ダイ・ハード4.0

ダイ・ハード4.0

ブルース・ウィリス=ジョン・マクレーン刑事が画面狭しと大暴れする痛快アクション!

50歳を超えてますますパワーアップ中!ブルースの超絶アクションに酔いしれる!!

ダイ・ハード4.0 世界で一番運が悪くて、一番タフな男、ジョン・マクレーン! ブルース・ウィリスの当たり役で彼の代名詞的存在の刑事が、2014年「金曜ロードSHOW!」の第1弾にお目見えだ。マクレーン刑事がこれまでの作品で最も危険でハードな任務に挑むシリーズ4作目「ダイ・ハード4.0」が登場!

2013年だけでもシリーズ5作目「ダイ・ハード/ラスト・デイ」や、人気アクション大作「G.I.ジョー」の続編「G.I.ジョー バック2リベンジ」、スポーツ賭博の裏側を描いた「噂のギャンブラー」に、タイムマシンを駆使した息詰まるSFアクション「LOOPER/ルーパー」。そして奇才、ウェス・アンダーソンの「ムーンライズ・キングダム」、名優たちがアクション&コメディを炸裂させる痛快作「REDリターンズ」と、6本もの映画が公開されたブルース・ウィリス。御年58歳(3月の誕生日で59歳!)。プライベートでは2012年に新妻、エマ・ヘミングとの間に一児をもうけて57歳にしてパパになるなど、50代になってますますパワーアップ中だ。

そんな彼が若かりし日、一気にスターダムにのし上がるきっかけとなったのが1988年制作の「ダイ・ハード」。本シリーズをきっかけに、彼は「アルマゲドン」や「シックス・センス」といった超大作に出演することになるのだが、40歳の時に制作されたシリーズ3作目「ダイ・ハード3」以来12年ぶりに出演し、その健在ぶりを見せつけたのが、この「ダイ・ハード4.0」なのだ。

ダイ・ハード4.0 これまでも次々に襲い掛かる“不運”を嘆きながら、常に体当たりで様々な事件を解決してきたジョン・マクレーン刑事。今作では超アナログ脳の彼が、電気やガス、原子力から交通、通信、経済などすべてを制御しているコンピューター・システムの乗っ取りを企てるサイバーテロリストと対決することに。アメリカ全土をワンクリックで支配しようとしている敵を前に、マクレーンは“ヒーロー”や“アクション”という言葉とは程遠い人生を送ってきたコンピューター・オタクたちと力を合わせてその危機に立ち向かっていく!

ハイテクを駆使した敵に、刑事の勘だけで立ち向かっていくマクレーンが、ひたすらカッコいい!! シリーズ1作目からほとんどのアクションを自らこなしてきたブルース・ウィリスが魅せる、生身のファイトシーンも大迫力だ。また、マクレーンが操る車VSテロリストのヘリや米軍の戦闘機によるチェイスシーンなど、ド派手なカーアクションにもご期待あれ!

共演は、マクレーンの相棒を好演するジャスティン・ロング(「そんな彼なら捨てちゃえば?」)、ブルース・ウィリスを相手に華麗な肉弾戦を披露するマギー・Q(「M:i:V」、TVシリーズ「NIKITA/ニキータ」)ほか。監督は「アンダーワールド」シリーズのレン・ワイズマンが手掛けた。

製作が発表となったシリーズ6作目「Die Hardest」の舞台は日本になるとの情報も!? 果たして日本国内でもロケが行われるのか? マクレーン刑事ことブルース・ウィリスはどんな活躍を見せるのか?? 期待に胸を膨らませながら、マクレーン刑事の雄姿を楽しもう!

アメリカ全土を狙ったサイバーテロとアナログ男・マクレーンが真っ向勝負!

ダイ・ハード4.0 アメリカ独立記念日の前日。FBI本部のサーバーが、何者かによって“侵入”された。事態を重く見たFBIは、ブラックリストに載っているハッカーの一斉捜査を開始する。

同じ頃、マクレーン(ブルース・ウィリス)は、ボーイフレンドとデート中の愛娘・ルーシー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)の元を訪れていた。妻と別れてから疎遠になっていたルーシーが、携帯電話にも出てくれないことにいい加減キレてしまったのだ。しかしルーシーは父親を無視。娘との関係修復に失敗して傷ついたマクレーンを、さらなる“不運”が襲う。上司から、仕事の呼び出しが入ったのだ。

ニュージャージー州に住むハッカーのマット(ジャスティン・ロング)を保護してFBI本部に連れて行くという命令を受けたマクレーンは、マットの元へ。しかし、マットの部屋で突然銃撃を受け、命からがらその場を脱出! マクレーンは急いでFBI本部に向かおうとするが、道路はどこも大渋滞中で…。

ダイ・ハード4.0 ようやくたどり着いたFBI本部で、道路だけでなくアメリカ中のインフラが停止状態にあると知ったマットは、テロリストが“ファイアー・セール”を企んでいると直感。彼らは、交通、金融網、ガスや水道、原子力などの公共設備を制御しているコンピューター・システムを一気にダウンさせ、アメリカを乗っ取ろうとしていたのだ。自分を含むハッカーたちが、テロリストのガブリエル(ティモシー・オリファント)とマイ(マギー・Q)によって、そのためのプログラム開発に加担させられていたと気付いたマットは、マクレーンに状況を説明するが、そんな2人をガブリエルたちが狙っていた!!

ダイ・ハード4.0

キャスト

<ジョン・マクレーン>
ブルース・ウィリス(野沢那智)
<マット・ファレル>
ジャスティン・ロング(川中子雅人)
<ガブリエル>
ティモシー・オリファント(東地宏樹)
<ボウマン>
クリフ・カーティス(内田直哉)
<マイ>
マギー・Q(坪井木の実)
<ルーシー・マクレーン>
メアリー・エリザベス・ウィンステッド(園崎未恵)

スタッフ

<監督>
レン・ワイズマン
<製作総指揮>
アーノルド・リフキン
ウィリアム・ウィッシャー
<製作>
マイケル・フォトレル
<脚本>
マーク・ボンバック
<撮影>
サイモン・ダガン
<プロダクション・デザイン>
パトリック・タトポロス
<衣装デザイン>
デニス・ウィンゲイト
<編集>
ニコラス・デ・トス
<音楽>
マルコ・ベルトラミ