アイアンマン

アイアンマン

シリーズ最新作「アイアンマン3」公開当日!大ヒットを記録した第1作がテレビに登場!

ハリウッドの問題児ロバート・ダウニーJR.が個性の強い大人気ヒーロー役で大復活

アイアンマン 億万長者の天才発明家…だが、決して“いい人”キャラではない“アイアンマン”ことトニー・スターク。彼の“最後の戦い”を描くシリーズ最新作「アイアンマン3」が4月26日にいよいよ日本先行公開。大人気シリーズの第1作「アイアンマン」が、公開と同じ日に「金曜ロードSHOW!」に登場だ!!アイアンマンは、昨年公開され大ヒットを飛ばした「アベンジャーズ」でも一番人気のキャラクター。世界の映画ファンを熱狂させたこのヒーロー映画のファンも「アイアンマン」は必見だ!

主人公のトニー・スタークは、アメリカを代表する巨大軍事企業のCEO。天才的なひらめきと技術で、敵をせん滅するための武器を次々に作り出し、米国政府の寵愛を受けていた。しかしある時、彼はアフガニスタンのテロ組織に拉致されてしまう。テロリストたちが使っていたのは、トニーが開発した武器の数々。その事実にショックを受けたトニーは、命からがらテロ組織のアジトを脱出した後、軍事産業からの撤退を決意。自らの手で無敵のパワードスーツを作り出し、強大な敵と闘うことになる!

アイアンマン 「スパイダーマン」や「X‐MEN」などのマーベル・コミックのキャラクターの中でも、特に人気が高かった「アイアンマン」。その主人公に抜擢されたのは、誰もを黙らせる確かな演技力を持つハリウッドの問題児、ロバート・ダウニーJR.だ。公開前は彼がヒーローを演じることを危ぶむ声もあったが、蓋を開けてみれば、トニー役にはダウニーJR.しかいないと誰もが納得させられるほどのはまり役。ダウニーJR.は、「アイアンマン」の熱心なファンの代表として徹底的な役作りをして本作に挑み、女好きの大天才というトニーのユニークなキャラクターを、時にコミカルに、時にシリアスに熱演している。特に「アイアンマン」のパワードスーツを開発するために試行錯誤を重ねるシーンの軽快さはたまらない! ヒーローもの(しかもオジサンの!)を敬遠しがちな女性たちが、その後の続編や「アベンジャーズ」に夢中になったのも、ダウニーJR.の熱演あってこそだと深く納得させられるはずだ。

そして、変わり者のトニーを前にしても顔色ひとつ変えないクールな秘書、ペッパー・ポッツを演じる、「恋におちたシェイクスピア」のグウィネス・パルトローも秀逸! グウィネスのキャラクターに合わせて、原作に比べると才女なイメージになっているのだが、ダウニーJR.とのやり取りでは彼女がクールでいればいるほど笑いがこみあげてしまうから不思議だ。ほか、トニーの親友でアメリカ空軍のローディ役に、「ハッスル&フロウ」のテレンス・ハワード、トニーの会社の重鎮で物語のカギを握るステイン役に、「トゥルー・グリット」のジェフ・ブリッジスが登場。2人の渋みの効いた演技にも注目だ。監督はハッピー・ホーガン役で「アイアンマン3」にも出演する、ジョン・ファヴローが務めた。

「アベンジャーズ」の後の世界で、史上最大の危機に陥ったトニーの戦いが描かれる「アイアンマン3」。劇場で“最後の戦い”を目撃する前に、彼の戦いの始まりである本作「アイアンマン」を是非お楽しみあれ!

天才的な発明家である軍事企業のCEOが自作のパワードスーツで敵に立ち向かう!

アイアンマン 父亡き後、巨大軍事企業スターク・インダストリーの跡を継いだトニー・スターク(ロバート・ダウニーJR.)。無類の女好きでありながら天才的な発明家でもある彼は、アメリカの平和を守るために次々に新型兵器を発明。アメリカ政府や経済界の面々からも一目おかれる存在だった。

ある日、無敵の新型兵器の実用実験のために、トニーは親友で空軍中佐のローディ(テレンス・ハワード)とともにアフガニスタンへ。しかし、そこで事件は起こった。彼らが乗った車が突然テロ組織に襲撃され、瀕死の重傷を負ったトニーはテロリストに拉致されてしまったのだ!

アイアンマン 医師のインセン(ショーン・トーブ)から人工心臓を移植され、一命をとりとめたトニー。テロ組織のリーダー、ラザ(ファラン・タヒール)は、トニーが開発した最新型ミサイルを手に入れるため、トニーを生かすことにしたのだ。ラザからその場でミサイルを作るよう命じられるトニーだったが、彼らのアジトにスターク社製の兵器があふれているのを目にして、ぼう然とする。自分が作り出した兵器が、罪のない人々を傷つけていたとは…! トニーはインセンの協力を得て、パワードスーツを作ることを決意。完成したパワードスーツ「マークT」で、テロ組織のアジトからの脱出に成功する。

帰国早々、記者会見を開き軍事産業からの撤退を発表するトニーに、スターク社の重役のステイン(ジェフ・ブリッジス)は猛反発。しかしトニーは聞く耳を持たず、新たな発明に着手する。それは、アフガニスタンを脱出した際に大破したパワードスーツの進化形。トニーの有能な秘書であるペッパー(グウィネス・パルトロー)の心配をよそに、高速での飛行が可能で、戦闘機並みの攻撃能力を持つ「マークV」が完成。自らの手で、スターク社の兵器で傷ついた人々を救おうと決意するトニーだったが、旧知の美人ジャーナリスト・クリスティン(レスリー・ビブ)から思いがけない事実を知らされる…!

トニーの知らないところで、事態は取り返しのつかない方向へと舵を切っていた。世界中を巻き込んだ壮大な陰謀に、トニーは立ち向かう!!

アイアンマン

キャスト

<トニー・スターク>
ロバート・ダウニーJR.(藤原啓治)
<ジェームズ“ローディ”ローズ>
テレンス・ハワード(高木渉)
<オバディア・ステイン>
ジェフ・ブリッジス(土師孝也)
<ペッパー・ポッツ>
グウィネス・パルトロー(岡寛恵)
<インセン>
ショーン・トーブ(井上倫宏)
<ラザ>
ファラン・タヒール(山野井仁)
<クリスティン・エヴァハート>
レスリー・ビブ(北西純子)

スタッフ

<監督/製作総指揮>
ジョン・ファヴロー
<脚本>
マーク・ファーガス
ホーク・オストビー
アート・マーカム
マット・ホロウェイ
<製作>
アヴィ・アラド
ケヴィン・フェイグ
<製作総指揮>
ルイス・デスポジート
ピーター・ビリングスリー
アリ・アラド
スタン・リー
デヴィッド・メイゼル
<撮影>
マシュー・リバティーク,ASC
<美術>
J・マイケル・リーヴァ
<編集>
ダン・レーベンタールA.C.E.
<視覚効果>
ジョン・ネルソン
<音楽>
ラミン・ジャワディ
<音楽スーパーバイザー>
デイヴ・ジョーダン