カイジ2〜人生奪回ゲーム〜

カイジ2〜人生奪回ゲーム〜

一体、誰が味方で誰が敵なのか!?究極の心理戦が展開するシリーズ第2作

悪魔的な面白さのオリジナルゲームと原作ファン待望の「沼」が登場!!

カイジ2〜人生奪回ゲーム〜 2009年に公開されるやいなや大ヒットを飛ばし、すかさず続編の制作が決定した「カイジ〜人生逆転ゲーム〜」。今回テレビ初登場となる「カイジ2〜人生奪回ゲーム〜」では、藤原竜也演じるカイジが、自らの、そしてすべての負け犬たちの人生を“奪回”するために、伊勢谷友介演じるカジノオーナー・一条と、彼が生みだしたモンスターマシン「沼」に挑む!

まずは前作である「カイジ〜人生逆転ゲーム〜」の物語をおさらいしておこう。友人の借金の保証人になったせいで多額の借金を背負い、借金取りの遠藤(天海祐希)の手でカジノ船に送られたカイジ。彼は最初に挑んだ「限定ジャンケン」で信用していた男・船井(山本太郎)に裏切られ、一気に地下の強制労働施設へ。そこで出会った佐原(松山ケンイチ)や石田(光石研)とともに、一発逆転を狙える「ブレイブ・メン・ロード」に挑戦するのだが…。仲間たちを失いながらも恐怖の鉄骨を渡りきったカイジは、遂に最強の敵・利根川(香川照之)との心理戦「Eカード」ですべての勝負をつけることに…!

相手の心の裏の裏の裏を読みあう白熱の勝負の末、カイジが見事に利根川に勝利してからしばらく後。「カイジ2」のオープニングでは、再び地下帝国に逆戻りしているカイジ。地下の仲間たちを解放する金を稼ぐために地上に出ることになるのだが、そう簡単に大金が手に入るはずがない。そんな中、転落人生を送る利根川から一条が経営するカジノを教えられたカイジは、借金まみれの男・坂崎(生瀬勝久)と、石田の娘・裕美(吉高由里子)と出会う。

カイジ2〜人生奪回ゲーム〜 今回カイジが立ち向かうのは、福本伸行による原作でも人気の高い「沼」と呼ばれるパチンコ台。一条自らの手によって決して勝てないように調整されたその巨大パチンコ台が、今回カイジたちの人生を賭けた勝負の場となる。挑むものすべてを飲み込んできた「沼」を巡るバトルは、画面を見ているだけでも撮影中の熱気が伝わってくるほどの緊張感にあふれた名シーンだ。また、地下帝国から脱出する際には「地獄チンチロ」が登場。そして、1作目のクライマックスの鉄骨渡り「ブレイブ・メン・ロード」の最新版と位置付けられる「姫と奴隷」という映画オリジナルのゲームも! 足枷を付けられた奴隷=カイジを取り囲むのは、姫=裕美と2頭のライオンが入った3つの檻。奴隷は3つの中のどの檻のドアを開けるか選ばなければならないのだが、姫と観客には事前に自分の檻の番号が教えられていて…。自分の父を殺したのはカイジだと信じている裕美が口にする番号はウソなのか、本当なのか!? 1作目でもカイジを裏切った船井と、カイジのせいで地獄の苦しみを味わっている利根川も現れ、高度な心理戦が展開。果たして本当のことを言っているのは誰なのか…。手に汗握る展開から目が離せない。

出演は、当たり役のカイジを今回も好演する藤原竜也と、前作とは打って変わってカイジのバディとして活躍することになる利根川役の香川照之、そして敵か味方か本音を読ませない魔性の女・裕美役の吉高由里子。利根川に変わる最強の敵・一条役で伊勢谷友介が、家族と再び過ごす日を夢見る元大手ゼネコン現場監督・坂崎役で生瀬勝久が、それぞれ怪演を見せている。

果たして最後に信じられるのは、友情や人との絆なのか、それとも金なのか。人間の根本に関わるテーマを、誰もが楽しめるド直球のエンターテインメントとして描き上げた痛快娯楽作。今夜はあなたの周りも「ざわざわ…」とするはずですよ。

今度の目標は2億円!人生のすべてを賭けた勝負の幕が開く!

カイジ2〜人生奪回ゲーム〜 カイジ(藤原竜也)が利根川(香川照之)との勝負に勝ち、借金を完済して通常の生活に戻ってから数カ月後。再び自堕落な生活を送り多額の借金を背負ったカイジは、大槻(松尾スズキ)の待つ地下帝国に逆戻り。しかしそこで多くの仲間と協力し、「地獄チンチロ」で大槻に勝利。地上に出る権利を獲得することに成功する。許された時間は2週間。その間に、地下の仲間を自由にするために必要な2億円を準備しなければならないのだ。

限られた資金で2億円を準備するのは、不可能に近い。途方に暮れつつあったカイジの前に、ホームレス生活を送る利根川が現れる。またもや利根川に騙され手持ちの金を失ってしまったカイジだったが、利根川はその代わりに、帝愛グループが経営する裏カジノの存在を教える。

カイジ2〜人生奪回ゲーム〜 そのカジノは1回の賭け金も大きいが、その分当たるとデカい、まさに黄金の泥沼のような場所。そこの経営を任されている一条(伊勢谷友介)は、恐怖の鉄骨渡り「ブレイブ・メン・ロード」に成功し、帝愛グループのトップに躍り出ようと企む冷酷な野心家だった。そのカジノの一番のウリは、決して勝てない巨大なパチンコ台「沼」。カジノに長年通っている坂崎(生瀬勝久)からなぜか見染められたカイジは、彼のアジトへ。坂崎は当たれば10億円以上が手に入る「沼」を攻略するために、その仕組みを徹底的に分析していたのだ。協力者はカジノで働いている裕美(吉高由里子)。「ブレイブ・メン・ロード」でカイジを救うために自ら命を絶った石田(光石研)の愛娘との再会に、感動するカイジ。彼ら3人は借金を返済し、自らの人生を取り戻すために手を組み、「沼」に立ち向かうことになるのだが…。

カイジ2〜人生奪回ゲーム〜

キャスト

<伊藤カイジ>
藤原竜也
<一条聖也>
伊勢谷友介
<石田裕美>
吉高由里子
<坂崎孝太郎>
生瀬勝久
<利根川幸雄>
香川照之
<大槻太郎>
松尾スズキ
<村上保>
柿澤勇人
<石田光司>
光石研
<船井譲次>
山本太郎
<黒崎義裕>
嶋田久作

スタッフ

<原作>
福本伸行(講談社ヤンマガKC刊)
<監督>
佐藤東弥
<脚本>
福本伸行
山崎淳也
大口幸子
<音楽>
菅野祐悟
<製作総指揮>
宮崎洋
<製作>
菅沼直樹
堀義貴
市川南
弘中謙
平井文宏
阿佐美弘恭
吉岡富夫
山口雅俊
<エグゼクティブプロデューサー>
奥田誠治
神蔵克
<企画プロデュース>
藤村直人
山口雅俊
<制作プロデューサー>
渡邉浩仁
<美術プロデューサー>
北島和久
<協力プロデューサー>
中谷敏夫
小橋孝裕
<企画脚本協力>
株式会社ヒント
<撮影>
藤石修(JSC)
<照明>
鈴木康介
<録音>
横野一氏工
<美術>
内田哲也
<装飾>
山田好男
<編集>
日下部元孝
<VFXスーパーバイザー>
西村了
<音楽プロデュース・エディット>
志田博英