この世界の片隅に

この世界の片隅に ストーリー

イントロダクション

 昭和・戦中の広島市。
主人公・すずは、海苔屋の長女で、絵を描くのが好きなごくごく普通の女の子。
幼少期に一度だけ出会った顔も覚えていない人に嫁ぐため、広島市から呉へ向かう。

新しい家族、新しい街、新しい世界に戸惑いつつも、天性の大らかさで明るく過ごす。
北條家に嫁ぎ、あくせくしてる間に、ようやく呉の街にも馴染んできたすず。
ある日、道に迷ってしまった時に、優しく教えてくれたリンさんという友達もできた。
彼女は客をとる娼婦だったが、すずはそんなことは関係なく彼女と接する。
しかし、彼女は夫・周作の結婚前に密かに通じ合っていた女性だった。
偶然にもすずは、過去に夫・周作とリンとの間にあったことに感づいてしまう。

自分は夫にとってリンさんの代用品かもしれない・・・
拭えない気持ちを言えずに抱えるすず。
そこへすずの広島の同級生であり、初恋の人であった水原が現れる。
水原は戦地の経験を経て、後悔のままだったすずへの想いを告げに来たのだった。
水原の気持ちを嬉しく思いつつ、夫のことが許せず、夫のことばかりで頭がいっぱいのすず。
もう心から夫を愛するようになっていた。
一方、すずの戸惑いを見抜いたリンは、「秘密は秘密にしておけば、無かったのと同じ」と意味深な言葉を
残し、姿を消す。

そんな中、戦況は日ごとに厳しくなり、配給も乏しく日々の生活にも陰りが…。
広島の実家では、戦地に赴いた兄が、たった一粒の石となって帰ってくる。
そして昭和20年3月、ついに呉の街にも大規模な空襲が。
たまたまおじの見舞いに姪っ子を連れていたすずは、防空壕から出て時限爆弾に遭遇。
爆発に巻き込まれて右腕が吹っ飛び、その腕の先に繋いでいた姪っ子は亡くなってしまう。

「人殺し!あんたがついていながらなんで、あの子が!」義姉になじられるすず。
「やめなさい!すずさんが生きていただけでもよかったんだよ。」義姉をたしなめる義母。
(本当に?本当によかったの?すいません。すいません。私が生きていてすいません。)
それ以後、世界が歪んでいるように見えるすず。暗雲の中、一度は実家に帰ろうとするが、娘の死を乗り越えた
義姉により、思いとどまる。

その矢先、広島に原爆が落ち、実家の家族の消息が途絶えた。
容赦なく襲い掛かる戦争の恐怖。他を虐げ、自らも虐げられた国の敗戦。
すずは、この世界の片隅で生き抜いて、その姿を記録していくことを決意するのだった。