introduction

photo

2013年4月、日本テレビは「遠き落日」「失楽園」「愛の流刑地」で一大ブームを築いた、巨匠・渡辺淳一の傑作小説『雲の階段』をメディカル・ラブサスペンスドラマとして日本初・連続ドラマ化します。

島の名医は、無資格医?!

過疎の離島で医師不足に悩む診療所に務める事務員・相川三郎。
「アッペ(虫垂炎)をやってみるかい?」 三郎は、所長の指導の下、メスを握った――
違法と知りつつ、持ち前の手先の器用さと真面目さと勘の良さで様々な治療を覚えていく三郎。
島の人々も彼を「若先生」と呼び始める。
「島から出なければいい」、「これは、人助けだ」
戸惑いながらも自分に言い聞かせ、医師免許もないまま、所長の弟子となり、
医師の仕事をこなしていく三郎。

そんな男を愛した二人のアキコ…

診療所の看護師・鈴木明子は、無資格医にもかかわらず医療に従事する三郎を愛し、支え抜く決意をした。
そんなある日、大病院の令嬢・田坂亜希子との出逢いが三郎と明子の運命を変える――

医療現場の最前線で無資格医の青年・三郎が辿る運命と、彼を骨の髄まで愛し抜く二人の女性の生き様とは!?

無資格医・相川三郎役には、「セカンドバージン」で脚光を浴び「家政婦のミタ」の父親役で人気を決定づけ、いま最も次回作が期待される長谷川博己が日本テレビ連続ドラマに満を持して初主演。
三郎を心身ともに献身的にサポートし愛する、島の看護師・鈴木明子役には、
「アイシテル~海容~」での繊細な演技が記憶に新しい稲森いずみ。
三郎と運命的に出会う大病院の令嬢・田坂亜希子役には、CMをはじめドラマ・映画でも抜群の透明感を放つ木村文乃。
さらに、三郎にメスを握らせる島の診療所の村木所長役には、歌手だけでなく俳優としても活躍の場を広げる大友康平。
亜希子の父で東京の大病院の田坂院長役には、「家なき子」等でおなじみの内藤剛志。
名優たちがドラマを盛り上げます。

日本テレビが自信を持って水曜夜10時にお届けする渾身のメディカル・ラブサスペンスドラマ「雲の階段」、どうぞご期待ください!

コメント

相川三郎役 長谷川博己さん

水曜10時に戻ってきました。
が、今は喜びというより、僕が主演なので日テレさん大丈夫ですか(笑)
という、少し不安もありますね。無資格医の役ですが、台本を頂いて、(手術をすることに対して)恐怖や、やってはいけない、という気持ちがあるのに、離島で命を救うために「やらなければいけない」という使命感もあり、手術にのめり込んでいってしまう・・・という描写が面白いと思いました。
三角関係もでてきます。
それまで、「三郎」という人間は、モテたことがなかったんでしょうね。
二人の女性に翻弄されることに対して三郎がどう対処してゆくのか・・・、
その感情の機微みたいなものを上手く出せたらと思っています。僕は運だけでここまでやってきたと思っていて(笑)三郎とは、そこら辺の境遇が似ているのかもしれません(笑)。
三郎に関しては、それは運が良かったのか、悪かったのか・・・
何が偽物なのか、何が本物なのか・・・
というところを、ぜひ、ドラマで見て頂きたいと思っています。

鈴木明子役 稲森いずみさん

三郎を公私共に献身的にサポートし、三郎との恋を人生最後かもしれないと命をかける情熱も秘めた女性・鈴木明子役です。明子が、看護師として、一人の女性としてどう変化していくのか…丁寧に、でも思い切って演じたいです。
どんな展開が待ち受けているのか、視聴者の皆さんと一緒にドキドキしながら楽しみたいと思います。

田坂亜希子役 木村文乃さん

長谷川博己さん稲森いずみさんという素敵な方々とご一緒できるので今からとても楽しみです。
渡辺淳一さん原作のドラマは初めてですが、お嬢様育ち故の葛藤と独占欲に目覚めた人間の本質を丁寧に演じていければと思っています。
毎週みなさんにパンドラの箱を開けるような気持ちになっていただけるよう挑んでいきます。