ツナグ

ツナグ

松坂桃李主演の感動作が待望のテレビ初登場!

人生で一度だけ死者と会えるとしたら…豪華キャストが贈る奇跡の物語

ツナグ 亡くなった人にもう一度だけ会えるなら…。誰もが一度は思い描いたことがある、でも、決して叶うことのない願い。その願いを叶えることができる能力を持った“使者=ツナグ”という役割を課せられることになった一人の高校生が、悩み、成長していく姿を描いた感動作「ツナグ」が、待望のテレビ初登場だ。

“ツナグ”は、依頼人と死者の間を文字通り繋いでくれる存在。コンタクトを取ることができるのは、“ツナグ”の存在を信じ、必要としているひと握りの人々だけだ。“ツナグ”は依頼人が死者と会いたい理由を調査した上で、死者に依頼人と会う気があるかどうかを確認。死者が再会を承諾した場合だけ、一晩限りの再会の場を提供することができるのだ。依頼人が死者に会えるのは人生で一回きり。そして死者にとっても“ツナグ”を通して生きている人間と再会できる機会は一度だけ。祖母から“ツナグ”としての仕事を引き継ぐことになった高校生の歩美は、様々な“再会”をコーディネートすることになるのだが…。

ツナグ 母親の死期が近いことを知りながら、母に病名を打ち明けなかったことを後悔し続けている中年男性の畠田。自分が瞬間的に抱いた殺意が親友を事故死に追いやったのではないかと恐れ続けている女子高生の嵐。7年前に失踪した婚約者を待ち続けているサラリーマンの土谷。そして両親が自分を遺して死を選んだ本当の理由を知るべきかどうか、悩み続けてきた歩美自身。死者と再会したからと言って全員が幸せになれるわけではないという事実を前に、歩美は生と死について、そして“真実”の重みについて、深く思い悩むようになる。彼がもがき苦しみながら一歩ずつ前に進もうとする姿に、勇気づけられる人も多いはずだ。

死者と遺された人々の思いを真正面から受け止める不器用な高校生・歩美を演じたのは、松坂桃李。彼を導く祖母・アイ子役に樹木希林。ほか、佐藤隆太、遠藤憲一ら実力派に、桐谷美玲、橋本愛、大野いとら今をトキメク若手女優陣、さらに八千草薫と仲代達矢というベテランまで、豪華出演者が勢ぞろい。原作は、「鍵のない夢を見る」で直木賞を受賞した辻村深月による小説。脚本・監督は「陰日向に咲く」「ROOKIES−卒業−」などの平川雄一朗が手掛けた。

亡くなった人に思いを伝えたり、彼らの思いを聞いたりすることはできなくても、明日を生きていくために私たちにできることはまだまだたくさんある。そんな爽やかな後味を残してくれる、奇跡のような感動の物語だ。

傭死者との再会を果たす“ツナグ”を継ぐことになった高校生の成長物語

ツナグ たった一人と一度だけ、死者との再会を叶えてくれる人がいるらしい ―。

半信半疑で依頼をしてくる人達の前に現れる使者は、ごく普通の男子高校生・歩美(松坂桃李)だった。横柄な態度で、癌で亡くなった母・ツル(八千草薫)に会うことを希望する中年男性・畠田(遠藤憲一)。喧嘩別れをしたまま自転車事故で死んでしまった親友・御園(大野いと)に聞きたいことがある女子高生・嵐(橋本 愛)。プロポーズ直後に突然失踪した恋人・キラリ(桐谷美玲)のことを信じて7年間も待ち続けているサラリーマン・土谷(佐藤隆太)。

ツナグ 歩美は、実は“ツナグ”を祖母のアイ子から引き継ぐ途中の見習いで、その過程で様々な疑問を抱く。死者との再会を望むなんて、生者の傲慢かもしれない。間違いかもしれない。果たして会いたかった死者に会うことで、生きている人たちは救われるのか。人生は変わるのだろうか? そして死者は…。その疑問は、自身の両親の不可解な死の真相へも向けられていく―。

ツナグ

キャスト

<渋谷歩美>
松坂桃李
<渋谷アイ子>
樹木希林
<土谷功一>
佐藤隆太
<日向キラリ>
桐谷美玲
<嵐 美砂>
橋本 愛
<御園奈津>
大野いと
<畠田靖彦>
遠藤憲一
<渋谷亮介>
別所哲也
<渋谷香澄>
本上まなみ
<御園奈々美>
浅田美代子
<畠田ツル>
八千草薫
<秋山定之>
仲代達矢

スタッフ

<原作>
辻村深月『ツナグ』(新潮文庫刊)
<脚本・監督>
平川雄一朗
<音楽>
佐藤直紀
<主題歌>
JUJU「ありがとう」(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)
<製作指揮>
城 朋子
<製作>
藤本鈴子
長坂信人
市川 南
伊藤和明
阿佐美弘恭
藤門浩之
松田陽三
北川直樹
<エグゼクティブプロデューサー>
奥田誠治
<Co.エグゼクティブプロデューサー>
神 康幸
<プロデューサー>
伊藤卓哉
小林誠一郎
<撮影>
中山光一
<照明>
松本憲人
<録音>
小宮 元
<美術>
花谷秀文
<装飾>
寺尾 淳
<編集>
伊藤潤一
<VFXスーパーバイザー>
小坂一順
<監督補>
塩崎 遵
<助監督>
土岐洋介
<記録>
稲田麻由子
<製作担当>
藤原恵美子
<アシスタントプロデューサー>
田口生己
<ラインプロデューサー>
鈴木嘉弘