釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪

釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪

長崎・佐世保から世界に進出!?ハマちゃんの涙と笑いの珍道中

ハマちゃんが行方不明に!?目覚めた場所はイージス艦!!

釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪ 西田敏行演じるハマちゃんと、今年の4月に惜しくも亡くなられた三國連太郎演じるスーさんの友情の物語を日本中の人気釣りスポットを舞台に描く「釣りバカ日誌」シリーズ。すべての日本人に愛される人気シリーズ18作目にして、ハマちゃんが国境を越えて大活躍する「釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪」が登場!

今作でハマちゃんとスーさんが訪れる舞台は長崎・佐世保。佐世保の西海市と針尾島の間で当時建設中だった新西海橋(劇中の名前は第二西海橋)の連結式に出席することになったハマちゃんは、意気揚々と長崎へ。そこで出会った釣り好きの米兵・ボブと意気投合し釣り三昧の出張を楽しむのだが、酒に酔った挙句、思わぬ事態に陥ってしまう。日本とアメリカを股にかけたハマちゃんとボブの釣りバカ旅の結末やいかに!? 

そんな爆笑の珍道中と同時並行的に展開するのは、鈴木建設の設計担当者・久保田と、恋人の美鈴の恋物語。結婚を決意した2人だったが、美鈴の父はその結婚に猛反対。親ひとり子ひとりで暮らしてきた父と娘ゆえに、互いに素直になることができず、美鈴は強引に結婚式を挙げることを決意するのだが!? 父と娘の愛情溢れる物語に、思わずじーんとしてしまうはず。

釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪ 注目すべきは豪華なゲスト陣。ハマちゃんを「先生」と呼んで釣りの弟子になってしまう米兵・ボブ役で、西田敏行と英語日本語が入り乱れるアドリブ合戦を繰り広げるのは、ボビー・オロゴン。佐世保のロカビリー・バーの美しき一人娘・美鈴役には、伊東美咲。美鈴に恋する鈴木建設の有能な若手社員・久保田役に、長崎出身の金子昇。そして、超頑固な美鈴の父で伝説のロカビリー歌手“テリー河口”役に、尾崎紀世彦。19年ぶりの映画出演を果たした尾崎は、花嫁の父の苦悩をぶっきらぼうに好演し、また西田や伊東とのデュエットですばらしい歌を聴かせてくれる。ほか、失踪したハマちゃんを追う長崎の刑事役でさだまさしが、“テリー河口”の店で働く敏腕従業員・澄子役で岡本麗が、それぞれ印象的な演技を見せている。

西田&三國のゴールデンコンビを支える、レギュラー陣も健在。ハマちゃんの愛妻・みち子さん役の浅田美代子は、夫の失踪という史上最大のピンチを前に気丈に振る舞おうとする姿で、みち子さんとしての新境地を開拓した。

監督は2003年以降の後期「釣りバカ日誌」シリーズを支え、今年の12月には上戸彩・高良健吾主演の「武士の献立」が公開となる朝原雄三。それぞれのキャストの個性を際立たせるストーリーに、長崎佐世保の良さもさりげなく織り込む丁寧な演出を見せている。

一週間学校や職場で頑張り続けた金曜日の夜、ハマちゃんが「今週もおつかれさま!」とアナタをねぎらってくれるはず。心ゆくまで笑って、ちょっぴり心が温かくなるハートフル・コメディだ。

釣り好きの米兵と意気投合し過ぎてなんとハマちゃんが行方不明に!?

釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪ ハマちゃんこと浜崎伝助(西田敏行)は、釣りと家族を愛する会社員。普段は何の仕事もしていないように見える彼が、ある日、長崎への出張を命じられた。ハマちゃんが長崎の釣り仲間との人脈を駆使して3年前に着工に漕ぎつけた佐世保市の第二西海橋がようやく完成し、連結式を迎えることになったのだ。東京の大会社の御曹司で、鈴木建設の社員として佐世保で橋の設計に携わっている久保田(金子昇)に早速連絡を取ったハマちゃんは、連結式の話はそこそこにイカ釣り船の手配を依頼。久保田は、ハマちゃんの釣り仲間でもあったのだ。

もちろん、社長であるスーさんこと鈴木一之助(三國連太郎)も連結式に出席するため長崎に到着。しかしハマちゃんはスーさんに挨拶することもなく、久保田の案内で早速海へ。そしてハマちゃんは釣り好きの米兵・ボブ(ボビー・オロゴン)と一緒に、イカ釣りへ繰り出した! 

釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪ 一方、ハマちゃんを見送った久保田は、行きつけのバーの娘で恋人の美鈴(伊東美咲)を、弓張の丘の展望台へ連れていく。東京本社に帰ってくるようにという会社からの命令を延ばし延ばしにしていた久保田だったが、橋の完成後も長崎に残る理由を見つけられなかったのだ。自分と一緒に東京に来てほしいと美鈴にプロポーズする久保田。美鈴は快諾するが、元ロカビリー歌手の父“テリー河口”こと輝男(尾崎紀世彦)を残して東京に行っていいものか、思い悩んでいた。

その夜。美鈴の店を訪れたハマちゃんは憧れのテリー河口の歌声に大盛り上がり。そして翌日、連結式の終了を見届け、またまたボブと釣りを満喫したハマちゃんは美鈴の店で祝杯をあげることに。ハマちゃんとボブが盛り上がる中、久保田は意を決して輝男に美鈴と結婚させてほしいと頼み込むが、輝男はそんな久保田を殴り倒してしまった。ハマちゃんとボブたちはなんとか輝男をなだめようとするが、結局店から追い出されるハメに。そしてそのまま、ハマちゃんは夜の街に消えていった…。

翌日。スーさんはハマちゃんを置いて東京へ帰るが、そのままハマちゃんは行方不明に! そして泥酔したハマちゃんが目覚めた場所は…!? 果たしてハマちゃんは無事に愛しいみち子さん(浅田美代子)の元に帰ることができるのか!! そして久保田と美鈴の結婚の行方は?

釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪

キャスト

<浜崎伝助>
西田敏行
<浜崎みち子>
浅田美代子
<河口美鈴>
伊東美咲
<秋山専務>
加藤武
<堀田常務>
鶴田忍
<原口人事担当取締役>
小野武彦
<前原運転手>
笹野高史
<太田八郎>
中本賢
<草森秘書課長>
中村梅雀
<舟木課長>
益岡徹
<海老名>
濱口優(よゐこ)
<鯛子>
平山あや
<澄子>
岡本麗
<松浦所長>
綾田俊樹
<ボブ>
ボビー・オロゴン
<刑事>
さだまさし
<佐々木次長>
谷啓
<鈴木久江>
奈良岡朋子
<河口輝男>
尾崎紀世彦
<久保田達也>
金子昇
<鈴木一之助>
三國連太郎

スタッフ

<製作総指揮>
迫本淳一
<製作>
久松猛朗
<プロデューサー>
瀬島光雄
深澤宏
<原作>
作/やまさき十三
画/北見けんいち
(小学館「ビッグコミックオリジナル」連載)
<脚本>
山田洋次
石川勝己
平松恵美子
<撮影>
近森眞史(JSC)
<美術>
須江大輔
<音楽>
信田かずお
<照明>
土山正人
<録音>
岸田和美
<編集>
石島一秀
<主題歌>
「とりあえずは元気で行こうぜ」
作詞・作曲:青島幸男 編曲:小林信吾
唄:西田敏行(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)
<監督>
朝原雄三