ハリー・ポッターと賢者の石

ハリー・ポッターと賢者の石

「2013年 ぜんぶやります!ハリー・ポッター祭り!」開催 シリーズ全8作を1年間でドドーンと放送!

関根麻里&ハリー杉山がナビゲーターに就任 大傑作ファンタジーの魅力を存分にお届け!

ハリー・ポッターと賢者の石 全国の、いや、全世界のポッタリアン=ハリー・ポッターファンのみなさま、お待たせいたしました! 今年の「金曜ロードSHOW!」では、「2013年 ぜんぶやります! ハリー・ポッター祭り!」と題して、シリーズ1作目の「ハリー・ポッターと賢者の石」(2001年公開)から前後編の2部作で公開された最終作「ハリー・ポッターと死の秘宝」(2010年・2011年公開)まで、「ハリー・ポッター」シリーズ全8作を1年間かけて一挙放送!

ナビゲーターとして登場するのは、「ハリー・ポッター」が「青春の思い出そのもの」と語る関根麻里と、イギリスの全寮制高校で学生時代を過ごしたハリー杉山。2人は番組の冒頭で

作品の見どころなどを紹介するほか、「ハリー・ポッター祭り!」の専用サイトでも様々な関連情報をお届けしていく。

「ハリー・ポッター祭り!春」の3月は、1作目の「ハリー・ポッターと賢者の石」と2作目の「ハリー・ポッターと秘密の部屋」を2週連続で放送。世界中で大ベストセラーとなった原作の、キラキラとした魔法の部分にしっかりとフィーチャーした、いわば「ハリー・ポッター」の入門編だ。

「ハリー・ポッターと賢者の石」は、意地悪な叔父・叔母のもとで育った孤独な男の子・ハリーが、自分が天才魔法使いの子どもだったと知らされ、“ホグワーツ魔法魔術学校”に入学するところから幕を開ける。学校で、ハリーは生まれて初めて親友と出会い、魔法のホウキを駆使したスポーツ“クイディッチ”の選手に選出されて大活躍! そして校長が学校のどこかに隠した“賢者の石”をめぐる陰謀に立ち向かうことになる!

ハリー・ポッターと賢者の石 ハリウッドの並みいる巨匠たちの名前が挙がる中、見事監督の座をゲットしたクリス・コロンバスが「原作を超えるものを作るよりも、原作に忠実な映画を作る」と宣言した通り、原作ファンにとっては胸躍るシーンが続々登場。魔法魔術学校の入学に必要なグッズを買うための“ダイアゴン横町”や、寮の組分けをする“組分け帽”、クイディッチの試合に魔法の授業などなど。ファンたちが脳内で作り上げていたハリーたちの世界が、VFX技術と大規模なセットによって現実の映像で見事に再現されたのだ!このように書くと原作を読んでいない方や、今回の放送がハリー・ポッター初体験になる方たちは「楽しめないかも…」と不安にかられるかもしれないが、心配ご無用。ハリー・ポッターを演じるダニエル・ラドクリフの言葉を借りるならば、特にこの1作目は誰もが体験したことのある王道の友情物語。1人の少年が友達と信頼関係を築き、苦難を乗り越える過程で成長する姿をしっかりと描き出す、誰もが楽しめる青春ストーリーなのだ。

ロンドンのキングズ・クロス駅をはじめ、イギリスを代表する名所が数多く登場し、ちょっとした旅行気分を味わうことができるのも本作の魅力。さらにマギー・スミスやアラン・リックマン、ジョン・クリーズらイギリスを代表する名優たちが顔を揃えているのも見逃せない。

番組専用サイトでは、ハリー杉山がイギリス英語で映画の名セリフを紹介するなど、コアなポッタリアンからハリー・ポッター初心者までが楽しめるコンテンツも盛りだくさん。今年は是非、「金曜ロードSHOW!」で魔法の世界にどっぷり入り込んじゃってください!

自分が魔法使いだと知った孤独な少年・ハリーが初めての冒険の旅に出る!

ハリー・ポッターと賢者の石 意地悪な叔父と叔母、ワガママな従兄が住む家の物置で育った孤児のハリー(ダニエル・ラドクリフ)のもとに、ある日、不思議な手紙が届いた。なぜか叔父はハリーの目からその手紙を隠そうと画策。それでもしつこく届き続ける手紙から逃げるために、一家は孤島の隠れ家に避難するが、そこに巨大な男・ハグリッド(ロビー・コルトレーン)が現れる。彼は幼い頃からハリーを知っている、ホグワーツ魔法魔術学校の使者。偉大な魔法使いの息子であるハリーを、魔法魔術学校の名門・ホグワーツに入学させるためにやってきたのだった。

ハグリッドとともに入学に必要なものを買いそろえる中で、ハリーが知らされたのは思いがけない事実。交通事故で死んだと思っていた両親が、実は悪の力を持つ魔法使い・ヴォルデモートとの死闘の末に殺されたというのだ。そしてハリー自身はその時の戦いの生き残りで、それ以来ヴォルデモートは力を失い、姿を消したのだという。魔法界に平和をもたらした両親と共に英雄扱いされることに戸惑いながらも、ハリーはホグワーツへ向かう列車に乗り込んだ。

ハリー・ポッターと賢者の石 家族全員が魔法使いで貧乏だが心優しいロン(ルパート・グリント)や、人間の子として生まれた気の強い女の子・ハーマイオニー(エマ・ワトソン)と同じ寮で暮らすことになったハリー。校長のダンブルドア(リチャード・ハリス)から、学校の近くにある“禁じられた森”と3階の廊下には近寄らないよう注意を受け、奇妙で不思議な学園生活が始まった。初めての体験の連続に戸惑うハリーだったが、マクゴナガル先生(マギー・スミス)の推薦で、学校の誰もが憧れるスポーツ“クイディッチ”の大会に選手として出場することになる。学校の勉強に加えてクイディッチの練習でハリーの毎日はイキイキと輝き始め、ロンやハーマイオニーとの友情も少しずつ育っていった。

そんなある日。突然学校に現れた巨大なトロールに、ハーマイオニーが襲われた。ハリーとロンは協力してトロールを倒すが、果たして誰がトロールを学校に引き入れたのか…? ハリーはスネイプ先生(アラン・リックマン)の行動を怪しむが、確証はつかめないまま。その後もハリーの身の回りでは奇妙な事件が続き…。そしてクリスマス休暇。見知らぬ誰かから届いた透明マントを着て学校に入り込んだハリーは、スネイプ先生とクィレル先生(イアン・ハート)が口論しているのを目撃してしまう。スネイプ先生に見つかりそうになったハリーは、誰も使っていない教室に逃げ込むのだが、そこで誰もの希望を映し出す不思議な鏡を発見する…!

少しずつ明らかになっていくハリーの両親の死の真相。果たして、生徒たちが入ることを禁止されている“禁じられた森”には一体何が隠されているのか。ダンブルドア校長が学校のどこかに隠したとされる“賢者の石”にはどんな秘密があるのか。ハリーたちの大冒険が始まった。

ハリー・ポッターと賢者の石

キャスト

<ハリー・ポッター>
ダニエル・ラドクリフ(小野賢章)
<ロン・ウィーズリー>
ルパート・グリント(常盤祐貴)
<ハーマイオニー・グレンジャー>
エマ・ワトソン(須藤祐実)
<ほとんど首なしニック>
ジョン・クリーズ(たかお鷹)
<ルビウス・ハグリッド>
ロビー・コルトレーン(斎藤志郎)
<フリットウィック先生>
ウォーウィック・デイビス(田村錦人)
<バーノン・ダーズリー>
リチャード・グリフィス(楠見尚己)
<ダンブルドア校長>
リチャード・ハリス(永井一郎)
<クィレル先生>
イアン・ハート(横堀悦夫)
<オリバンダー老人>
ジョン・ハート(小林勝也)
<スネイプ先生>
アラン・リックマン(土師孝也)
<ペチュニア・ダーズリー>
フィオナ・ショー(さとうあい)
<マクゴナガル先生>
マギー・スミス(谷育子)
<ウィーズリー夫人>
ジュリー・ウォルターズ(一龍斎貞友)
<フーチ先生>
ゾーイ・ワナメイカー(火野カチコ)
<ドラコ・マルフォイ>
トム・フェルトン(三枝享祐)
<ダドリー・ダーズリー>
ハリー・メリング(忍足航己)
<ミスター・フィルチ>
デイビッド・ブラッドリー(青野武)

スタッフ

<監督/製作総指揮>
クリス・コロンバス
<製作>
デイビッド・ヘイマン
<製作総指揮>
マーク・ラドクリフ
マイケル・バーナサン
ダンカン・ヘンダーソン
<脚本>
スティーブ・クローブス
<編集>
リチャード・フランシス=ブルース
<音楽>
ジョン・ウィリアムズ
<撮影>
ジョン・シール
<美術>
スチュアート・クレイグ
<衣装>
ジュディアーナ・マコーフスキー
<チーフ・アニマル・トレーナー>
ゲイリー・ゲイロー
<視覚効果監修>
ロブ・レガート