GANTZ PERFECT ANSWER

GANTZ PERFECT ANSWER

劇場公開版にスペシャル映像を加えた今夜しか見られないオリジナル版が登場

刀を駆使したスピーディーな肉弾戦と重厚な人間ドラマが見ごたえ抜群!

GANTZ PERFECT ANSWER 二宮和也×松山ケンイチ。破格のスケールで実写映画化された、奥浩哉原作の「GANTZ」。劇場版後編となる「GANTZ PERFECT ANSWER」は、原作の世界観を大切にしつつ、映画オリジナルの「完璧な答え」を用意した意欲作。今回は、劇場公開バージョンに未公開シーンをプラス。また、昨年の「金曜ロードショー」で放送した玄野と加藤以外のメンバーの日常を描いた「Another GANTZ」の映像も再編集した、今日、ここでしか見られないオリジナルバージョン。劇場公開時とは違ったGANTZワールドが、あなたを待っている!

なおここから先は、20日に放送の「GANTZ」のエンディングに触れていますので、結末を知りたくない方は、放送をご覧になってからお読みください。

加藤を失ったおこりんぼう星人との戦いから5カ月。100てんを獲得して加藤をよみがえらせようと奮闘中の玄野の前に、死んだはずの加藤が現れる。同じ頃、トップモデル・鮎川は小さなガンツ球=ガンツボールに命じられるままに、ガンツのもとに送る人間を殺し続けていた。加藤はどうやって生き返ったのか? ガンツボールとは一体? ガンツボールを付け狙う黒服たちと、事件の謎を追う男・重田の正体とは? 物語はより一層謎を深めながら、衝撃の結末に向けて一気呵成に転がっていく。

GANTZ PERFECT ANSWER 全編に渡って繰り広げられるバトルシーンは大迫力。特に疾走する地下鉄の中で繰り広げられる生身のアクションはハリウッドもビックリのクオリティ。表情ひとつ変えずに玄野たちを追いつめる不死身の黒服星人の不気味さが、ドキドキの展開に拍車をかけている。天才的なアクションのセンスを持つ二宮和也と、「カムイ外伝」で本格的な殺陣を習得した松山ケンイチのワイヤーアクションを駆使した一騎打ちも、見ごたえ満点だ。その後に訪れる衝撃の“三つ巴”の戦いからも、目が離せない!

そして、前編に比べて格段に重みを増した人間ドラマにも注目。最も観る者の心に染み込むのが、二宮演じる玄野と吉高由里子演じる多恵との、小さな恋の物語だ。不器用ながらも少しずつ玄野との距離を縮めていた多恵は、ようやく幸せを掴もうとした瞬間、突然ガンツによって次のターゲットに選ばれてしまう。自らの運命を投げ打って彼女を守ろうとする玄野。そして自分を殺せば玄野が元の世界で生きていけるという事実を知ってしまう多恵。自分のことより相手を優先しようとする2人のひたむきさが、ダークでハードな物語に一条の光となって射しこんでいる。そしてそんな2人を守ろうとする田口トモロヲ演じる鈴木と玄野の仲間としての絆。松山演じる加藤と弟との家族愛。幼馴染みの玄野と加藤の熱い友情。人間同士のつながりの尊さが、激しい闘いの中でくっきりと浮かび上がってくるのだ。

目には目を、歯には歯を…と果てしなく続いていく復讐劇を終わらせるために、玄野と加藤が導き出す「完璧な答え」とは? 感動の大団円まで一瞬たりとも目が離せない、超絶エンターテインメントをとくとご覧あれ!!

死んだはずの加藤がなぜか復活!? そして次のターゲットは衝撃の人物!!

GANTZ PERFECT ANSWER 加藤(松山ケンイチ)が亡くなった東京国立博物館の事件から5カ月が経過。玄野(二宮和也)は、加藤の弟・歩(千阪健介)の面倒を見ながらアルバイトに精を出す毎日。同級生の多恵(吉高由里子)との距離も少しずつ縮まっていき、彼の生活は格段に充実したものになっていた。ガンツの世界でも玄野はなるべく仲間を犠牲にしない戦い方を身につけ、チームの面々の命を守りながら加藤の復活に向けて着々と点数を重ねていた。

一方、トップモデルで女優の鮎川(伊藤歩)は、小さなガンツの球体・ガンツボールから半催眠状態にかけられていた。彼女は自分ではそうと意識しないままに、ガンツボールが命じた人物を殺し、ガンツの元へと送っていたのだ。ガンツにまつわる謎を追う重田(山田孝之)は、鮎川の不審な行動に気付き、彼女をマーク。その一方で、重田は死んだはずなのに生き返った人間の情報をネタに、壹(綾野剛)率いる黒服軍団に接近しようとしていた。

ある日、玄野が自宅に帰ると、そこには加藤の姿が。以前と違った様子の加藤はガンツを終わらせたいと呟いて、自宅へ帰っていく。衝撃を受けた玄野はガンツの死者のリストを呼び出すが、加藤はリストから消えたわけではなかった。困惑を隠せないまま、玄野は次のターゲットである黒服星人と戦うために、いつものように転送されていった。

戦いの舞台は、地下鉄の車内。普通の客も乗車している状況にガンツの異常を感じ取り、一同に緊張が走る。その電車には、ガンツボールの指令を受けて多恵を狙っている鮎川と、鮎川を追う黒服、そして重田も乗車していた。そして玄野たちが乗っていることに気付いた黒服が突然発砲。一般客が次々と犠牲になる中、激しい戦闘が始まった。煙のような身体を持ち、自在に刀を作り出すことのできる黒服たちに、一同は苦戦。しかも電車に多恵が乗っていることに気付いた玄野は彼女を救おうとするが、そこに多恵を狙って壹も現れる。玄野はすんでのところで壹を倒すことに成功。壹は死ぬ間際、戦いを先に仕掛けたのはガンツの方で自分たちは仲間を倒された復讐をしているだけだと、千手観音と同じことを口にする。

GANTZ PERFECT ANSWER ようやく電車が駅に到着。混乱する現場を去った鮎川は、ガンツにまつわる記憶をよみがえらせようとしていた。しかし、そこに現れた加藤が彼女を殺害。鮎川もガンツのもとに送られることに。実は鮎川と、彼女の手でガンツの元に送られたメンバーは、2年前にガンツの世界で100てんを獲得し、現実世界に戻った「卒業生」だった。ガンツの100てんめにゅ〜が現実味を帯びる中、100てんを獲得した鈴木(田口トモロヲ)は加藤を生き返らせる。目の前にいる加藤は「本物」だと確信する玄野。では、現実世界に潜り込んでいる加藤は一体誰なのか?

自分の獲得した100てんで西を生き返らせた玄野は、今度こそ全員で元の世界に戻る決意を新たにする。そんな中、ガンツから緊急ミッションが下される。ターゲットは、なんと、多恵。彼女を倒せば、一気に100てん獲得できるというのだ。多恵は星人でもなんでもないとメンバーを説得しようとする玄野だが、ガンツの命令は絶対だと聞く耳を持たない一同。転送された玄野は多恵を連れて逃げようとするが、2人を偽物の加藤=加藤星人が追ってくる。

加藤星人と仲間たちから追われる身となった玄野。同じ頃、自宅に戻った加藤は、変わり果てた姿の弟と対面していた。これが星人たちを殺した報いなのか。加藤は復讐を果たすため、そして親友である玄野を助けるために、加藤星人のもとへ向かうことに!

玄野は迫りくる敵と仲間たちから、愛する多恵を守ることができるのか? 加藤の戦いの果てに待つものは? 復讐が復讐を呼ぶ、哀しき連鎖に終わりはあるのか?

GANTZ PERFECT ANSWER

キャスト

<玄野計>
二宮和也
<加藤勝>
松山ケンイチ
<小島多恵>
吉高由里子
<西丈一郎>
本郷奏多
<岸本恵>
夏菜
<鮎川映莉子>
伊藤歩
<黒服・壹>
綾野剛
<鈴木良一>
田口トモロヲ
<重田正光>
山田孝之

スタッフ

<原作>
奥浩哉「GANTZ」
(集英社/週刊ヤングジャンプ連載)
<監督>
佐藤信介
<脚本>
渡辺雄介
<音楽>
川井憲次
<企画プロデュース>
佐藤貴博
<製作指揮>
宮崎洋
<製作>
大山昌作
鳥嶋和彦
島谷能成
藤島ジュリーK.
堀義貴
平井文宏
村上博保
大橋善光
鳥羽乾二郎
<エグゼクティブプロデューサー>
奥田誠治
<シニアプロデューサー>
菅沼直樹
<プロデューサー>
田中正
飯塚信弘
<ラインプロデューサー>
毛利達也
<撮影監督>
河津太郎
<美術監督>
原田恭明
<録音>
横野一氏工
<編集>
今井剛
<装飾>
畠一朗
<衣装>
宮本まさ江
<ヘアメイク>
本田真理子
<スクリプター>
田口良子
<特撮監督>
神谷誠
<アクション監督>
下村勇二
<CGプロデューサー>
豊嶋勇作
<CGディレクター>
土井淳
<VFXスーパーバイザー>
前川英章
<特殊造型プロデューサー>
蟻川昌宏