2008.09.29.Mon

スタジオジブリ・レイアウト展 閉幕!

「スタジオジブリ・レイアウト展」東京展は、
9月28日(日)に最終日を迎え、お陰様で無事に終了致しました。
たくさんの皆様にご来場頂き、誠にありがとうございました!

DSCF2091.jpg DSCF2092.jpg

DSCF2104.jpg DSCF2108.jpg

ご好評にお応えできるよう、
ただ今、巡回展の準備に入っております。
皆様との再会、新たな出会いを心待ちにしております。

巡回展の会場、時期など詳細が決まりましたら、
こちらの公式ブログでも順に発表をさせて頂きます。

たくさんのご声援、ご支援をありがとうございました。
皆様に心より御礼申し上げます。

Categories:NEWS,スタッフ便り
2008.09.19.Fri

かわいい一日館長の就任式 & 10万人突破セレモニー

本日、9月19日(金)、「スタジオジブリ・レイアウト展」に
かわいいゲストが応援にかけつけてくれました。
映画「崖の上のポニョ」でポニョの声を担当している奈良柚莉愛(なら ゆりあ)ちゃんと、
大ヒットしている主題歌を歌う大橋のぞみちゃんです。

ゆりあちゃんとのぞみちゃんは、東京都現代美術館の板垣一典副館長よりたすきを渡され、
「一日館長」に就任しました。

%E3%81%8A%E5%87%BA%E8%BF%8E%E3%81%88.jpg %E9%A4%A8%E5%86%85%E8%A6%96%E5%AF%9F.jpg

小さな二人の館長は早速、入口でお客様のお出迎え。
かわいい館長の挨拶に、ご来館されたお客様たちも思わず微笑み返していました。
それから、ゆりあちゃんとのぞみちゃんは館内視察でたくさんのレイアウト作品をじっくり鑑賞しました。

%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%82%8D%E3%81%99%E3%81%91.jpg %E3%83%88%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3.jpg 

また会場のワークショップコーナーでは、
自分の「まっくろくろすけ」を描いて貼ったり、
トトロのお腹に乗って写真をとったり、
トトロのトンネルをくぐって遊びました。
二人とも会場に楽しい笑顔を満たしてくれました。

そして、今日は記念すべきセレモニーも開催されました。
開幕から51日目となった本日、
スタジオジブリ・レイアウト展は10万人目となる
来場者をお迎えいたしました!

10%E4%B8%87%E4%BA%BA%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%83%BC.jpg

10万人目の来場者となられたのは、
榊原ゆき枝さんと真帆さん親子(神奈川県在住)。
お二人には、ゆりあちゃんとのぞみちゃんより
「スタジオジブリ・レイアウト展」オリジナルグッズのアートフレームと
オリジナルカタログ、花束がプレゼントされました。

真帆さんがジブリのファンでご来場頂いたんだそうです。ありがとうございます!
ゆりあちゃん、のぞみちゃんもお祝いの言葉をおくって、
お二人とも楽しい思い出になったようです。

展覧会はいよいよ会期残りわずか。
9月28日(日)まで開催いたします。
引き続き皆様のご来場をお待ちしています。

Categories:NEWS,イベント,展覧会について
2008.09.16.Tue

講演会と上映会が実施されました。

9月12日、高畑勲監督の講演会が
また、翌日の9月13日には
「『もののけ姫』はこうして生まれた。」の一挙上映会が
東京都現代美術館の講堂で実施されました。

%E9%AB%98%E7%95%91%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E8%AC%9B%E6%BC%94%E4%BC%9A2.jpg %E9%AB%98%E7%95%91%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E8%AC%9B%E6%BC%94%E4%BC%9A1.jpg

「アニメーションの空間表現について」と
題された高畑監督の講演会は、
映像を交えつつ、2時間にわたる大変濃い内容のものでした。

アニメーションの制作や演出について高畑監督が語る話は
どれも非常に興味深いものばかり。
予定時間の2時間がまさにあっという間に過ぎ、
非常に多くのお客様が参加され、
熱心に耳を傾けていらっしゃいました。
終了時に、高畑監督に向けられた大きな拍手が、
講演内容のおもしろさを物語っていました。


「『もののけ姫』はこうして生まれた。」の上映会は、
6時間40分というマラソン上映会でしたが
ほとんどのお客様が最後まで「完走」。
終了後の会場は大きな達成感に包まれました。
アニメーションの制作過程を丁寧に追ったこのドキュメンタリーには、
「レイアウト」が描かれた様子が多く登場し、
お客様も改めてレイアウトにご興味を持たれた様子でした。

そして、当時ディレクターとして制作に関わられた、
テレビマンユニオン・浦谷年良代表取締役副社長
も急遽、上映会に駆けつけ、当時のお話をいただきました。


連日、大変貴重なイベントとなりました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

Categories:スタッフ便り