おおかみこどもの雨と雪

おおかみこどもの雨と雪

第36回 日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞受賞!細田守監督が描く感動の物語

子どもの成長と、それを見守る母の姿を描いた13年間にわたる物語

おおかみこどもの雨と雪 昨年7月の公開と同時に世代も国境も超えて多くの人々の胸を打ち、記録的な大ヒットとなった細田守監督の「おおかみこどもの雨と雪」が待望のテレビ初登場!本編ノーカットでお届けします! 監督・脚本・原作を手がけたのは、細田守監督。筒井康隆の小説を再構築した清々しい青春映画の傑作「時をかける少女」(2006年公開)で注目され、数学が取り柄の内気な少年と田舎の大家族が仮想空間からぼっ発した世界の危機に、一致団結して立ち向かう姿を活写しながら、家族の力を高らかに歌い上げた「サマーウォーズ」(2009年公開)でその人気を不動のものにした、若き俊英だ。前作でも家族に焦点を当てた細田監督が本作でフォーカスしたのは、“おおかみおとこ”と恋に落ちた女性。1人の女性が恋愛、出産、そして子育てを通して母親となり、人間とおおかみの両方の生き方を持つ、“おおかみこども”の姉弟の自立までを、躍動感あふれる映像と温かい日常の描写を織り交ぜながら綴った13年間の物語だ。

おおかみこどもの雨と雪 ヒロインの花が恋をしたのは、絶滅したと言われているニホンオオカミの末裔であり、人間の姿を借りてひっそりと暮らしていた“おおかみおとこ”だった。その後、彼との間に2人の子を出産、小さな幸せを手にしたはずの花だったが、突如おとずれた父親である“おおかみおとこ”の死によって、彼女は2人の“おおかみこども”を一人で育てることになる。ちょっと機嫌を損ねたり、感情が高ぶるとおおかみに変身して大暴れする姉の雪。人間としてもおおかみとしても、ちょっと気弱な弟の雨。2人の行動はおおかみとしてデフォルメされているので一見ファンタジックに見えるかもしれないが、何をしでかすかわからない子どもたちに翻弄され、落ち込んだり泣いたり笑ったりする花は、まさに子育て真っ最中の母親の姿そのものだ。細田監督が「子どもたちにとっては、心躍る楽しいおとぎ話であるように、若者にとっては、未だ経験しない子育てが驚きと憧れに映るように、そして親たちには子どもの成長の軌跡を懐かしがれるように」との思いを込めた通りに、驚きと喜びを重ねながらも、子どもたちをいつも優しく見守る母の姿には、誰もが感情移入せずにはいられないはずだ。

同時に、観客が2人の子どもの視点でも物語を楽しめるのが本作の魅力。2人が様々な出会いや経験を経て、人間として生きるか、おおかみとして生きるかという自身の生きる道の選択に、悩み苦しみながらも精いっぱい生きる姉弟の強さは、様々な人生の岐路に立たされているすべての人に勇気を与えてくれる。

花の成長を声の演技だけで見事に表現した宮アあおいをはじめ、彼(おおかみおとこ)役の大沢たかお、麻生久美子や谷村美月、染谷将太ら豪華声優陣にも注目。特に厳しい自然との付き合い方を花に指南する韮崎役の菅原文太の重みのある演技には圧倒される。

雪の中や青い山々を疾走するおおかみの“速さ”で動くダイナミックな映像。風に煽られたカーテン越しに揺れる少女の気持ちを表現する繊細な演出。そして時間と感情の移り変わりを雄弁に語る音楽など、どこをとっても見所一杯の本作をじっくりと楽しんで頂ければと思います。

大学生の花が2人の”おおかみこども”を出産、子育てを通して成長し、たくましく生きていく感動の物語

おおかみこどもの雨と雪 花(宮アあおい)は国立大学に通う大学生。彼女はある日、教科書も持たずに教室の片隅で熱心に授業を聞いていた男(大沢たかお)と出会い、恋に落ちた。彼と共に暮らす未来を夢見るようになった花は、ある時、彼の思わぬ正体を知ることになる。彼は“おおかみおとこ”だったのだ。そんな彼を花は受け入れ、やがて彼女は雪(大野百花/黒木 華)と雨(加部亜門/西井幸人)という二人の“おおかみこども”を授かった。しかし、突如彼は帰らぬ人に…。

おおかみこどもの雨と雪 その後、花は一人で子育てをすることになる。感情が高ぶるとおおかみの姿に変わってしまう奔放な姉の雪と、身体が弱く引っ込み思案な弟の雨。都会での子育てに限界を感じ、同時に、2人が人間かおおかみか、どちらの生き方も選べる環境を与えてあげたいと思うようになった花は、人里離れた厳しくも大自然豊かな田舎の中で二人の子供を育てる決意を固める。

おおかみこどもの雨と雪

キャスト

<花>
宮アあおい
<彼(おおかみおとこ)>
大沢たかお
<雪>
黒木華(少女期) 大野百花(幼年期)
<雨>
西井幸人(少年期) 加部亜門(幼年期)
<田辺先生>
染谷将太
<土肥の奥さん>
谷村美月
<堀田の奥さん>
麻生久美子
<草平の母>
林原めぐみ
<韮崎のおばさん>
片岡富枝
<草平>
平岡拓真
<細川>
中村正
<山岡>
大木民夫
<韮崎>
菅原文太

スタッフ

<監督・脚本・原作>
細田守
<脚本>
奥寺佐渡子
<キャラクターデザイン>
貞本義行
<音楽>
高木正勝
<主題歌>
「おかあさんの唄」
アン・サリー 高木正勝
<作画監督>
山下高明
<美術監督>
大野広司
<色彩設計>
三笠修
<CGディレクター>
堀部亮
<美術設定>
上條安里
<衣装>
伊賀大介
<劇中画>
森本千絵
<企画・制作>
スタジオ地図