ハリー・ポッターと炎のゴブレット

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

「ハリー・ポッター祭り!夏」第2弾はヴォルデモートが復活を遂げるシリーズ4作目!

友情も恋模様もヒートアップする中 ハリーは宿敵との一騎打ちに挑む!

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 「ハリー・ポッター祭り!夏」の第2弾に登場するのは、シリーズ4作目「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」。4年生になって勉強面でも生活面でも、恋愛面でも新たなステージに突入したハリーたちの学生生活と、魔法界を恐れさせる闇の帝王・ヴォルデモートの復活を描く、シリーズのダークサイド突入への序章だ。

冒頭で描かれるのは、クイディッチのワールドカップ。一流選手たちの活躍をハリーたちが瞳を輝かせて応援していると、思わぬ事件が勃発する。ヴォルデモートを崇拝するデス・イーターたちが現れ、“闇の印”を空に打ち上げたのだ。闇の印が暗示するのは、魔法界を二分する戦いの末にハリーの両親を殺害し、ハリーのパワーのせいで肉体を失ったはずのヴォルデモートの復活。ハリーは遂に、最凶の敵と直接対決をすることになる!!

誰が敵で誰が味方なのか、ヴォルデモート復活に至るまでのサスペンスを縦軸に据えながら、学園ドラマとしても見ごたえ抜群の本作。ホグワーツでは、3つの魔法学校が集結する伝統の対抗戦が開催されることになり、ハリーを含む4人の選手が、死と隣り合わせの危険なゲームに挑むことに。その過程で、ハリーたちが友情を育み、人間として成長していく姿が丁寧に描かれていく。特に、熱い友情で結ばれていたはずのハリーとロンが、ある誤解から仲たがいをしてしまい、再び友情を復活させるまでの姿には、誰もが親友との苦〜い思い出を呼び覚まされるはず。また、ハリーと共に対抗戦の選手に選ばれたセドリックの、高校球児もビックリのフェアプレイ精神にも、感動必至だ。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット そしてもう一つ、物語のカギを握っているのが、ハリーたちの複雑な恋模様。クリスマスの舞踏会に参加することになったハリーたちは、パートナーを自分で誘うことになるのだが…!? 舞踏会に誘ってほしいのに自分からは言い出せないハーマイオニーと、ハーマイオニーが気になるのに意地を張ってしまうロンの恋の行方は? ハリーの初恋の相手、チョウ・チャンも登場し、魔法界の恋模様が盛り上がっていく様子も、お見逃しなく!

ハリー・ポッター・シリーズの影の主役とも言えるヴォルデモート卿に選ばれたのは、「シンドラーのリスト」から「007 スカイフォール」まで様々な役柄を演じてきた名優、レイフ・ファインズ。特殊メイクの下からも感情の変化をしっかりと感じさせる、圧巻の演技を見せつけてくれる。そして、ハリーの良きライバル・セドリックを演じるのは、「トワイライト」シリーズで大ブレイクしたイケメン俳優、ロバート・パティンソン。また、ハリーに闇の敵との戦い方を伝授するマッド・アイ・ムーディ役で「トロイ」などのブレンダン・グリーソンが、下世話な新聞記者役で「オペラ座の怪人」などの演技派女優、ミランダ・リチャードソンも登場し、物語を盛り上げる。監督は「フェイク」「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」等のマイク・ニューウェルが担当した。

ヴォルデモートの完全復活で、決して後に引けない死闘に巻き込まれていくハリーたち。その前夜の、学生らしい無邪気な表情を、その目にしっかりと焼き付けよう!

三大魔法学校対抗戦の選手に選ばれたハリーに様々な試練が襲い掛かる!!

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 夏休み。ハリー(ダニエル・ラドクリフ)はロン(ルパート・グリント)たちと一緒に、クイディッチ・ワールドカップの決勝戦を観戦することになった。会場は大盛り上がりだが、空が突然暗くなり、そこに“闇の印”が浮かび上がる。そしてデス・イーターの集団が現れ…。それは、“例のあの人”こと闇の帝王・ヴォルデモートの復活の前触れだった。

魔法界が暗いニュースに包まれる中、ホグワーツでは三大魔法学校対抗試合が開催されることになった。“炎のゴブレット”によって選ばれた名門魔法学校3校の代表が、魔法の技術を競い合うのだ。危険を伴う競技とあって、魔法省は17歳未満の学生の立候補を禁止。17歳未満のハリーたちは、競技の応援に回ることになった。

代表に選ばれたのは、武闘派のダームストラング校に所属する、クイディッチ・ワールドカップのスーパースター・クラム(スタニスラフ・アイエネフスキー)。女性らしい魅力を誇るボーバトン校の美女・フラー(クレマンス・ポエジー)。ホグワーツで最も正義感が強いと評判の人気者・セドリック(ロバート・パティンソン)。そして…最後に、17歳未満のハリーの名前が! ハリーには立候補した覚えなどなかったのだが、ロンをはじめ、みんなから卑怯な手を使って選手になったのではないかと疑われてしまう。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット そんな中、対抗試合が始まった。選手たちに与えられた最初の課題は、ドラゴンの金の卵を奪うこと。その卵の中に、次の課題のヒントが隠されているのだ。激しい攻防戦の末、ハリーを含めた選手全員が卵を奪うことに成功。しかしハリーの卵からはヒントどころか、耳障りな騒音が聞こえるばかりだ。

そんな中、ハリーは対抗試合以上の難題と向き合うことに。クリスマスの舞踏会までにダンスを習得し、パートナーを選ばなければいけないのだ。誰を誘うべきか…悩んだハリーは初恋の相手のチョウ・チャン(ケイティー・ラング)を、ロンはハーマイオニー(エマ・ワトソン)を誘うが、それぞれ断られてしまう。そして舞踏会当日。クラムと一緒に会場に現れたハーマイオニーの姿に、ロンは大ショックを受ける。

嘆きのマートルから助言を受けたハリーが挑む対抗戦の次なる課題は、水中から自分の大切なものを時間内に取り戻すこと。

しかし、水中に沈められた大切なものは、ハリーが想像していた以上のもので…。次々と危険な試練に立ち向かうことになったハリーを待ち受けているのは…!?

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

キャスト

<ハリー・ポッター>
ダニエル・ラドクリフ(小野賢章)
<ロン・ウィーズリー>
ルパート・グリント(常盤祐貴)
<ハーマイオニー・グレンジャー>
エマ・ワトソン(須藤祐実)
<ドラコ・マルフォイ>
トム・フェルトン(三枝享祐)
<ビクトール・クラム>
スタニスラフ・アイエネフスキー(坂詰貴之)
<チョウ・チャン>
ケイティー・ラング(川庄美雪)
<ネビル・ロングボトム>
マシュー・ルイス(上野容)
<セドリック・ディゴリー>
ロバート・パティンソン(日野聡)
<フラー・デラクール>
クレマンス・ポエジー(小笠原亜里沙)
<ルビウス・ハグリッド>
ロビー・コルトレーン(斎藤志郎)
<ヴォルデモート卿>
レイフ・ファインズ(江原正士)
<アルバス・ダンブルドア>
マイケル・ガンボン(永井一郎)
<マッド・アイ・ムーディ>
ブレンダン・グリーソン(小林修)
<ルシウス・マルフォイ>
ジェイソン・アイザックス(諸角憲一)
<シリウス・ブラック>
ゲイリー・オールドマン(辻親八)
<スネイプ先生>
アラン・リックマン(土師孝也)
<マクゴナガル先生>
マギー・スミス(谷育子)
<ピーター・ペティグリュー/ワームテール>
ティモシー・スポール(茶風林)
<イゴール・カルカロフ>
ペジャ・ビヤラク(清水明彦)
<マダム・マクシーム>
フランシス・デ・ラ・トゥーア(久保田民絵)
<バーティ・クラウチ>
ロジャー・ロイド・パック
<リータ・スキーター>
ミランダ・リチャードソン(勝生真沙子)
<バーティ・クラウチJr.>
デイビッド・テナント(桐本琢也)

スタッフ

<監督>
マイク・ニューウェル
<脚本>
スティーブ・クロ―ブス
<製作>
デイビッド・ヘイマン
J.K.ローリングの小説に基づく
<製作総指揮>
デイビッド・バロン
ターニャ・セガーチェン
<撮影>
ロジャー・プラット,BSC
<美術>
スチュアート・クレイグ
<編集>
ミック・オーズリー
<共同製作>
ピーター・マクドナルド
<音楽>
パトリック・ドイル
<主題歌>
ジョン・ウィリアムズ
<視覚効果監修>
ジム・ミッチェル
<衣装>
ジェイニー・ティーマイム
<クリーチャー特殊効果監修>
ニック・ダドマン
<特殊効果監修>
ジョン・リチャードソン