プレデターズ

選ばれし8人の男女VS最強のスーパー・プレデター 過激なサバイバルゲームの幕が上がる!

嵐・大野智の魅力が炸裂!大人も子供も楽しめる痛快娯楽作

オスカー俳優エイドリアン・ブロディら出演 究極のエンターテイメント 

プレデターズ アクション映画史上最凶のキャラクター・プレデターと、「戦場のピアニスト」でアカデミー主演男優賞に輝いた名優・エイドリアン・ブロディが夢の共演!? しかも製作を務めるのは、「シン・シティ」などを手掛けた鬼才・ロバート・ロドリゲス! SFファンと映画ファン必見の顔合わせで“再起動”を果たした「プレデター」シリーズの最新作「プレデターズ」が登場だ!

オリジナルは1987年に公開され、主演のアーノルド・シュワルツェネッガーを一躍スターダムに押し上げた世界的ヒット作「プレデター」。人間を“狩る”ことを目的として地球に降り立ったプレデターは、圧倒的な知能と戦闘能力、そしてちょっとした漢気まで持ち合わせ、ゴツゴツとした武士の鎧風のビジュアルとともにSFアクション映画ファンを虜にした人気キャラクターだ。その後、1991年公開の続編「プレデター2」や、2004年、2007年に公開された「エイリアンVS.プレデター」シリーズをはじめ、ゲームやコミックなど様々な形に発展。30年近くにわたって、ファンを楽しませ続けてきた。

そして今回、ロバート・ロドリゲスが1995年に書いた1本の脚本が発端となって新たに生まれ変わったのが、この「プレデターズ」! そもそも「プレデター」というのは「捕食者、略奪者」という意味を持っているのだが、他者を容赦なく“狩る”側だった人間たちが集められてプレデターから“狩られる”側に回った時、彼らは何を考え、どう行動するのか…。人間の心理の奥の奥に迫るようなドラマが、プレデターが狩猟場にしている謎の惑星を舞台にダイナミックに描かれていくのだ。

プレデターズ 注目すべきは、新たに登場する“スーパー・プレデター”の存在。猟犬や鷹のようなクリーチャーを駆使し、プレデターたちをも配下に置いて人間狩りを主導する、プレデターのヒエラルキーのトップに君臨するキャラクターだ。ビジュアルからして残忍すぎる敵を前に、果たして人間たちに勝ち目はあるのか!? 激しいアクションと頭脳バトルの行く末から、目が離せない!!

人間界では“狩る側”だった猛者たちを演じるのは、オリジナル「プレデター」のファンだったという豪華なキャストたちだ。冷静沈着な性格で人間側のリーダーとなる傭兵、ロイス役にエイドリアン・ブロディ。そこはかとない不安定さを感じさせるひ弱な医師・エドウィンを演じるのは、「スパイダーマン3」で敵役ヴェノムを熱演したトファー・グレイス。そして、その惑星での“先輩”である怪しい男・ノーランドには、「マトリックス」シリーズのローレンス・フィッシュバーン。他にも、紅一点のスナイパー役のアリシー・ブラガ(「エリジウム」)やロバート・ロドリゲスの盟友、ダニー・トレホ(3月公開のロドリゲス監督最新作「マチェーテ・キルズ」では主演!)ら個性的な面々が顔を揃えた。日本人代表(!?)のハンゾー(演じるのはアメリカで活躍するルイ・オザワ)が、ススキ野原のような荒野をバックに時代劇さながらの殺陣を見せるシーンにも注目!!

「プレデター」シリーズだけでなく、様々な映画へのオマージュも満載! オリジナルファンはもちろんのこと、SFアクションはちょっと敬遠気味という方にも楽しんでいただきたいエンターテインメント作だ!

傭兵、スナイパー、マフィアに死刑囚… 戦闘のプロたちが最強の地球外生命体に挑む!!

プレデターズ 謎のジャングルに突然“落下”してきた傭兵のロイス(エイドリアン・ブロディ)。そこには彼の他にも、地球で人を殺すことを仕事にしてきた人々が集められていた。メキシコの暗殺集団の一員クッチーロ(ダニー・トレホ)。ロシアの特殊部隊所属のニコライ(オレッグ・タクタロフ)。CIAの天才スナイパー・イザベル(アリシー・ブラガ)と、アフリカの戦場で活躍していたモンバサ(マハーシャラルハズバズ・アリ)。FBIの最重要指名手配犯だった死刑囚のスタンズ(ウォルトン・ゴギンズ)に、日本人の殺し屋、ハンゾー(ルイ・オザワ)。そして謎めいた過去を持つ医師のエドウィン(トファー・グレイス)。人を傷つけることに何の躊躇もないメンバーたちは当然のように反目し合うが、一体ここはどこなのか、そして誰が何のために自分たちを連れてきたのか、それを明らかにするべきだというロイスの意見に従って、見晴らしのいい場所を探すことになった。

プレデターズ ジャングルを進む中で、自分たちが何者かの“獲物”であること、過去にも多くの“獲物”がここで命を落としてきたこと、自分たちがいる場所が地球以外の星であること、“敵”が想像以上に手ごわいことを、身をもって知っていくロイスたち。そして彼らは、何者かの手でいけにえのように吊るされた謎の生命体を目にすることに!! 敵の正体を知るために敢えて危険を冒そうとするロイスに、この惑星を支配している“敵”がかつて米軍の精鋭部隊を襲った地球外生命体であると気付いたイザベルは反発するが…。

残忍で計算高い敵の手に落ち、1人、また1人と犠牲になっていく仲間たち。そんな中、ロイスたちは長年に渡ってその惑星で戦いを続けてきた1人の男・ノーランド(ローレンス・フィッシュバーン)に救われ、彼の隠れ家へ。ノーランドから地球外生命体=プレデターの弱点と、彼らの頂点に立つ最強の敵“スーパー・プレデター”の存在を教えられたロイスは、なんとか生きてこの星を脱出しようと行動を開始する。果たして、彼らは生きて再び地球に帰ることができるのか!?

プレデターズ

キャスト

<ロイス>
エイドリアン・ブロディ(井上和彦)
<ノーランド>
ローレンス・フィッシュバーン(玄田哲章)
<エドウィン>
トファー・グレイス(置鮎龍太郎)
<イザベル>
アリシー・ブラガ(皆川純子)
<スタンズ>
ウォルトン・ゴギンズ(高木渉)
<クッチーロ>
ダニー・トレホ(廣田行生)
<ニコライ>
オレッグ・タクタロフ(谷昌樹)
<モンバサ>
マハーシャラルハズバズ・アリ(江川央生)
<ハンゾー>
ルイ・オザワ(中西としはる)

スタッフ

<監督>
ニムロッド・アーントル
<脚本>
アレックス・リトヴァク
マイケル・フィンチ
<クリーチャー原案>
ジム・トーマス
ジョン・トーマス
<製作>
ロバート・ロドリゲス
ジョン・デイヴィス
エリザベス・アヴェラン
<製作総指揮>
アレックス・ヤング
<撮影監督>
ギュラ・パドス
<プロダクション・デザイナー>
スティーヴ・ジョイナー
ケイラ・エッドルブルート
<編集>
ダン・ジマーマン
<特殊メイクアップ&クリーチャー・エフェクト>
グレッグ・ニコテロ
ハワード・バーガー
<音楽>
ジョン・デブニー