攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX
日テレ
映画・アニメINDEX
INDEX
攻殻機動隊とは?
公安9課とは?
ストーリー
キャラクター
用語集
スタッフ
関連情報
関連情報
INDEX MUSIC GAME DVD GOODS MOBILE
ゲーム
プレイステーション 2専用ソフトウェア
「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」
タイトル:攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX
ジャンル:アクションシューティング・アドベンチャー
スペック:プレイステーション 2
発売日:2004年3月
価 格:6,090円(税込)
※画面は開発中のものです。
※仕様は変更になる場合があります。
西暦2030年、公安9課のもとに陸自情報部・久保田から要請が入った。

「廃棄処分されたはずの陸自の武器が北(ロシア)に横流しされている。内部犯行の疑いがあるために情報部は動かせない。ニイハマ埠頭N3で行われている武器密売現場にいる証人を取り押さえてほしい」
ニイハマ埠頭N3に接近する草薙、バトーの両名。草薙は埠頭に降下、作戦を展開する。
彼女に課せられたのは、容疑者ジェイムスン型の男から記憶を抜きだし、背後関係を洗い出す事。
しかし、埠頭内に停泊するコンテナ船での逃亡の恐れが高く、他国船籍の船内は治外法権である事も踏まえて、出航までのわずかな時間に任務を遂行しなければならなかった。
複雑な構造のコンテナヤードの地形、頭上高くまで積み上げられたコンテナ、また、コンテナの影に潜むテロリスト達の攻撃が、行く手を阻む。
敵を倒し、ハッキングから情報を得ながら、容疑者の居場所、事件の全貌を探る草薙。
一方バトーは、ある情報を元に、埠頭パーキングビルへと向かっていた・・・。
ソニー・コンピュータエンタテインメントより『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の発売が決定!
テレビシリーズでもお馴染みのキャラクター、草薙素子とバトーを操作し、ミッションをクリアしていくアクションシューティング・アドベンチャー。高低差のある場所を移動するなどサイボーグならではの能力を駆使したり、熱光学迷彩を利用した隠密行動、電脳を利用した情報収集など、攻殻機動隊の世界ならではのギミックやシステムが随所に盛り込まれている。

制作総指揮はプロダクション I.G、総監督/ゲームプロデューサーは藤咲淳一氏が担当。藤咲氏はこれまでに『やるドラ』シリーズの企画、ディレクターを務め、押井塾同期生の神山健治監督とともに『BLOOD THE LAST VAMPIRE』の企画、同ゲームの総監督および小説を執筆。また、テレビアニメーション『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』と『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』の脚本も担当している。
ゲームの脚本の方もちろんオリジナルで、テレビシリーズとはまた違う新たなストーリーで展開されるという。
発売は2004年3月。
(C) Shirow Masamune-Production I.G/KODANSHA
(C) Sony Computer Entertainment Inc./BANDAI/Production I.G/NTV
UP UP