香港国際警察/NEW POLICE STORY

香港国際警察/NEW POLICE STORY

よりパワフルに!よりドラマティックに!!  あの「ポリス・ストーリー」が新しく生まれ変わる

ジャッキー・チェンが香港狭しと大疾走!超絶アクションと切ないドラマに興奮&感涙

香港国際警察/NEW POLICE STORY 1985年に公開された、ジャッキー・チェン監督・主演作にして彼自身が最高傑作だと語る「ポリス・ストーリー/香港国際警察」。香港映画好きにとって金字塔のように輝き続ける名作が、ジャッキー本人の手で完全リメイク。ジャッキー扮するチャン刑事も警部に昇格。年齢とともに守るべきものも増えたチャンが、香港史上最も極悪非道な犯罪集団に立ち向かう!

若者の集団が起こした銀行強盗事件の捜査を担当することになったチャン警部。部下とともに犯人のアジトに乗り込むが、彼らの罠にハマり、部下を全員殺されてしまう。その事件をきっかけに酒浸りになり、捜査の前線から離れていたチャンの前に若い警官・シウホンが現れた。シウホンから無理やり現場に連れ戻され、チャンは再び強盗事件の犯人を追うことになるが…。

ハリウッドに進出したジャッキー・チェンの、記念すべき“香港復帰第一作”。オープニング、テレビカメラの影から突然現れ、華麗にアクションを決めるチャン警部ことジャッキー。その後、ちょっと熱すぎる男として部下からも同僚からも好かれている彼の日常が描写されるくだりを観ていると、ジャッキーお得意のライトなコメディを予想してしまうが、さにあらず。物語は一気に本格ハードボイルド・アクションへと展開していく。照明を可能な限り抑えた中に浮かび上がるのは、苦労知らずの若者たちが仕掛けた非情な罠に苦しむチャンの姿。ゲーム感覚で犯罪を繰り返し、仲間さえも躊躇なく殺す犯人の心の闇は深く、次々に襲いかかる試練に立ち向かっていくチャンの姿は見ていて胸が痛くなるほど。部下を奪われ恋人を盾に取られるという切ない展開に、年齢を重ねたジャッキーの深みのある演技を堪能できる。

香港国際警察/NEW POLICE STORY ドラマを盛り上げるアクションシーンも、もちろん華麗でダイナミック。高層ビルの壁を自転車や手錠を駆使してロープ一本で駆け下りるシーンから、クライマックスの香港コンベンションセンターでのガンアクション&生身のカンフーファイトまで、息をつく暇もない。中でもハラハラさせられるのが、運転手を失った二階建てバスが香港市街をド派手に破壊しまくるシーン。バスの屋上に飛び乗るジャッキーの身軽さはオリジナルの「ポリス・ストーリー/香港国際警察」を思わせるし、爆走するバスを様々な角度からとらえるカメラワークもさすがの迫力。他にも「酔拳」を彷彿とさせる泥酔状態での捕り物や、バーの回転イスを使ったファイトシーンなど、ジャッキーらしい軽快なアクションも全開だ。

共演陣も香港映画界を担う若手が集結した。“僕のヒーロー”とチャン警部を慕う相棒・シウホンには歌手としても活躍し、2011年公開の「新少林寺/SHAOLIN」でもジャッキーと共演したイケメン、ニコラス・ツェー。犯罪集団のリーダー・ジョーには、“ジャッキーの秘蔵ッ子”ことダニエル・ウー。ほか、実業家としての顔も持つチャーリー・ヤンがチャン警部の婚約者を大人の魅力で好演。また、ジャッキーがプロデュースした映画「ツインズ・エフェクト」に主演したTWINSのシャーリーン・チョイらフレッシュな面々からも目が離せない。

円熟味を増したジャッキーのアクションと手に汗握るスリリングなサスペンスが展開する娯楽作。ジャッキーファンの男性はもちろん、涙なしでは見られない愛と友情の物語は、女性にこそオススメしたい。

敵はゲーム感覚で人の命を奪う非情な若者たち チャン警部と若き相棒の死闘が幕を開ける!

香港国際警察/NEW POLICE STORY チャン警部(ジャッキー・チェン)は、香港で一番の検挙率を誇る刑事。少々熱血すぎるきらいはあるが同僚や部下からの信頼もあつく、鋭い判断力と行動力で難事件を解決してきた。

ある日、色鮮やかな仮面を身に付けた若者の集団がアジア銀行を襲った。彼らは金を奪うと自ら警察に通報、駆けつけた警官たちを次々に返り討ちに遭わせる。犯人たちのアジトを特定したチャン警部は、「3時間で事件を解決する」と豪語。自らが手塩にかけて育てた部下を引き連れて、アジトに潜入することに。その中にはチャンと婚約中のホーイー(チャーリー・ヤン)の弟の姿もあった。一見警備が手薄に見えたアジトの内部は迷路のように入り組んでいて、チャンと部下たちは次第に散り散りになり…。

準備万端でチャンたちを待ち受けていた犯人の罠にかかり、チャンの部下は全員死亡。仕掛けられた爆弾によりアジトは大爆発を起こし、チャンも間一髪で逃げ延びる。目の前で部下を失ったチャンの絶望は深く、彼はいつしか酒に溺れ、警察からも足が遠ざかるようになっていた。

1年後。酔っ払って路地に倒れこんでいるチャンの前に、“巡査1667”と名乗る若い男・シウホン(ニコラス・ツェー)が現れる。チャンと組んで1年前の強盗事件を解決するよう命令されたというシウホンは、あの手この手でチャンを捜査の前線に引き戻そうとする。度々襲いかかる事件のフラッシュバックに苦しむチャンを、明るく支えようとするシウホン。しかしそのシウホンにも、チャンには言えない秘密がある様子だ。

香港国際警察/NEW POLICE STORY 一方、アジア銀行を襲ったジョー(ダニエル・ウー)が率いる5人組は、新たな計画に着手。警察に個人的な恨みを抱いているジョーは、ゲーム感覚で犯罪を繰り返すだけにとどまらず、チャンの部下を殺害した事件を実際にゲームに作り変えてオンラインで公表していたのだ。あまりの非道なやり口に、チャンは彼らを逮捕するために決意を新たにする。

銀行強盗事件当日のビデオを解析していた警官ササ(シャーリーン・チョイ)は、事件の後に警官を辞めたチャンの親友、サム(デイヴ・ウォン)が犯人と接触している可能性を指摘。早速サムから犯人への手がかりを聞き出したチャンとシウホンは、犯人がいると思われるX−ゲームのリンクがあるビルの屋上へ。犯人のうちの一人を特定し、徐々に距離を縮めて行くチャン。しかしそこに他の警官たちが現れ、銃撃戦が勃発。チャンとシウホンは逃走する犯人たちを追ってビルからダイブする!

必死の追跡も実らず犯人に逃げられてしまうチャン。しかしシウホンはササの協力のもと、彼らの素性を突き止めていた。彼らは弁護士や会社社長などセレブの子供たちで、しかもリーダーのジョーの父親は警察官だという。

そんな中、チャンの元にジョーから新たな挑戦状が送られてくる。混乱に乗じて、ジョーは次の“ゲーム”を始動していたのだ。彼がターゲットに選んだのは、チャンの婚約者・ホーイー。ジョーはホーイーを巧みに香港警察におびき出し、複雑な仕掛けの時限爆弾を彼女に装着する。それを知ったチャンは香港警察に駆けつけるのだが…!

明らかになるシウホンの意外な正体。そして犯人の次なるターゲットも判明。再び絶望のどん底に落とされたチャンは、ジョーたち犯人一味に最後の罠を仕掛けることに…。舞台は香港コンベンションセンター。互いの誇りを賭けた、チャンと史上最凶の犯罪集団の戦いの結末やいかに!?

香港国際警察/NEW POLICE STORY

キャスト

<チャン警部>
ジャッキー・チェン(石丸博也)
<シウホン>
ニコラス・ツェー(浪川大輔)
<ホーイー>
チャーリー・ヤン(日野由利加)
<ササ>
シャーリーン・チョイ(佐々木亜紀)
<ジョー>
ダニエル・ウー(三木眞一郎)
<サム刑事>
デイヴ・ウォン(家中宏)
<ティンティン>
アンディ・オン(伊藤健太郎)
<ファイアー>
テレンス・イン(平川大輔)
<マックス>
ヒロ・ハヤマ(内田夕夜)
<スー>
ココ・チャン(本田貴子)
<ロッキー>
ディープ・ン
<クワン警部>
ユー・ロングァン(小山力也)
<シウホンの父>
ウー・バイ(相沢正輝)
<タイ署長>
リウ・カイチー(石井隆夫)
<グリーン・ヘア&レッド・ヘア>
Boy’z(グリーン・ヘア=小野大輔、レッド・ヘア=藤井啓輔)

スタッフ

<製作総指揮>
ジャッキー・チェン
アルバート・イェン
ウィーリー・チャン
ヤン・ブー・チン
<製作>
ウィーリー・チャン
ソロン・ソー
バービー・タン
<製作/監督>
ベニー・チャン
<脚本>
アラン・ユン
<プロダクション・マネージャー>
ウェンディ・ウォン
チュー・マン
<美術>
ウォン・チン・チン
チョー・スン・ポン
オリバー・ウォン
<イメージ・コンサルタント>
ブルース・ユー
<音楽>
トミー・ワイ
<撮影>
アンソニー・プン(H.K.S.C.)
<編集>
ヤウ・チー・ワイ(H.K.S.C.)
<アクション監督>
ジャッキー・チェン
<アクション設計>
リー・チャン・チー
ジャッキー・チェン・スタント・チーム