紅の豚

紅の豚

宮崎駿監督作品「紅の豚」を急きょ放送決定!

紅の豚 スタジオジブリの宮崎駿監督が現在公開中の「風立ちぬ」を最後に映画製作から引退することが発表されました。

宮崎駿監督の作品は、日本のアニメ映画史のみならず、映画史に燦然と輝くもので、世界中のファンに愛されています。
これまで独占的にスタジオジブリ作品、とりわけ宮崎駿監督作品を放送してきた金曜ロードSHOW!にとっても、宮崎駿監督は特別な存在です。そのため金曜ロードSHOW!では、急きょ予定を変更し、9月6日に宮崎駿監督作品を放送致します。
作品は、現在公開中の「風立ちぬ」同様に、宮崎駿監督の飛行機への強いこだわりと愛情が感じられる、大空へのロマンが詰まった不朽の名作・「紅の豚」と決定いたしました。

紅の豚 『紅の豚』の舞台は『風立ちぬ』とも重なる1920年代で、日本とイタリア、とその国は違うものの、飛行機に熱い情熱を傾けた男を描くなど、複数の共通点があります。加えて、ファンの間でも人気の高い名作です。そうしたことを鑑みて、今回放送するにふさわしい作品と判断いたしました。宮崎駿監督の作品は、独特の世界観と美しいビジュアル、それに血沸き肉躍る物語で、観たものの心に深く感動をもたらします。
数多くの名作を生み出してきた偉大な宮崎駿監督の業績に思いをはせながら、今週金曜日、『紅の豚』をご覧いただければと思います。

紅の豚

キャスト

<ポルコ・ロッソ>
森山周一郎
<マダム・ジーナ>
加藤登紀子
<ピッコロおやじ>
桂三枝
<マンマユート・ボス>
上條恒彦
<フィオ・ピッコロ>
岡村明美
<ミスター・カーチス>
大塚明夫
<バアちゃん>
関弘子

スタッフ

<製作>
徳間康快
利光松男
佐々木芳雄
<企画>
山下辰巳
尾形英夫
<原作・脚本>
宮崎駿
(月刊「モデルグラフィックス」連載)
<音楽監督>
久石譲
<主題歌>
「さくらんぼの実る頃」
J.B.Clément-A.Renard
唄 加藤登紀子
<エンディング・テーマ>
「時には昔の話を」
作詞・作曲・唄 加藤登紀子
(シングル/ソニーレコード サントラ/徳間ジャパンコミュニケーションズ)
<挿入歌>
「LE TEMPS DES CERISES」
J.B.Clément-A.Renard
Arr. M. Villard
Jack Lantier
<挿入曲>
狂気(MADNESS)
久石譲
(東芝EMI)
<作画監督>
賀川愛
河口俊夫
<美術監督>
久村佳津
<撮影監督>
奥井敦
<編集>
瀬山武司
<プロデューサー>
鈴木敏夫
<監督>
宮崎駿