DOG×POLICE 純白の絆

DOG×POLICE 純白の絆

若き警察官と一頭の警備犬との熱い絆を描く、真実から生まれたアクション・エンターテインメントがテレビ初登場!

市原隼人、戸田恵梨香ら俳優陣と犬たちの熱い演技に注目!

DOG×POLICE 純白の絆 市原隼人×戸田恵梨香。日本映画界を代表する若き2人のスターが、夢の顔合わせ。2人が演じる大きな目標を胸に抱いた若手警察官と、犯罪を未然に防ぐための“警備犬”たちとの熱い絆を描いた「DOG×POLICE 純白の絆」がテレビ初登場だ。

主人公は、優秀だが協調性に欠ける警察官の早川。刑事を目指して奮闘中だった彼は、ある日、警視庁警備部の“警備犬訓練所”に配属されることになる。そこで彼は、自らが命を救ったアルビノ(劣性遺伝)の犬・シロと再会。美しくも厳しい先輩ハンドラー・水野の指導のもと、一人前のハンドラーとなり、同時にシロを警備犬に育てるための訓練に挑むことになるが…。

“警備犬”とは、テレビドラマの捜査シーンに登場する“警察犬”とは違い、事件が起こっている現場で犯人を制圧したりするために特別な訓練を受けている犬のこと。国内外の災害現場で救助活動に参加することも多く、新潟県中越地震で崩れた土砂の中から2歳の男の子を救出したのも“警備犬”だ。そのニュースを見て興味を抱いた「海猿」の生みの親・小森陽一氏が、取材をスタートしたのが本作の企画の始まり。そこから、一所懸命だが未熟な警察官・早川と、類まれなる嗅覚の持ち主ながらもアルビノ種であるが故に警備犬になることを絶望視されているシロが凶悪犯罪に立ち向かう、異色バディムービーが誕生したのだ。

DOG×POLICE 純白の絆 主演の市原は、撮影の2カ月前からシロと信頼関係を築くために訓練を開始。シロの自然な表情を引き出すために訓練以外の時間もシロと一緒に過ごし、本物のバディのような関係になったのだそう。そこにリアルな“友情”があるからこそ、作品の中で1人と1頭が様々な経験を経て強い絆で結ばれていく様に、大きく心を揺さぶられるのに違いない。

事件解決のためなら命令も無視して突っ走る熱すぎる男・早川を体当たりで演じた市原はもちろん、彼を取り巻く警備犬のハンドラーに扮した役者陣の演技も秀逸。ぶっきらぼうだが胸に熱い信念を抱いている警備犬チームのエース・水野役を、凛々しくもキュートに演じたのは戸田恵梨香。SAT(特殊急襲部隊)出身で自分にも他人にも厳しい竹清役の村上淳、情報分析に長けた西村役のカンニング竹山と健康オタクで、逮捕術全国3位の猛者・永井役の阿部進之介。そして個性豊かな警備犬軍団をまとめるボス・向井役の時任三郎。仕事を円滑に進める上での周囲の人間との“絆”の大切さを早川に無言のうちに教え込む彼らの演技が、物語に深みを与えている。

また、本物の爆薬を使った大規模な爆発シーンが見られるのも本作の見どころ。CG全盛の今だからこそ敢えてCGに頼る道を選ばず、冒頭とクライマックスの爆破シーンでは前代未聞の規模の大爆破を敢行。それ以外のシーンもセットを使わずオールロケで撮影された映像は、本当にダイナミックだ。

撮影中に東日本大震災が起こり、製作が危ぶまれたという本作。しかし、直球ど真ん中のエンターテインメントの中で命の尊さ、絆の大切さを描く作品こそが、震災後の日本には必要だというキャストと制作スタッフの信念が、完成に漕ぎつけるための大きな力になった。画面からも溢れだす作り手の熱意と、それに応えようと熱演を見せる犬たちの姿を、ご堪能あれ!

冷酷無比な連続爆破事件の犯人に“警備犬”とハンドラーが立ち向かう!

DOG×POLICE 純白の絆 早川(市原隼人)は、亡き父親のような刑事になることが目標の警察官。捜査に関する勘は優れているのだが協調性に欠ける面があり、組織の中では決して“優秀”とは言い難い存在だ。

ある日、ショッピングセンターで爆破事件が発生。警備に向かった早川は怪しげな男を独断で尾行し、乱闘の末に男を逮捕する。しかし乱闘騒ぎに巻き込まれて通りすがりの医師が負傷し、彼が向かおうとしていた“出産現場”まで送ることになり…。そこで出産中だったのは、犬。行きがかり上、お産を手伝うことになった早川は、獣医が見捨てようとしていた無呼吸状態のアルビノ(劣性遺伝)の子犬の命を、人工マッサージによって救ってあげた。

その直後、早川に思いがけない辞令が下った。異動先は、警視庁警備部警備二課装備第四係=警備犬の訓練所。新たに上司になった向井(時任三郎)の指示により、早川はエースハンドラー・水野(戸田恵梨香)のもとで、警備犬の扱い方をゼロから学ぶことになる。エサやフンの世話ばかりで、訓練中に犬に噛まれても“自分が悪い”と言われてしまう仕事にやりがいを見いだすことができない早川。そんな中、彼が助けたアルビノの犬が警備犬の訓練生として彼の前に現れる。その犬・シロは、血統は優秀だが体力が他の犬と比べ劣るため、警備犬の仕事には耐えられないと言われていた。向井の判断で、ハンドラーとして半人前以下の早川はシロとバディを組むことに。

DOG×POLICE 純白の絆 早川とシロの訓練が難航する中、警備犬を使ったSATとの合同訓練が実施されることに。その訓練を経て同僚の水野や竹清(村上淳)らの警備犬にかけた熱い思いを知り、人間と犬との信頼関係がミッションを成功させる上で最も大切なことだと学んだ早川。それ以降、人が変わったように前向きに日頃の訓練に挑むようになった彼は、シロや同僚たちとの絆を深めていった。

同じ頃。エスカレートする連続爆破事件の解決の糸口を掴むため、向井の元に警備犬の出動命令が下る。それを受けて爆弾が仕掛けられたアウトレットモールに向かった水野と早川。すると水野のバディ犬のブランドが、火薬の匂いに反応を見せた。水野は本部に連絡するべきだと判断するが、早川は独断で行動。しかし、水野とブランドは想像もしていなかった悲劇に巻き込まれてしまう…。責任を感じる早川に、向井は自らの過去と水野との因縁を話し始める。

改めてシロを警備犬として訓練させてほしいと、向井に嘆願する早川。水野ら仲間たちの協力によりシロの訓練が本格化する一方で、連続爆破事件の容疑者が判明し…! 再び現場に出動することになった早川。彼とシロを待ち受ける運命とは!?

DOG×POLICE 純白の絆

キャスト

<早川勇作>
市原隼人
<水野真希>
戸田恵梨香
<竹清悟>
村上淳
<西村孝>
カンニング竹山
<永井孝介>
阿部進之介
<向井寛>
時任三郎

スタッフ

<監督>
七剛
<原案>
小森陽一
<音楽>
佐藤直紀
<脚本>
大石哲也
<撮影>
斉藤幸一
<照明>
豊見山明長
<美術>
原田恭明
<録音>
芦原邦雄
<ドッグトレーナー>
鈴木和夫