インビジブル2

インビジブル2

敵は姿の見えない殺人鬼、そして軍の陰謀…あなたはこのプレッシャーに耐えられるか!?

芝生のへこみ、きしむ床、揺れるカーテン 透明人間を“見せる”ための数々のアイディア

インビジブル2 透明人間がある研究所を舞台に巻き起こす怖ろしい殺人事件を描いた、ポール・バーホーベン監督による大ヒットサスペンス「インビジブル」。その続編「インビジブル2」では、透明人間が街へ飛び出し、自らの命を守るために殺人を繰り返す。姿の見えない恐怖に一人の刑事が立ち向かう…。スリルとサスペンスに満ちた戦慄のホラーが登場だ。

軍が極秘に開発した人体を透明にする薬。その薬を実験的に投与された元特殊部隊の兵士が、ある極秘任務のため社会に紛れ込んで生活していた。しかし、薬の副作用によってこのままでは命が危ないと知った男は、副作用を抑える緩和剤を求めて次々に人を殺害していく。次のターゲットは、緩和剤を開発した研究者・マギー。彼女の警護をすることになった刑事・フランクが、事件解決のため見えない敵に戦いを挑む!

誰の目にも見えない透明人間の殺人鬼・グリフィン。その存在を「見せる」ために様々な工夫がはりめぐらされている。グリフィンの足取りを芝生のへこみや絨毯の小さな動きで見せたり、暗視カメラに一瞬人影が映ったり。揺れ動くカーテンや、気配に怯える猫、地面に点々と続く水滴など。どこにいるかはわからないけれど、確実にグリフィンが「そこにいる」ことを巧みに表現する演出は、リアルだったら耐えられない怖さ。特に夜の街中に逃げ込んだフランクとマギーを追って、グリフィンが通行人を次々にはね飛ばしていくシーンは圧巻の迫力だ。

インビジブル2 そんなバトルシーンにも、透明人間ならではのユニークな手法が取られた。例えば透明人間に人が突き飛ばされるシーン。通常、グリーンの全身タイツに身を包んだスタントマンが俳優を突き飛ばして、後からCGでスタントマンを消す方法が取られるのだが、それでは俳優に透明人間が「どこにいる」かが分かってしまう。そのため、現場では長いポールを使って、遠方から俳優を突き飛ばしたり引っかけたりして、思わぬ方向からの重力にバランスを崩した瞬間のリアクションを自然に引き出しているのだ。

運命に翻弄される哀しき透明人間・グリフィンを演じたのは、「ロビン・フッド」や「トゥルー・ロマンス」などのクリスチャン・スレーター。ほぼ姿が見えない役柄ながら、声とシルエットで復讐に駆られた男の狂気を熱演。ほか、刑事のフランク役で「トワイライト」シリーズで新たな魅力を開花したピーター・ファシネリ、マギー役でテレビドラマを中心に活躍するローラ・レーガンが出演している。

監督はVFXを使った冒険サスペンスには定評のあるクラウディオ・ファエ。「インビジブル」の生みの親、ポール・バーホーベンが製作総指揮を手掛けている。

次にどこで何が起こるのか予測不能の、手に汗握る展開にハラハラドキドキ。そして殺意に満ちた透明人間と同じくらい怖ろしい、軍の陰謀が明らかになって…! 今夜、その見えない敵から、目を離すな!!

殺人鬼と化した透明人間の次の標的は…相棒を殺された刑事が敵に立ち向かう!

インビジブル2 あるパーティで、国防総省と強力なパイプを持つライズナー研究所に所属する博士が殺害された。彼は何者かの“姿”に怯え、パーティ会場を飛び出した挙句、自らの携帯電話のパーツで首を切られたのだ。現場にかけつけたシアトル警察のフランク・ターナー(ピーター・ファシネリ)とリサ・マルティネス(サラ・ディーキンス)は、大量の返り血を浴びたはずの犯人を目撃した人間がいないことに疑問を抱く。そこに研究所の所長であるライズナー博士(デヴィッド・マキルレース)と国防総省のビショップ大佐(ウィリアム・マクドナルド)が現れ、フランクたちは強制的に現場から追い出されてしまった。上司からも捜査を諦めるよう命令されたフランクは、犯人が次に狙うと思われる女性・マギー・ダルトン博士(ローラ・レーガン)の警護にあたることに。

半年前に研究所を辞めたマギーだが、研究内容については固く口を閉ざしていた。仕方なく表で張り込みを始めるフランクとリサ。その夜、彼女の周囲にあやしい人影が…。その影の存在に気付きマギーを守ろうとしたリサが、何者かの攻撃により死亡。しかもそこに突然特殊部隊が現れ、マギーの部屋を銃撃しはじめる。彼らは軍隊から、犯人をおびき寄せるためのおとりに使われていたのだ。咄嗟にマギーを連れて逃げだすフランク。彼は姿の見えない犯人とマギーが口論しているのを耳にし、彼女が何かを隠していることを確信していた。

マギーを連れて署に向かったフランクは、上司から彼女を軍に引き渡すよう命じられる。このままでは事件の真相は闇に葬られてしまう。事件解決のため警察を抜け出すフランクとマギー。警察からも軍からも追われるハメになったマギーは、フランクにすべてを話すことに。

インビジブル2 国防のために究極の兵器=見えない兵士を作ることになったライズナー研究所。研究所は人間の透明化には成功したのだが、薬には死に至る副作用があった。マギーはその副作用を抑える緩和剤の研究に成功。実験台にされた元特殊部隊のマイケル・グリフィン(クリスチャン・スレーター)は、その緩和剤を手に入れるためにマギーを狙っているのだ。

グリフィンに何故緩和剤が投与されなかったのか…軍による巨大な陰謀の影が見え隠れしはじめる。その頃、グリフィンはビショップ大佐の前に現れていた。大佐は軍に戻れば緩和剤を投与するとグリフィンに約束するが、大佐のウソを見抜いたグリフィンは、躊躇なく彼を殺害。そしてそこで手に入れたマギーの住所へと足を向ける。

一方、マギーの携帯に送られてきた謎のメールの正体を知るために、そのメールが指定する場所へ向かったフランクとマギー。2人をそこで待っていたのは、ティモシー・ローレンツ(ダーシー・ローリー)。軍の手によって透明人間にされた彼は、副作用に冒され、死を待つのみとなっていた。彼の口から語られたのは、軍の恐るべき陰謀。透明人間化された兵士は、軍の政敵を人知れず闇に葬るための暗殺者として使われていたのだ。その事実が明らかになれば、国を揺るがす大騒動になる!

そんな中、グリフィンがマギーに接触。彼はマギーの妹・ヘザーを人質に取り、マギーをおびき寄せたのだ。そして警察と特殊部隊も、フランクと、そしてグリフィンを確保するため現場に現れる。

グリフィンにマギーを奪われた上、特殊部隊に包囲され逃げ場を失ったフランク。彼は誰もが思いもしない方法で反撃を開始するのだが…! 彼は自らの命と、マギーの命を救うことができるのか!?

インビジブル2

キャスト

<マイケル・グリフィン>
クリスチャン・スレーター(吉見一豊)
<フランク・ターナー捜査官>
ピーター・ファシネリ(小森創介)
<マギー・ダルトン博士>
ローラ・レーガン(岡本麻弥)
<ウィリアム・ライズナー博士>
デヴィッド・マキルレース(谷口節)
<ガヴィン・ビショップ大佐>
ウィリアム・マクドナルド(島香裕)
<リサ・マルティネス捜査官>
サラ・ディーキンス(浅野まゆみ)
<ヘザー・ダルトン>
ジェシカ・ハーモン(宇乃音亜季)
<デヴィン・ヴィリアーズ>
ジョン・ショウ(宇垣秀成)
<ティモシー・ローレンツ>
ダーシー・ローリー(飛田展男)

スタッフ

<監督>
クラウディオ・ファエ
<脚本>
ジョエル・ソワソン
<撮影監督>
ピーター・ウンストーフ
<編集>
ネイサン・イースタリング
<音楽>
マーカス・トランプ
<製作総指揮>
ルーシー・フィッシャー
レイチェル・シェーン
ポール・バーホーベン
<製作>
デヴィッド・ランカスター
ヴィッキー・ソーサラン
ダグラス・ウィック