVIE

ごくせん THE MOVIE

イケメンだらけの伝説の卒業生が大集合!!スカッと爽快で心が温まる「ごくせん」の集大成

権力にも暴力にも逃げることなく立ち向かう仲間由紀恵演じるヤンクミの勇姿に、アッパレ!!

ごくせん THE MOVIE ダサいジャージにメガネ&オサゲ姿の冴えない高校教師が、愛する教え子を守るため、世間に向かって啖呵を切りまくる! 任侠一家の娘でもある熱血教師・山口久美子、通称“ヤンクミ”を仲間由紀恵が熱演し、大ヒットとなったドラマシリーズ「ごくせん」。2002年に放送を開始した連続ドラマは2008年までにシリーズ3作を数え、そのストレートなメッセージとコミカルな演出で、世代を超えた層から支持を受けてきた。第3シリーズの流れを受けたこの劇場版は、「ごくせん」シリーズ全体の完結編。ヤンクミが愛してやまない現役の生徒たちと伝説の卒業生たちが入り乱れて、「ごくせん」史上最高の大団円に向けて突っ走る!

物語は、卒業生の小田切(亀梨和也)が教育実習生として久美子(仲間由紀恵)の勤める赤銅学院高校にやってくるところから始まる。久美子が担当している新3Dは相変わらずひねくれ者が揃い、彼らを前にした小田切は思わず苦笑。そんな3Dの生徒と暴走族の間にトラブルが発生。そして春に卒業したばかりの風間(三浦春馬)も、思いがけない事件に巻き込まれていた。大切な生徒を守るため、久美子は身の危険も顧みずに教室を飛び出すのだが…。

曲がったことが大嫌いで、どんな小さな悪に対しても正々堂々、相手の目を真っすぐ見すえて啖呵を切るヤンクミ(少々言葉づかいは古臭いが…)。仲間由紀恵の堂に入った“極道”っぷりが痛快&爽快。相手が鉄パイプだろうが飛び道具だろうが、「ケンカは素手でやるもの」と丸腰で立ち向かうヤンクミの、迫力の立ち回りもダイナミックに魅せまくる! 一方で、妄想モード全開で自分の世界に入ってしまう乙女な久美子の、コミカルな表情も秀逸。緩急取りそろえた、まさに堂々とした座長ぶりで物語を引っ張っていく。

ごくせん THE MOVIE シリーズを通してネクスト・ブレイクが期待される若手俳優を続々輩出してきた点も「ごくせん」の魅力。本作はその集大成にふさわしく、イケメン揃いの卒業生がどどーんと勢ぞろい! 教育実習生としてヤンクミの元に戻ってくる亀梨和也(第2シリーズ)をはじめ、卒業したばかりの第3シリーズからは?木雄也、三浦春馬、石黒英雄ら、お馴染みの面々が集結。そして第1シリーズの小栗旬や成宮寛貴、第2シリーズの小池徹平や小出恵介、速水もこみちらがサプライズで登場。ダメダメ高校生だった彼らが、ヤンクミとの出会いを経てどんな大人に成長したのかが随所で描かれ、ファンを喜ばせるだけでなく、物語的にも広がりを見せている。

そして新3Dのメンバーには、ジャニーズJr.の玉森裕太をはじめ、賀来賢人、入江甚儀、森崎ウィン、落合扶樹といった今後の活躍に期待したいフレッシュなメンバーが参加。また、惚れっぽいヤンクミの瞳を一瞬にしてハートマークにしてしまう、IT企業社長役を演じる沢村一樹の大人の魅力にもウットリだ。

シリーズ1作目からヤンクミの天敵である猿渡(本作では遂に教頭から校長に昇格!)を演じる生瀬勝久や、ヤンクミの祖父・龍一郎役の宇津井健ら大江戸一家のレギュラー陣も健在。お約束のやり取りで笑わせてくれる。

一本スジが通った生き方と立ち姿がムチャクチャかっこいいヤンクミと、可愛らしい生徒たちのやり取りを見られるのも、本当にこれが最後。でも、今日もどこかで彼女は教え子たちのために戦い続けているはず。そう信じながら、心ゆくまでヤンクミの勇姿を目に焼きつけたい。

3Dの生徒にトラブル発生! そして卒業生も…!!大切な生徒を守るため、ヤンクミの最後の戦いが始まる

ごくせん THE MOVIE “ヤンクミ”こと山口久美子(仲間由紀恵)は赤銅学院高校の教師。ジャージ姿にメガネという、およそ色気とは縁のないルックスと、今どき暑苦しすぎるほど真っすぐな熱血ぶりがトレードマークだ。実は彼女は、泣く子も黙る任侠集団“大江戸一家”の一人娘。常に弱者の味方であり続ける祖父の龍一郎(宇津井健)に育てられたお陰で、正義感は人一倍強く、ドスのきいた見得の切り方も超一流。海外旅行の帰り道に飛行機がハイジャックされても、超コワモテの犯人をアッサリ負かしてしまうほどの、腕っ節の強さも持ち合わせている。その一方で、新進気鋭のIT会社社長・黒瀬(沢村一樹)のイケメンぶりを見るや、速攻でラブラブ光線を出しまくってしまうような、ドンくささと惚れっぽさが玉に疵だ。

久美子が新しく担任を持つことになった3Dは、春に卒業した生徒たちと対立していた2Dの生徒たちが勢ぞろい。リーダー格の高杉(玉森裕太)を中心に、一筋縄ではいかない面々が顔を揃えていたが、久美子はいつも通り彼らに正面からぶつかり、心を開こうと奮闘していた。そんな中、赤銅学院に教育実習生がやってくる。その実習生とは、黒銀学院時代の久美子の教え子・小田切(亀梨和也)。思いがけない再会に久美子は感激するが、小田切は悩みを抱えている様子だ。彼は大学に進学したものの、自分に自信が持てず、教師になるべきかどうか決めかねていたのだ。

ある日、クラスメイトがチンピラに絡まれているのを見て、思わずケンカをしてしまった高杉。実はそのチンピラは暴走族の仲間で、翌日、何十台ものバイクが仕返しのために学校に乗り込んでくる。普段の素行の悪さを理由に、高杉たちに責任があると決めつける猿渡校長(生瀬勝久)。しかし久美子は、相手が暴走族だとは知らなかったという生徒たちの主張を支持。それを知った高杉は、学院と久美子に迷惑をかけないためにと、単身、暴走族のもとへ乗り込んでいく。咄嗟に高杉の後を追う久美子。そんな久美子の熱い姿に、小田切は自分が高校生だった時代の気持ちを思い出す。

ごくせん THE MOVIE 一方、春に卒業したばかりの緒方(?木雄也)ら卒業生たちは、それぞれ新しい生活を送っていた。熊井(脇知弘)のラーメン店で彼らと再会した久美子は、教え子たちの成長に喜びを隠せない。そんな中、卒業生の風間(三浦春馬)を訪ねて、学院に刑事がやってくる。覚せい剤の取り引き現場に、風間の財布が落ちていたというのだ。風間がそんな悪事に手を染めるはずはないと久美子は言い張るが、現に風間は行方をくらませているという。面倒なことと関わり合いにならないため、風間は学院とは関係ないと突き放す猿渡。しかし、やはり久美子は教え子のために、と風間を探しに出かける。

緒方たち元3Dの仲間たちも風間の捜索を開始。その頃逃げ場を失った風間は、3Dの教室に身を隠していた。そこに居合わせた小田切に諭されて、風間は久美子に本当のことを話すことにする。アルバイトをしないかと誘われ、何も知らずに取り引き現場まで段ボールを運んだ風間。しかし現場で中身が覚せい剤だと知ってしまい、密売組織から狙われることになったという。自分の家に風間を匿うことにする久美子。そして、大江戸一家の調べで、その覚せい剤密売には驚くべき黒幕がいることが判明する…!

教え子のピンチを救うため、単身、密売組織に乗り込もうとする久美子。そんな彼女を守ろうとする小田切。一方、元3Dのメンバーたちも、自らの手で風間の汚名を晴らそうと行動を起こしていた。久美子は、愛する教え子を守ることができるのか? 彼女の最後にして最大の戦いの結末に待っているのは…?

ごくせん THE MOVIE

キャスト

<山口久美子>
仲間由紀恵
<小田切竜>
亀梨和也
<猿渡五郎>
生瀬勝久
<緒方大和>
?木雄也
<風間廉>
三浦春馬
<本城健吾>
石黒英雄
<市村力哉>
中間淳太
<倉木悟>
桐山照史
<神谷俊輔>
三浦翔平
<高杉怜太>
玉森裕太
<望月純平>
賀来賢人
<松下直也>
入江甚儀
<五十嵐真>
森崎ウィン
<武藤一輝>
落合扶樹
<鷹野葵>
平山あや
<鮎川さくら>
星野亜希
<馬場正義>
東幹久
<牛島豊作>
佐藤二朗
<鳩山康彦>
魁三太郎
<鶴岡圭介>
石井康太
<赤木遼子>
江波杏子
<黒瀬健太郎>
沢村一樹
<寺田雅也>
袴田吉彦
<鮫島剛>
竹内力
<熊井輝夫>
脇知弘
<熊井亜美>
石原あつ美
<朝倉てつ>
金子賢
<若松弘三>
阿南健治
<達川ミノル>
内山信二
<菅原誠>
両國宏
<黒田龍一郎>
宇津井健

スタッフ

<原作>
森本梢子 「ごくせん」
(集英社YOUコミックス)
<脚本>
江頭美智留、松田裕子
<音楽>
大島ミチル
<主題歌>
Aqua Timez(EPICレコード)
<プロデュース>
加藤正俊
<監督>
佐藤東弥